トレイにメールのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 182572 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

状況によっては、送信したメールが送信トレイに移動する可能性がありますが、送信済みアイテム フォルダーには移動します。この資料で説明する方法[送信トレイ] のままになりますメールに関する問題をトラブルシューティングします。Outlook します。

詳細

次のいずれかの送信メールを送信トレイに残ります可能性があります。
  • 送信前に、送信トレイからメッセージを開きました。
  • オフラインで作業しているため、リモート接続を確立していません。
  • 個人用フォルダー (* .pst) ファイルが損傷しています。
  • 個人用アドレス帳 (*.pab) ファイルが破損しています。
  • 古いまたは互換性のないアドインとしてあります。
  • 古いアカウントで受信した電子メール メッセージに返信しました。

メッセージの送信トレイから開く

メッセージを送信すると、Outlook が送信トレイに移動します。場合 Outlook接続を確立、メール サーバーに配信が試行し、送信済みメッセージのコピーを [送信トレイ] 内に表示されます。開いてし、閉じるメッセージ、送信トレイのままですが、状態の変更、メッセージと、それは送信されません。メッセージのタイトルに表示されなくなります送信トレイのメッセージ ビューに斜体の設定します。

メッセージを送信状態に戻すには、メッセージを開き [送信をクリックします。メッセージのツールバー。メッセージのタイトルを斜体に変換する必要があります、メッセージ ビューの送信トレイします。次の接続時に、メール サーバーOutlook は、メッセージを配信する必要があります。

オフラインでの作業

インターネット メールのみ (IMO) のインストールを使用する場合。
  1. オフライン作業をオフにするのには、[ファイル] メニューをクリックします。
  2. [ツール] メニューの送受信] をポイントしの名前をクリックします。インターネット サービス アカウント。
Microsoft では企業ワークグループ (CW) のインストールを使用する場合Exchange Server のサービス:
  1. サービスが [サービス] ダイアログ ボックスを開くには、[ツール] メニューをクリックします。ボックス。
  2. サービス タブで、Microsoft Exchange Server] をクリックし、プロパティをクリックします。
  3. [オフラインを有効にする] チェック ボックスをオフにするのには、[詳細設定] タブをクリックします。
  4. [OK] を再度すべてのダイアログ ボックスを閉じますをクリックします。
  5. 終了し、Outlook を再起動します。
注: Microsoft Exchange Server サービスでは、オフラインで作業する場合Microsoft Fax サービスがオフラインの状態でです。Fax メッセージのみサービスをオフラインにことが表示されたら、送信トレイ内のままMicrosoft Exchange Server のサービスです。

個人用フォルダーまたはアドレス帳ファイルの破損

最初のトラブルシューティング手順は、受信トレイ修復ツールを実行します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [フォルダー一覧] が表示されていない場合は、[表示] メニューのフォルダー一覧をクリックします。受信トレイの表示中にします。
  2. フォルダー一覧で個人用フォルダーのアイコンを右クリックしをクリックしてください「' 個人用フォルダー ' のプロパティ] で全般タブをクリックし高度な。パスと、.pst ファイルの名前を記述します。[キャンセル] をクリックします。2 回、ダイアログ ボックスを閉じます。
  3. Outlook を終了します。
  4. スタートをクリックして、プログラム、アクセサリ、システムを指すツールは、受信トレイ修復ツール] をクリックします。

    注: 場合は、受信トレイ修復ツール、システム ツール] メニューは表示されず、[スタート] をクリックして、検索をポイントと、ファイルやフォルダー] をクリックして、検索Scanpst.exe。 見つかったプログラムを実行する] をダブルクリックします。
  5. 受信トレイ修復ツールを参照] をクリックし、個人の選択ストア ファイル (.pst) では、手順 2 で記録します。
  6. ファイルのスキャンを開始するのには、[スタート] をクリックします。
  7. 受信トレイ修復ツールが完了したら、Outlook を再起動します。
  8. 送信トレイにメッセージの内容をコピーして貼り付ける新しいメッセージにします。
  9. 元のメッセージを削除し、新しいメッセージを送信してください。

新しい個人用フォルダー ファイルを作成します。

2 番目のトラブルシューティングの手順は、新しい個人用フォルダー ファイルを作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [ファイル] メニューの新規作成をポイントし、[個人用フォルダー ファイル (.pst) をクリックしてください
  2. として、既存の個人用フォルダー ファイルを含むフォルダーを開く2 前のセクションの手順で説明したよう、一意の名前を入力します。[ファイル名] ボックス、およびクリックを作成します。このテストでは、デフォルトのままに「作成の Microsoft 個人用フォルダー」] ダイアログ ボックスで設定し、[ok] をクリックします。
  3. フォルダー一覧で、新しい個人用フォルダー ファイルをクリックします。
  4. [ファイル] メニューの [フォルダー] をポイントし、クリックして、「プロパティの ' 個人フォルダーします '」。
  5. [この個人用フォルダー ファイルに POP メールを配信する] をクリックし、[ok] をクリックします。
  6. 電子メールを送信してください。
注: Outlook をインストールした後、次のメッセージが表示されたら、
MAPI スプーラーがメッセージの送信が始まった
上記の手順をコピーして、新しい個人用フォルダー ファイルを作成するにはすべてのフォルダーを新しい個人用フォルダー ファイルの内容を除外します。[送信トレイ]、終了すると、Outlook を再起動し再作成し、送信、メッセージ。

新しいプロファイルを作成します。

トラブルシューティング手順 3 を新規に追加された新しいプロファイルを作成するには個人用フォルダー ファイル (PST) と、新しい個人用アドレス帳 (PAB)。

企業/ワークグループのインストール (CW) を使用すると、次の手順を実行します。
  1. 実行中の場合は、Outlook を終了します。
  2. 開始] をクリックして設定] をポイントし、コントロール パネルをクリックします。
  3. [メールとファックス] アイコンまたは [メール] アイコンをダブルクリックし、表示をクリックします。新しいプロファイルを追加するのにはクリックしてプロファイルを追加します。
  4. 新しい .pst ファイルに新しいプロファイルを作成するのには、受信トレイ セットアップ ウィザードを実行します。.pab ファイルします。
  5. Outlook を起動し、メッセージを送信しようとしてください。
インターネット メール インストール (IMO) を使用する場合は、次の手順を実行します。
  1. 実行中の場合は、Outlook を終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックして設定] をポイントし、コントロール パネルをクリックします。
  3. [メール] アイコンをダブルクリックします。
  4. 各メール アカウントを削除し、1 つずつを追加バックアップします。

    注: 削除する前にすべての必要な設定を知っていることを確認します。これらのいずれかを指定します。
  5. 完了すると、コントロール パネルを閉じると閉じるをクリックして、Outlook を起動します。電子メールを送信してください。
4 番目のトラブルシューティングの手順を複数のシステムを検索するのには個人用フォルダー ファイル (PST) またはオフライン ストア (OST) ファイル。それぞれの名前を変更します。ファイルし、新しいプロファイルを作成します。

トラブルシューティングの 5 番目の宛先の電子メールをチェックするには個人用アドレス帳の名前。存在しない場合は、それを追加します。場合は、そのエントリを削除して再度追加します。

トラブルシューティングの最後のステップ別のクライアントです。Outlook を終了し、Exchng32.exe のハード ディスクを検索します。Exchng32.exe を使用して実行、メールを送信するのには、既存のサービス。

Exchange クライアントでメールを送信する場合は、削除し、再インストールOutlook します。これを行うには、次の手順を実行します。

注: があるため、いくつかのバージョンの Windows では、次の手順コンピューターによって異なることがあります。場合は、製品を実行してください。次の手順を完了するマニュアル。
  1. Exchange を終了します。
  2. スタートをクリックして、設定] をポイントし、コントロール パネル] をクリックしておよびダブルクリック[プログラムの追加と削除] アイコンします。
  3. Microsoft Outlook 98 を選択し、[追加と削除] をクリックし、クリックします.削除します。
  4. [スタート] ボタンをクリックして、検索をポイント ファイルやフォルダー] をクリックして型Outllib.dll で [名前] ボックスにします。ファイルが見つかった場合をクリックして、ファイルです。[ファイル] メニューの名前の変更] をクリックし、ファイルに名前を変更します。outllib.bad は、ENTER キーを押します。[検索] ダイアログ ボックスを閉じます。
  5. Outlook を再インストールします。

古いまたは互換性のないアドイン

古いまたは互換性のないアドインは、メール配信に問題があります。

電子メール アドイン、古い Netscape 拡張や Fax ソフトウェアなどが発生する可能性があります。配信の問題。アクティブなアドインをチェックするには、次の手順を実行します。
  1. [ツール] メニューの [オプション] ダイアログ ボックスを開くにはオプション] をクリックします。
  2. [その他] タブで、[詳細オプション] をクリックし、[アドイン] をクリックしてくださいマネージャー。アクティブなアドインは、アドイン名の横にチェック マークがあります。
  3. アドインで非アクティブ化するには、アドイン] チェック ボックスをオフにする] をクリックします3 回 OK すべてのダイアログ ボックスを閉じます。

古いアカウントからメッセージへの返信

Outlook の電子メール メッセージに返信すると、Outlook は最初メッセージを受信して、同じアカウントを使用して、返信を送信しようとします。メッセージを [送信トレイ] でメッセージを受信したアカウントが、Outlook プロファイルやアカウント設定に存在しない場合は、送信されません。このシナリオは、以前のメールの受信トレイをローカル ハード_ディスクに個人用フォルダー ファイル (.pst) に配信され、メッセージを受信してから、メール アカウントを変更した場合に発生する可能性が高いです。

この問題を解決する最も簡単な方法は、トレイ、受信トレイに残っているメッセージを移動、作成し新しいメッセージのアドレス、トレイに新しいメッセージ キューに滞留しているメッセージからの情報を貼り付けるし、新しいメッセージを送信するには、です。Outlook から、現在の既定の電子メール アカウントを古いアカウントではなく、新しいメッセージを送信しようとしています。

関連情報

詳細については、以下の項目を参照してください、マイクロソフト サポート技術情報:
記事 ID: 181692
タイトル: [ol98]: 送信済みアイテムのエラー メッセージのままで送信トレイ

記事 ID: 180982
タイトル: [ol98]: インターネット メールを送信すると配信不能メッセージ

記事 ID: 180418
タイトル: [ol98]: (CW) リモート メール、オフライン フォルダー、および作業オフライン

記事 ID: 185307
タイトル: [ol98]: (CW) メールは [送信トレイ] ままにしていません。

記事 ID: 185313
タイトル: [ol98]: (IMO) メールは [送信トレイ] ままにしていません。

プロパティ

文書番号: 182572 - 最終更新日: 2012年12月16日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 98 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbmt KB182572 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:182572
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com