よく寄せられる質問の ActiveX データ オブジェクト (ADO)

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 183606
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料に関するいくつかのよく寄せられる質問を提示します。ActiveX データ オブジェクト (ADO) のプログラミング。

詳細

Q. ActiveX データ オブジェクト (ADO) を教えてください。

A.ActiveX のデータ オブジェクトをデータの公開は、言語に中立的なオブジェクト モデルです。基になる OLE DB プロバイダーによって発生します。最も一般的な OLE DB プロバイダーを使用OLE DB プロバイダー用 ODBC ドライバーの ODBC データ ソースに公開されます。ADO.

(問) ActiveX データ オブジェクトを取得する場所はありますか

A. ADO はMicrosoft データ アクセス コンポーネント (MDAC) の一部です。ADO から取得することができます。この Web サイトの無料ダウンロード ページ。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/data/aa937695.aspx
(問) 場所は ADO に同梱されているマニュアルですか。

A.ADO に同梱されているマニュアル html 形式で見つかりません上記の web サイトから MDAC ソフトウェア開発キット (SDK) のダウンロードサイトです。Microsoft データ アクセス コンポーネント SDK スタンバイだけを選択してください。MDAC 2.0 または Microsoft データ アクセス コンポーネントをダウンロードするときのオプションを設定します。SDK の MDAC 2.1 をダウンロードした場合の更新します。

最新のマニュアルADO のバージョンもオンラインで利用できます。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms810811.aspx
ADO のマニュアルは、プラットフォーム SDK の一部であります。MSDN ライブラリを参照してください。MSDN ライブラリを選択します。内容は、プラットフォーム SDK |データ Access Services |Microsoft のデータ アクセスコンポーネント (MDAC) SDK |ActiveX データ オブジェクト (ADO)

Q. どのようにリモート データ サービス (RDS) ActiveX データ オブジェクト (ADO) について教えてください。

A.リモート データ サービス (RDS) を使用してアクティブなデータ オブジェクトのレコード セットを転送するにはサーバーからクライアント コンピューターにします。結果のレコード セット キャッシュは、クライアント コンピューターとサーバーから切断します。RDS は、ADO のサブセットを使用します。ADOR オブジェクト モデル。レコード セットは、低オーバーヘッド、高パフォーマンスを提供するにはネットワークや web 上のレコード セットのデータをマーシャ リングする方法を指定します。

Q. 何ですがADODB と ADOR オブジェクトの違いですか。

A. ADODB ライブラリその他のサーバー側オブジェクト (接続、コマンド、エラーが含まれています。パラメーターなど)。これらをサーバー側のコンポーネントで使用が最適です。データベースと通信します。

ADOR ライブラリは、軽量です。クライアント上の既存のレコード セット操作を許可するクライアントを指定します。その接続、コマンド、エラー、またはパラメーターのコマンドは含まれません。は、ADOR の機能は、ADO クライアント コンポーネントを配布されています。

Q。どのように I C で ADO を使用して始める前に

A. 最適なソリューションです。非常に薄いクラスは、ADO タイプ ライブラリを生成しすることができます、#import を使用します。それらに非常に近い Visual Basic の構文でアプリケーションの操作します。(VBA) の構文です。ほとんどの ADO サンプル VBA を使用して書き込まれ、#import を使用できます。より容易に、Microsoft Foundation クラス (MFC) を使用して変換します。OLE のドライバーまたは直接プログラミングの COM を使用します。一覧次の技術資料で ADO を使用するのに役立つ#import。
220152 例: ADOVC1 の簡単な ADO または VC + + アプリケーション
173645 BUG: アクセス違反 _com_error 例外が Msdaer.dll で
173645 ファイル: Adovcbtd.exe #import を使用した UpdateBatch および CancelBatch
184968 Adovcsp.exe を示していますを使用してストアド プロシージャを ADO
182389 ファイル: Adovcbm.exe ADO 1.5 では、#import と Getrows/ブックマーク
166112 ADO と #import の EOF を使用するときに PRB: の競合
169496 情報: ActiveX データ オブジェクト (ADO) を使用して VC + + の #import 経由で
168354 情報: 基になる OLE、ole DB プロバイダー エラー ADO を通じて公開されます。
さらに、次の資料を参照します。Visual C を使用して ADO に役立ちます、製品を検索する場合開発者:
167802 サンプル: EXCEPTEX トラップ MFC、Win32 例外
175784 情報: #import の例外を発生させるメカニズムを置き換える
(問) 方法はマイクロソフト サポート技術情報 (KB) を見つけるにはADO の記事ですか。

A. は、マイクロソフト サポート技術に接続、参照してください。マイクロソフト サポート技術で、World Wide Web にアクセスするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/search
使用する方法の詳細について技術情報を表示するのには、次の文書番号をクリックして、資料は、マイクロソフト サポート技術。
129725 World Wide Web 上のナレッジ ベースの記事を取得
(問) ADO の機能を判別する方法

A. ADO は、データ プロバイダーによって異なりますです。は、最も簡単なと最も簡単な方法をされていることを確認するのには、サポートしているプロパティを確認するのには接続またはレコード セットを開いて機能をサポートを実際に必要があります。また、CursorType、LockType、内容と一致することを確認してください。必要です。カーソル、基になるプロバイダーがサポートしていないかどうかは、要求、ADO カーソルに最も近いを取得するには、これらのプロパティにダウン グレードします。要求されました。

分析の基になるより詳細なアプローチが含まれます。データ プロバイダーの下に ADO を使用しています。最も一般的なプロバイダーでは、OLEDB プロバイダーが公開する ADO の ODBC データ ソースの ODBC ドライバーにします。使用することができます。接続、コマンド、レコード、およびフィールドをプロパティ コレクションオブジェクトし、は、OLE DB 仕様に表示して、結果を比較し、OLE DB の平準化ドキュメント、どちらも OLE DB SDK で、利用可能な無料に含まれてこの URL でダウンロードします。
http://msdn2.microsoft.com/en-gb/library/ms713643.aspx
ADO 自動的にそれぞれの値を定義していないことに注意してください。プロパティのコレクションを公開します。プロパティのみが設定されます、このプロパティを使用するのには、ADO で実行する操作が実際に必要な基になるプロバイダーによって公開されています。これはパフォーマンス、そしてかどうか、すべてのプロパティを初期化する他のオブジェクト モデル DAO など実行中の操作では、かどうかを使用します。

使用して、Recordset.Supports プロパティは予期しないことを確認するのには、最も簡単な方法です。実際にはどのようなプロバイダーを公開、特定の種類のです。接続とレコード セットを開いています。

プロパティ

文書番号: 183606 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbinfo kbdatabase kbfaq kbarttypeinf kbmt KB183606 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:183606
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com