CDONTS を使用して収集し、ユーザーから情報を送信する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 186204 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

.HTM ページでは、ユーザーから情報を収集し、その情報を使用して SMTP 経由コラボレーション データ オブジェクトの Windows NT Server (CDONTS) を使用して受信者にメールを送信する方法を説明する例をこの資料に紹介します。 サンプル コード、Microsoft 管理コンソール (MMC) 既定の SMTP サーバーの構成方法の情報と共に、HTM と ASP ファイルについて説明します。

詳細

構文 CDONTS の NewMail オブジェクトを含むメールの送信は次のとおりです:
   objNewMail.Send([From][, To][, Subject][, Body][, Importance] )

   objNewMail
      Required. This NewMail object.

   From
      Optional. String. The full messaging address to be identified as
      the sender (for example, someone@Microsoft.com)

   To
     Optional. String. A list of full messaging addresses of recipients.
     The individual recipient addresses are separated by semicolons.
     (for example, someone@Microsoft.com)

   Subject
      Optional. String. The subject line for the message.

   Body
      Optional. IStream object or String. The text of the message. Only
      C/C++ and Java programs can use an IStream object for the Body
      parameter. They should pass an IUnknown object that returns an
      IStream interface in response to QueryInterface. Microsoft Visual
      Basic supports the IDispatch interface and not IUnknown, so it
      cannot use an IStream object.

   Importance
      Optional. Long. The importance associated with the message, High,
      Normal or Low.  This article sets the required value depending upon
      which option button the user selects.

				
  1. コピーし、次の HTML コードを CDONTSMail.HTM という名前のファイルに貼り付けます:
          <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML//EN">
          <html>
    
          <head>
          <meta http-equiv="Content-Type"
          content="text/html; charset=iso-8859-1">
          <meta name="GENERATOR"
          content="Microsoft FrontPage (Visual InterDev Edition) 2.0">
          <title>CDONTSMail</title>
          </head>
    
          <body bgcolor="#FFFFFF">
    
          <form action="CDONTSMail.asp" method="POST">
          <table border="0">
             <tr>
                <td>From:</td>
                <td><!--webbot bot="Validation"
                   b-value-required="TRUE" --><input type="text"
                   size="47" name="txtFrom"
                   value="Your internet address (Me@MyCompany.com)"></td>
             </tr>
             <tr>
                <td>To:</td>
                <td><!--webbot bot="Validation"
                   b-value-required="TRUE" --><input type="text"
                   size="47" name="txtTo"
                   value="The recipient's address (You@YourCompany.com)"></td>
             </tr>
             <tr>
                <td>Subject:</td>
                <td><input type="text" size="47" name="txtSubject"
                   value="Enter a subject here"></td>
             </tr>
             <tr>
                <td valign="top">Message:</td>
                <td><textarea name="txtMessage" rows="9" cols="45">
                   Type your message here.</textarea></td>
             </tr>
             <tr>
                <td valign="top">Importance:</td>
                <td><input type="radio" name="optImportance"
                   value="2">High<br>
                   <input type="radio" checked name="optImportance"
                   value="1">Normal<br>
                   <input type="radio" name="optImportance" value="0">Low<br>
                </td>
             </tr>
          </table>
          <p><input type="submit" name="cmdSubmit" value="Submit">
          <input type="reset" name="cmdClear" value="Clear"> </p>
          </form>
          </body>
          </html>
    						
  2. CDONTSMail.ASP という名前のファイルに次の VBScript コードを貼り付けます:
          <%@ LANGUAGE="VBSCRIPT" %>
          <HTML>
          <HEAD>
          <META NAME="GENERATOR" Content="Microsoft Visual InterDev 1.0">
          <META HTTP-EQUIV="Content-Type"
           content="text/html;charset=iso-8859-1">
          <TITLE>CDONTSMail</TITLE>
    
          <%
          Sub Write(strWriteThis)
             'This subroutine just writes out whatever is
             'passed to it.
             response.write(strWriteThis & "<br>")
          end sub
    
          %>
          </HEAD>
          <BODY>
    
          <%
             Dim myCDONTSMail
             Dim strFrom
             Dim strTo
             Dim strSubject
             Dim strMessage
             Dim lngImportance
    
             'The following variable assignments are not required
             'they are just here to make interpretation of the
             'myCDONTSMail.Send line easier.  You could put the
             'Request.Form statements in the .Send line to cut down
             'on the amount of code in the file.
             strFrom=request.form("txtFrom")
             strTo=request.form("txtTo")
             strSubject = request.form("txtSubject")
             strBody=request.form("txtMessage")
             lngImportance = request.form("optImportance")
    
             'The following four lines of code are just here for test
             'purposes to see what variables have been pulled in from the
             'HTM form.
             Write("strFrom = " & strFrom)
             Write("strTo = " & strTo)
             Write("strSubject = " & strSubject)
             Write("strMessage = " & strBody)
             Write("Importance = " & lngImportance)
    
             Set myCDONTSMail = CreateObject("CDONTS.NewMail")
    
             myCDONTSMail.Send strFrom,strTo,strSubject,strBody,lngImportance
    
             Set myCDONTSMail  = Nothing
             Write "Mail has been sent."
             %>
          </BODY>
          </HTML>
    						
    : [NewMail オブジェクトは、送信メソッドを正常に終了すると無効になり、再することはできません利用が別のメッセージ。 メモリを解放する Nothing に設定する必要があります。 CdoE_INVALID_OBJECT に戻る場合、送信 NewMail オブジェクト結果へのアクセスを試みました。
  3. インターネット インフォメーション サービス (IIS) を構成する手順。 (別のコンピューターであることと仮定します)、SMTP サーバー経由で IIS サーバーからメールを送信するためには、次の手順に。

    1. IIS をコンピューターで、Microsoft 管理コンソール (MMC) を開きます。
    2. 左側のペインでインターネット インフォメーション サービスを展開セクション。
    3. 左側のペインで選択して、IIS サーバーを展開します。
    4. 右側のウィンドウで「既定の SMTP サーバー」を右クリックし、[プロパティ] をクリックしてください
    5. 「配信」タブを選択します。
    6. 「完全修飾ドメイン名」テキスト ボックス、入力、IIS コンピュータ名。
    7. 「スマート ホスト」のテキスト] ボックスに、[SMTP サーバーの名前を入力します。
  4. お使いのブラウザーで CDONTSMail.htm ファイルを実行、必要な情報を入力し、[送信] ボタンを [します。

    :] ではフィールドに値を入力する上記のコードは、必要があります。

関連情報

コラボレーション データ オブジェクトのヘルプ;「共同作業データ オブジェクトの NTS コンポーネント」で検索トピック: NewMail オブジェクト (CDONTS ライブラリ)

プロパティ

文書番号: 186204 - 最終更新日: 2005年4月28日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Collaboration Data Objects 1.2 for NT Server
キーワード:?
kbhowto kbmsg kbhtml kbmt KB186204 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:186204
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com