Adovcsp.exe の例を使用してストアド プロシージャは ADO を使用

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 184968 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Adovcsp.exe はオープン キーセットと forwardOnly を例示するサンプル プログラムです Microsoft SQL Server 上でストアド プロシージャを実行することによってレコードセットの ActiveX データ オブジェクト (ADO) を使用してカーソル。 また、切断されたレコード セットを開く方法を示します。 サンプルでは、Visual C++ #import 機能を使用し、ADO レコードセット GetState だ ()、 パラメーター GetName だ () と GetValue だ ()、および多くのレコードセット、コマンドや接続メソッドを示します。

詳細

下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます:
ADOVCSP.EXE
リリース日: 2003 年 9 月 17日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

アプリケーションでは、サンプル、Pubs データベースと共にインストールされる、Microsoft SQL Server を持つこと。 このされていない場合場合、は、 openConn 関数に次のコードを変更: その >
spCON->ConnectionString = L"Provider=SQLOLEDB.1;Integrated Security=SSPI;Initial Catalog=pubs;Data Source=serverName;";
置き換える Data Source=serverName、サーバーの名前で、データベースの名前を指定します。 サンプルは、2 つのストアド プロシージャと、テーブルを作成し、し削除して、アプリケーション終了時にします。

OpenRd メソッド、入力パラメーター (GradYear) し、ストアド プロシージャの sp_AdoTestInOut に渡します。 sp_AdoTestInOut GradYear すべてのレコードが返されます > = 渡されるパラメーターにします。 レコードの数、出力パラメーターを返します返され、もパラメーター (最大 GradYear) を返します。 作成学生テーブルは、Visual C++ 付属学生登録データベースの受講者用のテーブルに基づきます。

このサンプルでは、コードを返すと、出力パラメーターを表示するテキスト ボックスは OpenRead ) ボタンをクリックするとストアド プロシージャを実行するときにのみ使用されます。 ソース コード詳細についてを表示してください。

[サポート] のボタンは手法と、以下の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料に記載するコードを使用して、データベースから、スキーマ情報を取得します。
182831方法: Visual C++ から ADO OpenSchema メソッドを使用します。
DisCon ファイルを開くボタンは、切断されたレコードセットを開きます。 このコードは、次の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料から抜粋です。
184397[HOWTO]: レコードセットの VBA の/C + をオフライン ADO の作業/Java

関連情報

詳細については、クリック、次資料、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示: して
182389ADO と #import 1. 5 と Getrows/ブックマーク ファイル: Adovcbm.exe
181733ファイル: Adovcbtd.exe #import を使用した UpdateBatch と CancelBatch
220152ファイル: サンプル: ADOVC1 の簡単な ADO/VC++ アプリケーション
200122サンプル: ATL2ADO 切り離されたレコードセットから返します COM VB
229088サンプル: Vcspnp.exe の例が SQL NULL パラメーターおよび ADO での NULL 値の読み取りを渡す

プロパティ

文書番号: 184968 - 最終更新日: 2014年2月22日 - リビジョン: 5.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 6.5 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
  • Microsoft ActiveX Data Objects 2.7
  • Microsoft ActiveX Data Objects 1.5
  • Microsoft ActiveX Data Objects 2.0
  • Microsoft ActiveX Data Objects 2.1
  • Microsoft ActiveX Data Objects 2.5
  • Microsoft ActiveX Data Objects 2.6
  • Microsoft Visual C++ 6.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual C++ 6.0 Professional Edition
  • Microsoft Visual C++, 32-bit Learning Edition 6.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbdownload kbdatabase kbfile kbmt KB184968 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:184968
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com