[OL98 フィールドのマッピングの利用可能なインポートしません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 182728 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Outlook 98 のインポート/エクスポート機能を使ってデータをインポートします。 Outlook と同じフィールドに、データ ソースからフィールドをマップします。 フィールド マッピングを許可する機能は利用できません。 ここでは正常にデータを Outlook にインポートする使用することがありますテクニックについて説明します。

原因

Outlook 97 に含まれていたフィールド マッピング機能は、変換テクノロジの問題は Outlook 98 では含まれません。 フィールド マッピング機能は DataViz, Inc. からライセンスされていて、現在の状態でなったを Microsoft Outlook 98 で使用可能になります。

マイクロソフト、インポート フィールド マッピングの修正プログラム以前 Outlook 97 で見つかったフィールド マッピングの機能を含む Outlook 98 提供します。

解決方法

正常に個人情報マネージャーのファイルまたはその他のデータ ソースのフィールドをマップ、2 つのオプションがあります。 最初と推奨されるオプションは、ダウンロードとインストールのインポーター フィールド マッピング Outlook 98 用の Microsoft Office のアップデート Web サイトから。 2 番目と小さい優先オプションは、手動でフィールドの使用する内部名には、元のフィールドを一致させるです。

ここでは、フィールド マッピングの問題に関連の状況の概要し、Outlook にデータを正常にインポートするための提案を提供します。 次の項目はについて説明します。

  • Outlook 98 の修正プログラム インポーター フィールドのマッピング
  • 手動でフィールドのマッピング
  • Outlook フィールドのサンプルを生成します。
  • ファイルの自動割り当て

詳細

Outlook 98 の修正プログラム インポーター フィールドのマッピング

Outlook 98 のインポート/エクスポート機能を使用してデータをインポートし、Outlook で同じフィールドに、スプレッドシートまたはデータベース ファイルなど、データ ソースのフィールドをマップする最も簡単な方法は、ダウンロードをインポート フィールド マッピングの修正プログラム Outlook 98 をインストールすることです。 修正プログラムが、次のインターネット アドレスに向けです。
http://office.microsoft.com/downloads/9798/field98.aspx
修正プログラムをインストールします。

  1. [ファイル] メニューの [Outlook のインポートとエクスポート] を選択します。
  2. 一覧からインポート、通常はほかのプログラムまたはファイルからインポートするファイルの種類を選択します。
  3. インポートしたい特定のファイル種類を選択します。
  4. インポートするファイルを選択します。
  5. ユーザー設定フィールドのマップ] ボタンと、ダイアログ ボックスが表示されたら、ユーザー設定フィールドをマッピングする方法についてはそのボタンまたはヘルプをクリックします。

手動でフィールドのマッピング

Outlook の項目はデータを編成するのに特定のフィールド名を使用します。 Outlook フォルダーに情報をインポートする場合、フィールド名、ソース ファイルをする必要があります正確に一致 Outlook ターゲット項目を。 これらのフィールドが一致しない場合フィールドのデータを格納する予定は空白になります。 さまざまなソースからのデータのマッピングを検査し、必要に応じて、手動でフィールド名の編集をする必要があります。 さらに、各列で、情報を定義するヘッダー行が必要です。 これは、見出し行のフィールドをマップするを選択できる Outlook 97 と異なります。

手動でコンマ区切り値 (CSV) し、TSV (タブ) の値) のファイルから、インポートの際にフィールドをマップ、するためには、ヘッダー レコードのフィールド値は Outlook の対応するフィールドを正確に一致する編集する必要があります。 データ ファイルのヘッダー レコード、ファイルの最初の行をインポートするデータのフィールド名を含んでいます。 たとえば、フィールド名をデータ ソース内の"F_Name"を参照個々 のファースト ネームできます。 このようなフィールド名に変更する Outlook のインポート マッピングの「最初の名前、」Outlook でそのフィールドの内部の名前付け名を使用するため。 生成 Outlook フィールドのラベルのサンプルについては、「Outlook フィールドの [サンプルの生成」の「を参照してください

さらに、Excel、Word、Microsoft Access および Microsoft Fox Pro などの Microsoft プログラムによって作成されたデータ ファイルをヘッダー レコードのフィールドの標準の Outlook フィールドを正確に一致するように、編集する必要がもします。

これらのプログラムで作成されたファイルをインポートするには開いてのデータベース接続の ODBC ドライバーが必要です。 これらのドライバーは、Outlook でに基づいてエンドユーザーに提供されています、Valupack に含まれる、Dataacc.exe ファイルからセットアップを実行でインストールされます。 Office 97 または Outlook 98 は CD-ROM を持たないユーザーは以下の手順を実行して、Outlook の機能強化 Web から Dataacc.exe をダウンロード可能性があります。

  1. [ ヘルプ ] メニューの [ Web 上で Microsoft をポイントし、[ 空きメニュー ] をクリックします。
  2. [ Microsoft データ アクセス パック ] をクリックし、ダウンロード指示に従います。

    : Fox Pro 制限フィールド ラベルの 10 文字です。 Outlook フィールドのラベルの大部分は 10 文字をまでです。 Fox Pro のファイルを Outlook にインポートの準備を最初のファイルを TSV または CSV ファイルをエクスポート、ヘッダー レコードのフィールド ラベルを編集し、必要がありますし、データ ソースとして CSV ファイルを使用します。

    テキストまたは ODBC ファイルは Outlook 内部名ではない名前を含む、データはインポートされません。 また、各 Outlook オブジェクトが 1 つまたは 2 つのいずれかのフィールドを要求します。 これらのフィールドがインポートしたファイルに存在しない、エラー ダイアログ ボックスが、そのオブジェクトの種類必要なフィールドを一覧表示されます。 必要なフィールドは:
       Calendar folder:   Subject, Start Date
       Contacts folder:   None
       Journal folder:    Start Date, Journal Type
       Mail folder:       Subject
       Notes folder:      Body
       Tasks folder:      Subject
    					

Outlook フィールドのサンプルを生成します。

データ ソースを編集する前に Outlook で使用するフィールドのサンプルを生成すると便利場合があります。 サンプル フィールドを生成するには、次の手順に従います。
  1. 存在する場合は、という名前の現在のバイナリのマッピング ファイル「カンマ Separated 区切り (Windows).ADR」で、Windows フォルダー内に削除します。 この手順は、このファイルを再構築は。
  2. 既に表示されていない場合 [ 表示 ] メニューの [ フォルダー一覧 ] をクリックします。
  3. [ フォルダー一覧 ] で、サンプルを生成するためし、 ショートカット メニューの [Outlook フォルダーを右クリックし、[フォルダーの 新規作成 します。

    : 各 Outlook フォルダーには、フィールドの明確に別の必要なセットがあります。 たとえば、Outlook の連絡先に対して必要な一連フィールドにはにはフィールド、予定表で使用されていないが含まれては。
  4. この一時フォルダーの名前します。 サンプル フィールド ファイルを作成したら、このフォルダーを削除することがあります。
  5. [ ファイル ] の [ インポートとエクスポート ] をクリックします。 [ 次へ] をファイルにエクスポート ] をクリックします。
  6. エクスポートするファイルの種類の コンマ区切り値 (Windows) ] を選択を [し、[ 次へ] </a0> をクリックします。
  7. エクスポートするフォルダーの選択 を、手順 2 で、作成したフォルダーの選択を [し、[ 次へ] </a0> をクリックします。
  8. エクスポートしたファイルとして保存 ] でファイルの名前を入力してファイルを保存したいフォルダーを選択の 参照] をクリックします。 エクスポートされたファイルを保存、[ 次へ ] を [完了] をクリックして、 [OK] をクリックします。
結果のコンマは、ファイルを選択したフォルダーの使用するフィールドを含む値です。 この手順をインポートするデータの種類ごと、必要に応じて繰り返します。 Outlook フィールド ラベルが、理解、中に正確なスペル チェックが必要なことを確認します。 たとえば、電子メール アドレスを定義するとき、に従って、スペル チェック、「電子メール」します。

ファイルの自動割り当て

次の個人情報の管理 (PIM) ソフトウェア製品を使用する、インポート/エクスポート ウィザードと密接に Outlook のフィールド名を一致する対応するフィールド名を自動的に割り当てる機能がします。

  • ACT! 2. 0 Windows 用のマネージャーの連絡先
  • ACT! 3. 0 Windows 用のマネージャーの連絡先
  • dBase
  • ECCO 2. 0 では、3. 0、4. 0
  • ロータス オーガナイザー 1. 0 では、1. 1
  • ロータス オーガナイザー 2. 1
  • ロータス オーガナイザー 97
  • Schedule + 1. 0
  • Schedule + 7. 0
  • sidekick 95
  • Windows 2. 0 用の sideKick
上記のソースのいずれかによって生成されるデータ ファイルをインポートする場合 Outlook メンテナンス セットアップを使用して、PIM コンバーターをインストールする必要があります。 このコンバーターのセット、初期の Outlook セットアップ オプションでインストールされていない可能性があります。 これらのコンバーターを追加する手順は Outlook のヘルプ ファイルに含ま。 アクセスするにはこのエントリ「参照してください。

関連情報

インポートとエクスポート データ ファイルの詳細については、次のアーティクル サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
文書番号: 189181
タイトル: OL98: マップするファイルを Excel を使用して Outlook にインポート

文書番号: 180315
タイトル: OL98: Excel からインポートする必要がある範囲の名前付き

文書番号: 185418
タイトル: OL98: インポートおよびエクスポートすると、データが表示されません。


Office アシスタントまたはヘルプ トピックのウィンドウの [質問] タブで、Outlook のインストールに新しいコンポーネントの追加の詳細については コンポーネントの追加 の入力、[ 検索 ] をクリックし、表示、 セットアップ コンポーネントを個別または削除する

DataViz, Inc. と、ディストリビューター上に記載されているさまざまな製品のマイクロソフトとは無関係のベンダーは保証、黙示またはそれ以外の場合、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてを行うことがありません。

プロパティ

文書番号: 182728 - 最終更新日: 2014年2月7日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 98 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbdownload kbexport kbimport kbmigrate kb3rdparty kbmt KB182728 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:182728
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com