レジストリ チェッカーがレジストリの損傷を検出し続ける

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 186909
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP186909
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows の起動時に、レジストリ チェッカー ツールが次のメッセージを表示することがあります。
Windows のレジストリの設定が破損しています。 Windows を再起動して問題を解決してください。

[OK] をクリックすると、Windows が再起動されて、同じメッセージが再度表示されます。

このとき、リアルモード版のレジストリ チェッカー (Scanreg.exe) をコマンド プロンプトから実行しても、レジストリの損傷が検出されません。Windows Millennium Edition (Me) はリアルモード版の Scanreg.exe をサポートします。

原因

この現象は、コンピュータのメモリに不良があると発生する場合があります。不良メモリにレジストリを読み込むと、メモリ中のレジストリも損傷します。Windows ベース (またはプロテクトモード) のレジストリ チェッカー (Scanregw.exe) では、このメモリ中のレジストリの破損をスキャンしてしまいます。

Scanregw.exe は、メモリ中のレジストリの損傷を検出すると、レジストリが破損しているとしてマークし、次回コンピュータ起動時にリアルモード版の Scanreg.exe が実行されるように設定します。リアルモードでメモリの不良がなければ、Scanreg.exe はレジストリの損傷を検出せずに、Windows を正常に起動できます。

解決方法

メモリ チップの不良が、この問題を引き起こしているかどうかを特定する方法には、次の 2 つがあります。

方法 1

コンピュータのメモリ チップを取り外して交換し、問題が解決するかどうかを調べます。

方法 2

Windows が使用するメモリの最大量を制限してみます。Windows が使用するメモリを制限することで、この問題が解決する場合は、原因はメモリ チップの不良です。Windows が使用するメモリを制限するには、次の手順を実行します。
  1. Windows を Safe モードで再起動します。これを行うには、コンピュータの再起動時に、Windows 98 Startup Menu が表示されるまで Ctrl キーを押したままにし、Startup Menu が表示されたら [Safe Mode] を選択します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順にポイントして、[システム情報] をクリックします。
  3. [ツール] メニューの [システム設定ユーティリティ] をクリックします。
  4. [全般] タブで [詳細設定] をクリックします。
  5. [メモリを制限する] チェックボックスをオンにし、メモリの制限値を 16MB に設定します。

    注 : メモリを 16MB 未満に制限すると、Windows をロードできなくなる場合があります。Windows を正常に起動できない場合は、Windows を Safe モードで起動し、起動時に Shift キーを押したままにして、このオプションを無効にします。
  6. [OK] を 2 回クリックします。
  7. 通常の方法でコンピュータを再起動します。


メモリのトラブルシューティングの詳細については、Microsoft Knowledge Base の次の資料を参照してください。
文書番号 : 134503
タイトル : Parity Error Messages May Indicate Bad Memory

文書番号 : 142546
タイトル : メモリのトラブルシューティングに RAM ドライブを使用する方法

状況

この動作は仕様です。

詳細

起動時にレジストリ チェッカーが自動実行されないように、レジストリ チェッカーを無効にすることができます。レジストリ チェッカーを無効にするには、次の手順に従います。

警告 : Microsoft は、レジストリ チェッカーを無効に設定することをお勧めしません。レジストリ チェッカーは、コンピュータが使えなくなってしまう問題を自動的に回避してくれるツールです。しかし、この資料で説明している現象は、より大きな問題である可能性があり、原因の特定および対策が必要です。
  1. Windows を Safe モードで再起動します。これを行うには、コンピュータの再起動時に、Windows 98 Startup Menu が表示されるまで Ctrl キーを押したままにし、Startup Menu が表示されたら [Safe Mode] を選択します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順にポイントして、[システム情報] をクリックします。
  3. [ツール] メニューの [システム設定ユーティリティ] をクリックします。
  4. [スタートアップ] タブを選択します。
  5. [ScanRegistry] チェック ボックスをオフにします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. Windows を通常どおり再起動します。
レジストリ チェッカーには、Windows ベース (プロテクト モード) と MS-DOS ベース (リアル モード) の 2 つのバージョンがあります。Windows ベースのバージョン (Scanregw.exe) は、レジストリの損傷をスキャンし、データ構造体 (削除済みとしてマーク付けされたキー) を空にし、1 日 1 回起動時に、構成ファイルをバックアップします。このツールは、レジストリの損傷が検出されると、リアルモード版のツールが呼び出されるように損傷フラグをレジストリに設定し、再起動を促すダイアログ ボックスを表示します。レジストリに 500KB を超える空のデータ構造体が含まれる場合、レジストリに最適化フラグが設定され、次回のコンピュータ起動時に、リアルモード版のツールが呼び出され、レジストリが最適化されます。

損傷または最適化のいずれかのレジストリ フラグが設定されている場合、リアルモード版のツール (Scanreg.exe) が起動時に実行されます。損傷フラグが設定されている場合、Scanreg.exe は、レジストリの損傷をスキャンし、最新のバックアップ セットを使用して自動的に復元します。バックアップは一時ファイルにエクスポートされ、現在のファイルに置換される前に損傷のスキャンが行われます。バックアップが損傷している場合は、2 番目に新しいバックアップから復元されます。バックアップがない場合、Scanreg.exe は、エラーや空のデータ構造体を取り除いてレジストリを再構築し、損傷の修復を試みます。最適化フラグが設定されている場合、4KB のプレースホルダを除いた、すべての空のデータ構造体を削除し、レジストリ サイズを小さくします。最適化の際には、レジストリの再構築は行われません。現在のレジストリ内には、プレースホルダとして 4KB が確保されます。

レジストリ チェッカー ツールの関連情報については、Microsoft Knowledge Base の次の資料を参照してください。
文書番号 : 183887
タイトル : Windows レジストリ チェッカー ツール (Scanreg.exe) について

文書番号 : 183603
タイトル : レジストリ チェッカー ツールの設定をカスタマイズする方法

文書番号 : 184023
タイトル : メモリのトラブルシューティングに RAM ドライブを使用する方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 186909 (最終更新日 2000-09-07) をもとに作成したものです。

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 186909 - 最終更新日: 2011年1月5日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbhw kbprb kbtool win98 KB186909
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com