情報: FILETIME 構造体での作業

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 188768
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

特定の日付と時刻ので、特定のファイルが、ファイル時刻を表すアクセス、または最終書き込みは、最後に作成されました。ファイルの時間の内にFILETIME 構造体。この構造体は、さまざまな Win32 API 呼び出しで使用されます。

詳細

FILETIME 構造体からの 100 ナノ秒間隔の数を表す1601 年 1 月 1 日から。構造体の 2 つの 32 ビット値で構成されています、1 つの 64 ビット値に結合します。
   typedef struct _FILETIME {
     DWORD dwLowDateTime;
     DWORD dwHighDateTime;
   } FILETIME;
				
FILETIME 構造体からの 100 ナノ秒間隔に基づいていることに注意してください。そのファイル時刻を使用すると、次の記号を定義すると便利です。たとえば。
   #define _SECOND ((int64) 10000000)
   #define _MINUTE (60 * _SECOND)
   #define _HOUR   (60 * _MINUTE)
   #define _DAY    (24 * _HOUR)
				

Arithmetics ファイルを実行します。

多くの場合、ファイルの時刻で、単純な計算を実行するために必要です。のたとえば、ファイルが 30 日を経過したときに知っている必要があります。実行するのにはファイル時刻の算術演算を、quadword へ、FILETIME に変換する必要があります。(64 ビット整数) 演算を実行し、結果を変換FILETIME に戻る。

フィートと仮定すると、ファイルの作成日時を含む、FILETIME 構造体は、次のサンプル コードに 30 日間が追加されます。
   ULONGLONG qwResult;

   // Copy the time into a quadword.
   qwResult = (((ULONGLONG) ft.dwHighDateTime) << 32) + ft.dwLowDateTime;

   // Add 30 days.
   qwResult += 30 * _DAY;

   // Copy the result back into the FILETIME structure.
   ft.dwLowDateTime  = (DWORD) (qwResult & 0xFFFFFFFF );
   ft.dwHighDateTime = (DWORD) (qwResult >> 32 );
				

ファイルの時刻を設定します。

SetFileTime() 関数を使用して、ファイルのファイルの時刻を設定できます。
   BOOL SetFileTime(
     HANDLE hFile,                     // Handle to the file.
     CONST FILETIME *lpCreationTime,   // Time the file was created.
     CONST FILETIME *lpLastAccessTime, // Time the file was last accessed.
     CONST FILETIME *lpLastWriteTime   // Time the file was last
                                       // written to.
   );
				
この関数で作成を変更するには、最後のアクセス、および最終回を書き込みすることができます。ファイルの内容を変更せずします。この機能を使用するにはハンドルは、開いているファイルをあります。このファイル ハンドルから取得するにはCreateFile() または OpenFile() を呼び出してください。ファイルを開く必要があります。GENERIC_WRITE アクセスします。ファイルの時刻が設定されている場合、必要があります。CloseHandle() への呼び出しによって、ファイル ハンドルを解放します。

SzFilename で有効なファイル名と、ft は、FILETIME 構造体と仮定すると、次のサンプル コード、作成日、ファイルの時間の設定します。フルテキスト処理に含まれています。
   BOOL bResult;
   HANDLE hFile = CreateFile( szFilename,
      GENERIC_WRITE, // The file must be opened with write access.
      FILE_SHARE_READ | FILE_SHARE_WRITE, NULL, OPEN_EXISTING, 0, NULL );

   if (hFile != INVALID_HANDLE_VALUE) {
      bResult = SetFileTime( hFile, &ft, NULL, NULL );
      CloseHandle(hFile);
   }
				

ファイルの時刻を表示します。

ファイル時刻は世界標準時 (UTC) に基づいています。UTC ベースの時間疎として現在の日付と時刻をグリニッジ標準時で定義されている、イングランド。ほとんどの場合ファイルの時刻を表示する必要ローカルの時刻 (つまり、日付とタイム ゾーンの時刻を)。するにはこれを行うには、FileTimeToLocalFileTime() を次のように使用できます。
   BOOL FileTimeToLocalFileTime(
     CONST FILETIME *lpFileTime,  // Pointer to UTC file time to convert.
     LPFILETIME lpLocalFileTime   // Pointer to converted file time.
   );
この関数は、現在の設定のタイム ゾーンを使用すること注意して夏時間。したがって、夏時間、ならばこれ関数は考慮夏時間、場合でも、時間、されている標準時間の変換します。

ファイル時刻は、有意義な方法で表示するには、まず、変換する必要があります。システムの時刻には次のとおり FileTimeToSystemTime() を使用してください。
   BOOL FileTimeToSystemTime(
     CONST FILETIME *lpFileTime, // Pointer to file time to convert.
     LPSYSTEMTIME lpSystemTime   // Pointer to structure to receive
   );                            // system time.
				
日付と時刻の各を使用して、SYSTEMTIME 構造体を表すメンバーは、月、日、年、曜日、時間、分、秒、およびミリ秒。

それも一貫した形式で日付と時刻を表示することをお勧め現在のロケールがシステムで選択が。使用してこれを行うことができます。GetDateFormat() と GetTimeFormat() としては、次のようにします。
   int GetDateFormat(
     LCID Locale,              // Locale for which date is to be formatted.
     DWORD dwFlags,            // Flags specifying function options.
     CONST SYSTEMTIME *lpDate, // Date to be formatted.
     LPCTSTR lpFormat,         // Date format string.
     LPTSTR lpDateStr,         // Buffer for storing formatted string.
     int cchDate               // Size of buffer.
   );

   int GetTimeFormat(
     LCID Locale,              // Locale for which time is to be formatted.
     DWORD dwFlags,            // Flags specifying function options.
     CONST SYSTEMTIME *lpTime, // Time to be formatted.
     LPCTSTR lpFormat,         // Time format string.
     LPTSTR lpTimeStr,         // Buffer for storing formatted string.
     int cchTime               // Size of buffer.
   );
				
LOCALE_USER_DEFAULT は、最初のパラメーターとして関数に渡すことにより、既定値に渡された日付と時刻の書式を設定するのに教える現在のロケールの形式です。NULL を渡すことができますここで、lpFormat のパラメーターです。

Ft の前提とすると、UTC 値、次を含む、FILETIME 構造体のです。サンプル コードはフィートに格納されている日付を印刷します。
   SYSTEMTIME st;
   char szLocalDate[255], szLocalTime[255];

   FileTimeToLocalFileTime( &ft, &ft );
   FileTimeToSystemTime( &ft, &st );
   GetDateFormat( LOCALE_USER_DEFAULT, DATE_LONGDATE, &st, NULL,
     szLocalDate, 255 );
   GetTimeFormat( LOCALE_USER_DEFAULT, 0, &st, NULL, szLocalTime, 255 );
   printf( "%s %s\n", szLocalDate, szLocalTime );
				

プロパティ

文書番号: 188768 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbinfo kbapi kbdatetime kbkernbase kbfileio kbmt KB188768 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:188768
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com