Windows NT、Windows 2000、および Windows XP で VDMDBG 関数を使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 182559 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

32 ビット環境では、プログラミングいなくては 16 ビット アプリケーションでの作業が必要な場合もあります。 Windows NT では、16 ビット アプリケーションの仮想 DOS マシン (VDM) 内で実行します。 VDMDBG.dll には多くの機能は 16 ビット アプリケーションを使用する場合に役立ちますが含まれます。 このライブラリは、Microsoft プラットフォーム SDK の一部です。

VDMDBG 関数は列挙、作成、および、VDM 内の 16 ビット プロセス (タスク) を終了する優れた方法を提供します。 Microsoft Windows NT、Windows 2000 および Windows XP でこれらの関数を使用する方法について説明します。

詳細

VDMDBG 関数のいずれかを使用すると、プロジェクトに VDMDBG.lib をリンクする必要があります。

下記の VDMDBG 関数は、利用可能な関数のサブセットのみです。 ただし、記載されている関数は、デバッガーに関連だけです。

VDMs の列挙

VDMEnumProcessWOW() 関数は、16 ビット Windows のタスクを実行するすべての VDMs を列挙する簡単な方法を提供します。 これらの VDMs、WowExec.exe タスクを含めます。 DOS VDMs は列挙されません。

この関数の宣言のとおりです:
   INT WINAPI VDMEnumProcessWOW( PROCESSENUMPROC fp, LPARAM lparam );
				
この関数の戻り値は、現在実行中、VDMs の数または番号の前に列挙列挙が終了しました。 fp はコールバック関数へのポインター。 関数は各 VDM 列挙が呼び出されます。 lParam はコールバック関数に渡されるユーザー定義値です。

PROCESSENUMPROC が次のように宣言されています:
   typedef BOOL ( WINAPI *PROCESSENUMPROC )(
      DWORD dwProcessId,
      DWORD dwAttributes,
      LPARAM lpUserDefined
   );
				
、関数は停止列挙する列挙。 dwProcessId は、NTVDM.exe プロセスのプロセス ID を続行する FALSE TRUE を返します。 この ID が、他の下記 VDM 関数を呼び出すとき必要です。

16 ビット Windows のタスクを列挙します。

VDMEnumTaskWOW() および VDMEnumTaskWOWEx() を使用して、特定の VDM 内のタスクを列挙することができます。 2 つの違いことです VDMEnumTaskWOWEx() 詳細については、コールバック関数に。 のみ、これらのタスク列挙関数と VDMEnumProcessWOW() によって返される VDMs を使わなければなりません。 DOS の VDMs を使用しては無意味すべて DOS アプリケーションは独自の VDM で実行されるためです。

宣言が:
   INT WINAPI VDMEnumTaskWOW( DWORD dwProcessId, TASKENUMPROC fp,
                              LPARAM lparam );
				
   INT WINAPI VDMEnumTaskWOWEx( DWORD dwProcessId, TASKENUMPROCEX fp,
                                LPARAM lparam );
				
これらの各関数の戻り値は、指定された、VDM 内で現在実行されているタスクの数または番号の前に列挙列挙が終了しました。 dwProcessId は、VDM。 fp のプロセス ID、コールバック関数へのポインター。 列挙が各タスクの呼び出されます。 lparam は、コールバック関数に渡されるユーザー定義値です。

TASKENUMPROC と TASKENUMPROCEX いるように定義:
   typedef BOOL ( WINAPI *TASKENUMPROC )(
      DWORD dwThreadId,
      WORD hMod16,
      WORD hTask16,
      LPARAM lpUserDefined
   );
				
   typedef BOOL ( WINAPI *TASKENUMPROCEX )(
      DWORD dwThreadId,
      WORD hMod16,
      WORD hTask16,
      PSZ pszModName,
      PSZ pszFileName,
      LPARAM lpUserDefined
   );
				
これらの機能停止の列挙体または列挙を続行する FALSE の TRUE に戻ります。 タスクを終了するのに呼び出しで hTask16 を使用できます。

列挙型の例

   // Enumerate all 16-bit tasks on the system.
   #include <windows.h>
   #include <stdio.h>
   #include <vdmdbg.h>

   BOOL WINAPI ProcessEnumProc( DWORD, DWORD, LPARAM );
   BOOL WINAPI TaskEnumProcEx( DWORD, WORD, WORD, PSZ, PSZ, LPARAM );

   void main()
   {
      // Enumerate VDMs.
      VDMEnumProcessWOW(
         (PROCESSENUMPROC)ProcessEnumProc,
         (LPARAM)NULL
      );

   }

   BOOL WINAPI ProcessEnumProc( DWORD dwProcessId, DWORD dwAttrib,
      LPARAM t )
   {
      printf("\nProcess ID: %d\n", dwProcessId);

      // Use process ID of VDM to enumerate through its tasks.
      VDMEnumTaskWOWEx(
         dwProcessId,
         (TASKENUMPROCEX)TaskEnumProcEx,
         (LPARAM)NULL
      );

      // Keep enumerating.
      return FALSE;
   }

   BOOL WINAPI TaskEnumProcEx( DWORD dwThreadId, WORD hMod16, WORD hTask16,
      PSZ pszModName, PSZ pszFileName, LPARAM lParam )
   {
      //print task's information
      printf("Thread ID: %d\n", dwThreadId);
      printf("Module handle: %d\n", hMod16);
      printf("Task handle: %d\n", hTask16);
      printf("Module Name: %s\n", pszModName);
      printf("File Name: %s\n", pszFileName);

      // Keep enumerating.
      return FALSE;
   }
				

16 ビットのタスクを作成します。

VDMStartTaskInWOW() タスクを VDM 内に作成します。 宣言のとおりです:
   BOOL WINAPI VDMStartTaskInWOW( DWORD dwProcessId, LPSTR lpCommandLine,
                                  WORD wShow );
				
、タスクが正常に開始された場合この関数の戻り値は TRUE、FALSE を指定するとします dwProcessId は、VDM のプロセス ID です。 はそれ以外の場合。 lpCommandLine は、コマンド ライン パラメーターと共に、16 ビット アプリケーションのファイル名を示す文字列です。 wShow は、ウィンドウが表示する方法を示します。 wShow、16 ビットの ShowWindow() 関数の有効な値をすることができます。

16 ビットのタスクの終了

VDM 内のタスクを終了するには VDMTerminateTaskWOW() を呼び出します。 宣言のとおりです:
   BOOL WINAPI VDMTerminateTaskWOW( DWORD dwProcessId, WORD htask );
				
、タスクが正常に終了した場合この関数の戻り値は TRUE、FALSE を指定するとします。 dwProcessId は VDM プロセスの ID。 hTask タスクへのハンドルはそれ以外の場合。 このタスク ハンドルは、VDMEnumTaskWOW() または VDMEnumTaskWOWEx() を通じて取得できます。

このメソッドは、Win32 では TerminateProcess() に相当します。 それは避けてください、可能な場合。 それは許可されませんタスク明確終了する機会データが失われるため。 Win32 とは異なり、WowExec に保証はありませんタスクを終了した後にクリーンアップします。 壊れていて使えませんこれには、VDM はかまいません。 タスクを正常終了するには、WM_CLOSE、トップレベルのウィンドウに送信します。

16 ビットの DOS アプリケーションに関する注意

16 ビットの DOS アプリケーションと共に、VDMDBG 関数のいずれに動作します。 もう 1 つの方法を使用する DOS VDMs を列挙します。 最初に、VDMEnumProcessWOW() を使用して、すべての Win16 VDMs の一覧と (PSAPI) などの他のスキームはいくつかを使用して NTVDM.exe のすべてのインスタンスを列挙しことができます。 [Win16] ボックスの一覧でなかったする完全な列挙体から、NTVDM.exe は、DOS VDM です。 作成および CreateProcess() と TerminateProcess() の 16 ビットの DOS アプリケーションを終了することができます。

プロパティ

文書番号: 182559 - 最終更新日: 2014年2月22日 - リビジョン: 3.4
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Win32 Application Programming Interface?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows NT 4.0
    • the operating system: Microsoft Windows 2000
    • the operating system: Microsoft Windows XP
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbthread kbapi kbkernbase kbmt KB182559 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:182559
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com