XADM: 関数と、DS/IS を実行中の効果が整合性調整機能

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 182979 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、関数と DS の実行の影響について説明します/整合性調整機能します。 潜在的な問題の原因を DS/IS 整合性調整機能がありますは Microsoft recommendeds をする前に製品サポート サービス (問い合わせてすることを実行することがします。

詳細

DS/IS 整合性調整機能は、回復コンピューターにディレクトリを復元することはできませんや、インフォメーション ストア (Priv.edb または Pub.edb ファイル) とは異なる元のサーバーの名前で回復コンピューターにコピーが障害回復のシナリオで使用されて/。

DS/IS 整合性調整機能は、メールボックスおよびパブリック フォルダー ストア内をディレクトリにありませんが、ディレクトリ オブジェクトを再作成に実行するとします。 この処理も のホーム MDB をリセットする すべてパブリック フォルダー階層内で不明なサイトまたはサーバーが置かれている属性。 さらに、プロセスが取り除か、無効なエントリ (つまりユーザー、現在のディレクトリに存在しない) のパブリック フォルダーのアクセス制御リスト (ACL)。 サーバーとサイトが「不明」とレプリケーションがサーバーに完了していないときに無効なエントリが存在するが、DS/IS 整合性調整機能がで実行または別のサイトへのレプリケーション コネクタが削除されましたが。

DS の実行の効果を複数のサイトがある場合考慮する必要がシステム フォルダーにします。 DS を実行した後、OAB Version 2 フォルダー (オフライン アドレス帳は、サブ フォルダー) 問題が発生がします。 OAB Version 2 の識別名は、サイトごとに同じです。 したがって、これらのフォルダーが DS を実行した後にホーム サーバー誤ってかどうかとは、どのフォルダーがもともとどのサイトに属してを区別する困難かもしれません。

1 つの方法この問題を回避するためにすることです各 OAB バージョン 2 の表示名を変更、DS/IS を実行する/スイッチは前に、移動元サイトと一致するフォルダー。 OAB Version 2 サイト フォルダーの表示名を変更。
  1. Microsoft Exchange Server 管理ツール プログラムを起動します。
  2. [ フォルダー ] をクリックして] システム フォルダーを展開 階層 、オフライン アドレス帳 ([ システム フォルダー の)] を展開し、 OAB Version 2 フォルダーを探します。
  3. OAB Version 2 のプロパティを開きフォルダー、 [全般 ] タブをクリックして フォルダー名 ] ボックスに、サイト名を追加 (たとえば、 OAB バージョン 2 (SiteName) )。
  4. [ OK] をクリックします。
  5. 手順 1 〜 4 各サイトには各 OAB バージョン 2 フォルダーを繰り返します。
再配置のプロセスが完了、組織へのレプリケーション コネクタを再作成する場合が rehomed 各パブリック フォルダーの競合があります。 新しいサーバーを対象となるパブリック フォルダーに最新の変更があるため、競合が優先されます。 したがって、パブリック フォルダーは、新しいサーバー上でホームし、新しい ACL する必要が。 これは、結果、サイトでないすべてのユーザーの切断のアクセス許可を DS/IS 整合性調整機能を実行したとします。

DS/整合性調整機能は Exchange Server 5. 5 で変更し、これらの関数 (メールボックスの新しいディレクトリ エントリを作成、メールボックスの ACL を変更する、rehoming、パブリック フォルダーおよびパブリック フォルダーの ACL を変更) する必要があります選択する手動でを有効にします。 さらに、パブリック フォルダーの新しい属性では、Exchange Server 5. 5 に管理アクセスを制限する」を他のサイトのホーム サーバーの特定のフォルダーを変更することをできなくホーム サイトにパブリック フォルダーにします。 このプロパティが完全に Exchange Server 5. 5 である環境で緊急時のみことを確認します。 混在バージョン 4. 0、5. 0 および 5. 5 Exchange Server 環境でバージョン 4. 0 および 5. 0 の管理者の整合性の調整プログラム無視リセットと管理アクセス フラグ、フォルダーします。

: DS/IS を実行する必要はありません/だけ、インフォメーション ストアを良いが運用サーバーに復元する場合は整合性の調整作業はディレクトリです。

DS/IS 整合性調整機能を実行するには、次の手順を実行します:

  1. Exchange Server 5.5 管理ツールで、パブリック インフォメーション ストアがある Exchange Server 5.5 を実行しているサーバーをクリックします。
  2. [ファイル] メニューの [ プロパティ ] をクリックし、 [詳細設定] タブ。
  3. 整合性の調整 をクリックします。
  4. DS 内と整合性の調整] パブリック フォルダーのアクセス許可 チェック ボックスからの 不明なユーザー アカウントの削除 を選択し、[ すべての不整合 ] をクリックします。
: その他のすべてのチェック ボックスをオフにします。

プロパティ

文書番号: 182979 - 最終更新日: 2014年2月10日 - リビジョン: 5.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.0 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbusage kbmt KB182979 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:182979
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com