PRB: WebBrowser コントロール クライアントのグローバル設定を共有します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 183412
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

WebBrowser コントロールのすべてのホストが同じグローバル インターネットを共有します。設定します。

商用 web ブラウザー コントロール ホストなど、America Online (AOL)ブラウザーこの現象の影響を受けます。たとえば、既定値を指定します。AOL のホームページ AOL の WWW 環境設定で、同じ既定のホームを設定しますページは両方の AOL と Internet Explorer (IE)、IE のときにも使用されてAOL から別にします。

ここで説明するサードパーティ製品のベンダーによって製造されていますマイクロソフトは無関係です。お保証、黙示またはそれ以外の場合にありません、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についています。

解決方法

ほとんどのインターネットの設定をグローバルには、サポートされている方法はありません。自動的に各 WebBrowser ホストのプロパティのセットを保存しています。

ただし、特定の ActiveX をダウンロードするかどうかなどのオプションをダウンロードします。かどうかを制御する、オーバーライドし、ホストごとに指定します。

状況

この動作は仕様です。

詳細

インターネット クライアント SDK (InetSDK) に記載されているように、web ブラウザー ホストことができます。既定で DISPID_AMBIENT_DLCONTROL のアンビエント プロパティを実装します。グローバル設定を変更するのには、ディスパッチ インターフェイスのオプションをダウンロードします。

WALKALL のサンプルで、InetSDK (\InetSDK\Samples\Walkall)この手法は、MSHTML のホストをします。同様の方法で使用できます。WebBrowser ホストのと同じ効果を達成するために。

MSHTML は、新しいユーザー エージェントによる DISPID_AMBIENT_USERAGENT をまた確認するときハイパーリンクをクリックする次のように移動します。このアンビエント プロパティをオーバーライドすることができます、しかし、プログラムでは、Navigate メソッドを呼び出す場合は使用されません。それも、userAgent プロパティは、DOM のナビゲーターのオブジェクトまたは clientInformation の動作を変更行われません - このプロパティは常に Internet Explorer 自身の UserAgent 文字列になります。

MFC のホストは、WebBrowser コントロールを簡単にこれらのアンビエントに可能性があります。CWnd には、ホストの OnAmbientProperty メソッドをオーバーライドしてプロパティクラスに基づきます。
BOOL CWBHostView::OnAmbientProperty(COleControlSite* pSite,
                                    DISPID dispid, VARIANT* pvar)
{
USES_CONVERSION;
   // Change download properties - no java, no scripts...
   if (dispid == DISPID_AMBIENT_DLCONTROL)
   {
      pvar->vt = VT_I4;
      pvar->lVal = DLCTL_NO_SCRIPTS | DLCTL_NO_JAVA
                 | DLCTL_NO_RUNACTIVEXCTLS | DLCTL_NO_DLACTIVEXCTLS;

      return TRUE;
   }

   // Change user agent for this web browser host during hyperlinks
   if (dispid == DISPID_AMBIENT_USERAGENT)
   {
      CString strUserAgent("MyWebBrowserHost");

      pvar->vt = VT_BSTR;
      pvar->bstrVal = ::SysAllocString(T2OLE(strUserAgent));

      return TRUE;
   }

   return CView::OnAmbientProperty(pSite, dispid, pvar);
}
				
DISPID_AMBIENT_ * および DLCTL_ * 値 Mshtmdid.h で定義されています。(\InetSDK\Include\MSHTMDID。H)。

関連情報

Microsoft Internet Explorer 用の Web ベース ソリューションの開発の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/ie/

http://support.microsoft.com/iep

プロパティ

文書番号: 183412 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbwebbrowser kbprb kb3rdparty kbfaq kbmt KB183412 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:183412
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com