派生 CDialogBar で子コントロールを初期化する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 185672
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

などのような CButtons だけに 1 つの単純な CDialogBar を作成する場合MFC の印刷プレビューに、CDialogBar から派生する必要はありません。CControlBar の親からの通知メッセージを受信するため子コントロール。

ただしより複雑な CDialogBar の場合をドロップ-必要があります。コンボ ボックス、ツリー ビュー、または ActiveX の制御を便利なことがあります。子コントロールの初期化を実行するように CDialogBar から派生してください。

ClassWizard は、CDialogBar からは、クラスの派生をサポートしていないためこの説明手順 CDialog クラスを作成するために必要なしCDialogBar への「クラスの変換」

詳細

開始するには、CDialog クラスを子コントロールを作成します。使用します。CDialogBar クラスを使用してに、CDialog クラスを変換することができます、次の 9 つの手順。

  1. 基本クラスを CDialogBar クラスで CDialog からを変更します。宣言します。基本クラスに変更することもすることを忘れないでください。BEGIN_MESSAGE_MAP .cpp ファイルにします。
  2. コンス トラクター、.h と .cpp ファイルの両方で変更します。また、DoDataExchange() に変更します。変更するのには、3 つの項目を以下に示します。

    次を変更します。
          CMyDlgBar (CWnd* pParent = NULL);   // standard constructor
    
          CMyDlgBar:: CMyDlgBar (CWnd* pParent /*=NULL*/)
             : CDialog(CMyDlgBar::IDD, pParent)
          {
             ...
    
          void CMyDlgBar::DoDataExchange(CDataExchange* pDX)
          {
             CDialog::DoDataExchange(pDX);
             ...
    					
    次のようにします。
          CMyDlgBar ();   // standard constructor
    
          CMyDlgBar:: CMyDlgBar ()
          {
             ...
    
          void CMyDlgBar::DoDataExchange(CDataExchange* pDX)
          {
             CDialogBar::DoDataExchange(pDX);
             ...
    					
    変換の変換を仮想です。マップは、WM_INITDIALOG メッセージに OnInitDialog() のメンバー関数OnInitDialog メソッドに変更することによって、追加のメソッドは、ON_MESSAGE() ハンドラーです。OnInitDialog() をオーバーライドがない可能性があります。If続行する前に追加、します。
  3. "仮想の BOOL OnInitDialog()"削除クラスのヘッダーの追加。"afx_msg 長 OnInitDialog (UINT、LONG)。"、代わりにします。たとえば。
          class CMyDlgBar : public CDialogBar
          {
             ...
          // Implementation
          protected:
    
             // Generated message map functions
             //{{AFX_MSG(CMyDlgBar)
             virtual BOOL OnInitDialog();                // <-Remove this line.
             //}}AFX_MSG
    
             afx_msg LONG OnInitDialog ( UINT, LONG );   // <-Add this line.
             DECLARE_MESSAGE_MAP()
          };
    						
    ここで、対応するクラスの実装」を行う変更します。
  4. "ON_MESSAGE (WM_INITDIALOG、OnInitDialog);"を追加するのには、メッセージ マップにします。CPP の実装ファイルです。たとえば。
          BEGIN_MESSAGE_MAP(CMyDlgBar, CDialogBar)
    
             //{{AFX_MSG_MAP(CMyDlgBar)
             ...
             //}}AFX_MSG_MAP
             ON_MESSAGE(WM_INITDIALOG, OnInitDialog )    // <-- Add this line.
          END_MESSAGE_MAP()
    						
    、仮想の OnInitDialog() のメッセージ マップに変換します。OnInitDialog()。
  5. 次のとおり、OnInitDialog() の変換を行います。
       Change the following:
    
          BOOL CMyDlgBar::OnInitDialog()
          {
             CDialog::OnInitDialog();   // <-- Replace this line:
                ...
    						
    次のようにします。
    LONG CMyDlgBar::OnInitDialog ( UINT wParam, LONG lParam)
             {
                              // <-- with these lines. -->
    
                BOOL bRet = HandleInitDialog(wParam, lParam);
    
                if (!UpdateData(FALSE))
                {
                   TRACE0("Warning: UpdateData failed during dialog init.\n");
                }
                ...
    
                return bRet;
    						
    CDialogBar クラスは、仮想の OnInitDialog() がないし、そのため 1 つの呼び出しは動作しません。UpdateData は、サブクラス化するとも呼ばれますまたは子コントロールを初期化します。
  6. ダイアログ ボックス リソース スタイルを次のように確認してください。
    スタイル: 子
    境界: なし
    表示: オフ
    この時点で、すべてに再接続された、CDialog クラスから変換を CDialogBar クラスを使用します。正しくします。これで、作成し、使用します。
  7. CframeWnd 派生 CDialogBar の派生のインスタンスを追加します。(通常、CMainFrame と呼ばれるクラスです。たとえば。
          class CMainFrame : public CFrameWnd
          {
              ...
              CMyDlgBar m_myDlgBar;
              ...
          };
    					
  8. M_myDlgBar 変数内の create メソッドを呼び出して、CFrameWnd::OnCreate() メソッドは、次のような:
          int CMainFrame::OnCreate(LPCREATESTRUCT lpCreateStruct)
          {
             ...
             if (!m_myDlgBar.Create(this, IDD_DLGBAR1, CBRS_LEFT,
                IDD_DLGBAR1))
             {
                TRACE0("Failed to create dialog bar\n");
                return -1;      // fail to create
             }
             ...
          }
    					
  9. 最後に、ドッキングとサイズを動的にサポートする場合は、CDialogBar は次の行の末尾に追加します。CMainFrame::OnCreate():
          int CMainFrame::OnCreate(LPCREATESTRUCT lpCreateStruct)
          {
             ...
             m_myDlgBar.SetBarStyle(m_wndToolBar.GetBarStyle() |
                CBRS_TOOLTIPS | CBRS_FLYBY | CBRS_SIZE_DYNAMIC);
             m_myDlgBar.EnableDocking(CBRS_ALIGN_ANY);
             DockControlBar(&m_myDlgBar);
    
             return 0;
          }

関連情報

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
99161ClassWizard でないクラスから派生する方法

プロパティ

文書番号: 185672 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbuidesign kbwizard kbmfcctrlbar kbmt KB185672 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:185672
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com