[XADM] インフォメーション ストア内の回復可能のアイテムのサイズを確認する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 188637 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Microsoft Exchange Server 5. 5 は、ユーザーを削除済みアイテムを回復できるアイテムの復元と呼ばれる新しい機能は。

いない実際には、プライベートまたはパブリック インフォメーション ストアから削除しますが、のみ非表示、クライアントからのアイテムが削除されるアイテムの復元が有効な場合。 これら削除済みアイテムのユーザーのメールボックスのクォータに向かってされなくカウントします。 これは、可能性、情報のサイズとは当初、ユーザーと各メールボックスに対するメールボックスのクォータの数に応じてを超えて拡大するストア データベースがあります。

ここでは、インフォメーション ストア内で領域の量が修復済み (回復可能なアイテム) できる削除済みアイテムによって占有を判断できる方法について説明します。

詳細

Microsoft Exchange Server 5. 5 管理プログラムを使用して、次の手順を実行するにより プライベート インフォメーション ストア のプロパティのメールボックスのリソースからユーザー単位の削除済みアイテムの数を判別できます。
  1. Exchange Server 管理ツール] の構成]、[サーバー ] を展開し、 サーバー オブジェクトを選択します。
  2. 展開サーバー オブジェクトをクリックして、プラス記号 ( + ) server name の横にします。
  3. 展開、 プライベート インフォメーション ストア オブジェクトをクリックして、プラス記号 ( + ) プライベート インフォメーション ストア の横にあります。
  4. メールボックスのリソース オブジェクトをクリックします。
  5. 各メールボックスの情報が管理プログラムの右側のウィンドウで表示されます。
  6. ビュー に、[ 削除済みアイテム (KB) ] </a0> 列が表示されない場合] の を選択します。 [] ダイアログ ボックスが表示されます。
  7. 使用可能な列 の一覧から 削除済みアイテム (KB) を選択、[ 追加 ]、 [OK] をクリックします。
  8. 各メールボックスの回復可能な項目を使って領域のサイズを表示することはようになりました。 この領域は、メールボックス格納域の制限に向かってカウントされないこと注意してください。
  9. ファイルにエクスポート、メールボックスのリソース情報を区切り記号。
    1. [ Exchange Server 管理ツール の作業ウィンドウ右] をクリックして] ウィンドウ。
    2. [ ファイル ] メニューの [ ウィンドウの内容を保存 します。
    3. ファイル名前を入力して [ 保存 ] をクリックします。
    4. メールボックスのリソース データは、指定したファイルに保存されます。
使用領域の合計と回復可能な項目で使用される領域の容量をグラフできますたとえば、ファイル内のデータを操作できるスプレッドシートを希望どおりでです。 これにより、現在のアイテムの復元設定を変更するかどうかに関する情報。

上記の手順では、プライベートまたはパブリック ストアの回復可能なアイテムによって占有領域の総量提供されません。 回復可能な項目で使用される総容量は 2 つの方法のいずれかで判断できます。
  • スプレッドシートに上記の手順で作成したデータ ファイルをインポートし、列のデータを合計します。 これにより、回復可能な項目で使用される総容量。
  • Microsoft Exchange Server のパフォーマンス モニター カウンターは、使用します。 両方がプライベートおよびパブリック情報ストア オブジェクト、MSExchangeIS プライベートと MSExchangeIS パブリックは、次の合計数と、プライベートおよびパブリック ストアの回復可能なアイテムの合計サイズにデータを提供するカウンターがあります。
    回復可能項目の合計数
    回復可能項目の合計サイズ

プロパティ

文書番号: 188637 - 最終更新日: 2014年2月9日 - リビジョン: 3.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Service Pack 2
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbmt KB188637 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:188637
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com