(OLE) オートメーションを使用して Word を使用する方法オフ。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 184974 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、簡単な説明とサンプル マクロ別のプログラムから Microsoft Word の自動化する方法を説明します。 詳細については、この資料の最後に、関連情報」を参照サブセクション参照してください。

詳細

マイクロソフトは提供プログラミング言語の使用方法の一例としてのみ、姿表現または明示、黙示、黙示または商品性および特定目的に対する適合性に限らずなどです。 この資料は、例示されているプログラミング言語やプロシージャの作成およびデバッグに使用するツールについて理解されているユーザーを対象としています。 Microsoft Support 担当者は、特定のプロシージャの機能についての問い合わせにはお答えできますが、ユーザー固有の目的に合わせた機能の追加、プロシージャの作成などの内容変更は行っておりません。
プログラミング経験がいない場合、マイクロソフト アドバイザリー サービスのマイクロソフト認定パートナーを連絡することがあります。 詳細については、これらのマイクロソフト Web サイトを参照してください。

マイクロソフト認定パートナー - https://partner.microsoft.com/global/30000104

Microsoft のアドバイザリ サービス - http://support.microsoft.com/gp/advisoryservice

使用可能なサポート オプションおよびマイクロソフトに連絡する方法についての詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください: http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh;EN-US;CNTACTMS
オートメーション (以前の OLE オートメーション) は、プログラムは、オブジェクトの開発ツール、マクロの言語では、オートメーションをサポートするその他のプログラムを公開して使用する機能です。 たとえば、ワークシート、グラフ、セル、または各オブジェクトの異なる型としてのセル範囲はスプレッドシート プログラムが公開することがあります。 ワード プロセッサ アプリケーション、ドキュメント、段落、文、ブックマーク、選択範囲などのオブジェクトを公開する可能性があります。

オートメーションをサポートするプログラム、する場合はアプリケーションを使用して公開、オブジェクトにアクセスすることができます。 Visual Basic でこれらのオブジェクトを取得して、オブジェクトのプロパティを設定またはオブジェクトのメソッドを呼び出して操作します。

使用して、コード サンプルこの資料でコントロール Word Access 97、Excel 97、Microsoft PowerPoint 97、アプリケーションの Microsoft Visual Basic または Word のコントロールにオートメーションをサポートする他のクライアントから。

開始

Word for Windows を自動化する主な手順を 4 つがあります。
  1. 参照、Microsoft Word の 8. 0 オブジェクト ライブラリを追加します。
  2. 変数は、Word のオブジェクト型として宣言します。
  3. 手順 2 で宣言したオブジェクト変数に CreateObject 関数によって返されるしたオブジェクトを代入します。
  4. Word を自動化するのにには、プロパティおよび、オブジェクト変数のメソッドを使用します。

手順 1: Word 8. 0 オブジェクト ライブラリへの参照を追加します。

Microsoft Access 97、Microsoft PowerPoint 97 または Excel 97 を使用して Microsoft Word 8. 0 オブジェクト ライブラリに参照を追加するには、次の手順に従います。
  1. Access、または Excel の [ ツール ] メニューの [ マクロ ] [ Visual Basic Editor ] をクリックします。
  2. Visual Basic エディターで、[ ツール ] メニューの [クリック 参照 します。
  3. [ 利用可能な参照 のボックスの一覧、(チェック)、 Microsoft Word の 8. 0 オブジェクト ライブラリ のチェック ボックスをオンにします。
: Microsoft Visual Basic 5. 0 を使用して、参照を追加する プロジェクト ] 参照 をクリックします。

Microsoft Word の 8. 0 オブジェクト ライブラリを追加する参照がプログラム Microsoft Word のオンラインのヘルプや Microsoft Word の VBA アプリケーション定数、プロパティ、およびメソッドのアクセスを可能になります。 Word オブジェクトの種類を直接自動化する Word 8. 0 オブジェクト ライブラリの参照が必要すること注意ください。

参照にして Word の 8. 0 オブジェクト ライブラリへの追加を事前バインディングと呼びます。

事前バインディングについては、ください「以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
138138情報: 実行時に、ID、事前バインディング型できるだけ VB でアプリケーションの

手順 2: オブジェクト変数を宣言します。

オブジェクト変数を宣言するディメンション、変数を任意の変数のディメンションと同様、オブジェクトの宣言に種類を指定することを除いて。 たとえば、 Word.Application ドキュメント 、および 段落 は Word の別のオブジェクトです。

サンプル コマンドラインは次の Word.Application 型のオブジェクトとして、変数 objWD を宣言する:

   Dim objWD as Word.Application

				

手順 3: 変数を設定します。

"Bind"は既に宣言されているオブジェクト変数に Word を使用して 2 つの Visual Basic 関数があります: CreateObject GetObject 。 上のプライマリ違いは、 GetObject 関数は、既存を使用中に、Word の新しいインスタンスをまたは既に実行中の Word のインスタンス、 CreateObject 関数を作成すること。 特定の Word ドキュメントに、オブジェクト変数をバインドするのに GetObject を使用することができるも。

以下のサンプル コマンドライン、 CreateObject 関数を使用して Word に objWD 変数をバインドする:

   Dim objWD as Word.Application
   Set objWD = CreateObject("Word.Application")

				
、次のサンプル コマンド ライン、特定の Word 文書に、objWdDoc 変数をバインドする:
   Dim objWdDoc As Word.Document
   Set objWdDoc = GetObject("c:\my documents\doc1.doc")
				
: Word for Windows を自動化する、 CreateObject 関数だけを使用お勧めします。 原因で、 GetObject 関数動作を行うことがあります予期しない WordMail を実行している場合や別のプログラムの内部に、Word 文書が埋め込まれた場合。

Visual Basic for Applications の関連情報については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください:
185232[WD97]: エラー メッセージを使用して WordMail: 'このメソッドまたはプロパティは利用できません'

手順 4: Word を自動化するのにプロパティとメソッドを使用します。

手順 1 〜 3 を完了すると、オブジェクト変数を使用して Word を自動化できます。

次のサンプル マクロではオートメーションを使用して Word オブジェクトを作成、新しい文書を作成、一部のテキストを追加および文書を保存します。
Sub AutomateWord()
   ' Declare the variable.
   Dim objWD As Word.Application
   ' Set the variable (runs new instance of Word.)
   Set objWD = CreateObject("Word.Application")
   ' Add a new document.
   objWD.Documents.Add
   ' Add some text.
   objWD.Selection.TypeText "This is some text."
   ' Save the document.
   objWD.ActiveDocument.SaveAs filename:="mydoc.doc"
   ' Quit Word.
   objWD.Quit
   ' Clear the variable from memory.
   Set objWD = Nothing
End Sub
				
: 次のサンプル マクロは、AutomateWord マクロで説明した処理を複製し、Word で直接実行:
Sub WordMacro()
   Documents.Add
   Selection.TypeText "This is some text"
   ActiveDocument.SaveAs filename:="mydoc.doc"
   Quit
End Sub
				

参照

詳細については特定のアプリケーションを使用して Word を自動化するには、次のリソースを参照してください。

Microsoft Office 開発の Web サイト

http://www.msdn.microsoft.com/office

「Microsoft Office 97 の Visual 基本プログラマ ガイド」

オートメーション、Microsoft Office 97 の Visual 基本的なプログラマのガイドの章を Microsoft Word のオブジェクトを使用 (ISBN: 1-57231-340-4)。

- または -

オンライン ガイドを表示します。
http://msdn.microsoft.com/archive/default.asp?url=/archive/en-us/office97/html/web/fulltoc.asp

ニュースグループ

以下は、Visual Basic for Applications の他のユーザーとの交流に役立つピア ツー ピアのニュース グループです:
microsoft.public.word.vba.addins
microsoft.public.word.vba.beginners
microsoft.public.word.vba.customization
microsoft.public.vb.ole.automation

「サポート技術情報」(Knowledge Base)

アプリケーションを Visual Basic のヘルプの詳細については、次の記事「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
163435アプリケーション用の Visual Basic のプログラミングのリソースを VBA:

173707[OFF97]:「サポート技術情報」(Knowledge Base) 資料からのサンプル コードを実行する

163425[WD97]: マクロ プログラミングのリソース

Office アシスタント

オートメーション、Visual Basic エディターの詳細については、Office アシスタントをクリックして、「 オートメーション 」を入力、[ 検索 ] をクリックし、「その他のアプリケーション通信」を表示、

: アシスタントが非表示になっている場合は、[標準] ツールバーの (Office アシスタント] ボタンをクリックします。 アシスタントは、クエリの回答できません、ください「以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
176476OFF: Office アシスタントの Visual Basic の質問を応答しません。

プロパティ

文書番号: 184974 - 最終更新日: 2007年1月22日 - リビジョン: 4.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
  • Microsoft Word 97 Standard Edition
  • Microsoft Visual Basic for Applications 5.0
キーワード:?
kbhowto kbinterop kbprogramming kbdtacode kbmt KB184974 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:184974
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com