FP98: 結果フォーム ハンドラーと 4 桁の年の書式設定を保存します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 183049 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

結果保存フォーム ハンドラーを使用しているかどうかを時刻または日付の情報を各と共に保存送信フォームのレコードを指定できます。 この日付情報を保存すると、日付が M/D/年の形式でフォーマットされます。 ただし、M/D/日です形式で日付を出力に FrontPage を指示できます。 ここでは、M/D/日です形式で日付書式を設定に使用できる 2 つの方法について説明します。

詳細

マイクロソフトは提供プログラミング言語の使用方法の一例としてのみ、姿表現または暗黙に提供します。 これはに含まれますに、黙示または商品性および特定目的に対する適合性の黙示保証は一切制限はありません。 この資料ではであると見なすは、例示されているプログラミング言語を作成したりプロシージャをデバッグするためのツールと使い慣れた。 マイクロソフト サポート エンジニアに、特定のプロシージャの機能について説明する役立ちますが追加機能を提供する構築手順、特定の要件を次の例は変更されません。

方法 1: (IIS または MSPWS が必要) アクティブ サーバー ページを使用します。

ASP パッチがインストールされている、) でインターネット インフォメーション サーバー (IIS) または Microsoft パーソナル Web サーバーを使用している場合は Active Server Pages (ASP) を使用して結果保存フォーム ハンドラーの一部として、サーバーの日付を保存することができます。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. FrontPage エディターでファイルが含まれているページを開きます結果フォーム ハンドラー。
  2. フォームの上カーソルを置きます。
  3. [ 挿入 ] の [ FrontPage コンポーネント ] をクリックします。
  4. FrontPage 2003 コンポーネントの挿入 ] ダイアログ ボックスで、 [コンポーネントの選択 一覧 HTML の挿入 ] をクリックし、 [OK]
  5. HTML の変更履歴とコメント ] ダイアログ ボックスには、次の ASP スクリプトを入力します。
    < %FullDate = Month(date) (&S)「/」& Day(date) &「/」& Year(date)
    ' FullDate は、正確な月、日と年の組み合わせ。
    ' に隠しフィールドの値を割り当てる使用されます。 %>
    [OK] をクリックする.
  6. 次の手順を実行して非表示フィールドを作成します。
    1. フォームをマウスの右ボタンでクリックし、 [フォームのプロパティ が表示されるメニュー。
    2. 高度 をクリックします。
    3. [ 追加 ] をクリックします。
    4. [ 名前 ] ボックスに、 DateStamp を入力します。
    5. [] ボックスに、<%=FullDate%> を入力します。.
    6. [OK を] を 3 回クリックします。
  7. ページに代入する <filename> の名前) という <filename>.asp としてページを保存します。
アクティブ サーバー ページの詳細についてをクリック資料以下、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
174008アクティブ サーバー ページは FP98: でしょうか。
174015FP98: FrontPage 98 でアクティブ サーバー ページを作成します。

方法 2: を JavaScript (IIS が不要) を使用します。

Microsoft インターネット インフォメーション サービスまたは Microsoft パーソナル Web サーバーを使用していませんが場合、次のクライアント側の JavaScript を使用できます。

: このスクリプトがサーバーの日付ではなく、クライアント ブラウザーの日付を返します。
  1. FrontPage エディターでファイルが含まれているページを開きます結果フォーム ハンドラー。
  2. フォームの上カーソルを置きます。
  3. [ 挿入 ] メニューの [ 詳細設定 ] をポイントし、[ スクリプト ] をクリックします。
  4. クリックして [ JavaScript ] チェック ボックスを選択します。
  5. [ スクリプト ] ダイアログ] ボックスに、次のコードを入力:
          // Give the function a name so the onSubmit event for the submit
          // button can call it.
          function FullYear () {
          // Create a variable called ddate that will contain the current
          // date on the client system.
          var ddate= new Date();
          // Create a variable called year that will contain the current
          // year on the client system. Note that the JavaScript getYear method
          // will return values 0 through 99 for years 1900 through 1999, but
          // it will return 2000 or higher for years above 2000.
          var year=ddate.getFullYear()
          // Analyze the current year, and if it is less than 100 (year 2000),
          // then add 1900 to it.      
          if (year > 100) {year = (year + 1900)}
          // Specify that the return value of the function FullYear shall be a
          // text string in the form of m/d/yyyy. The month portion is the
          // result of the getMonth method that returns 0 for January and 11
          // for December. Add one to that value for the common representation
          //of a month. The date portion is the result of the getDate method,
          // and the year portion is the result of the calculation within the
          // if condition in the line above.
          return ((ddate.getMonth() + 1)+ "/" + ddate.getDate()+ "/" + year);
          }
    					
  6. FrontPage の下部にある [HTML] タブをクリックして] ウィンドウ。
  7. 送信ボタン コードに onClick イベントを追加します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 次のような HTML コードを検索します。
      <input type="submit"value="Submit"name="B1">
    2. 次のコード名の後に追加"B1"を前に =、> 記号。
      onClick="DateStamp.value=FullYear()"
      HTML コードのようには、次に
      <input type="submit"value="Submit"name="B1" onClick="DateStamp.value=FullYear()">
    3. "DateStamp"という名前の非表示フィールドの前の手順で、タグの直後後に、次の HTML コードを入力してフォームに追加します。
      <input type="hidden"name="DateStamp">

関連情報

JavaScript の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/scripting/jscript
HTML 作成の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/library/

プロパティ

文書番号: 183049 - 最終更新日: 2014年2月3日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft FrontPage 98 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB183049 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:183049
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com