Internet Explorer を使用しての「内部エラーが発生しました」エラー メッセージ

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 188952
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

ダイヤルアップ接続では、Internet Explorer を使用している場合は、Web サイトを表示しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
Internet Explorer は、インターネット サイトを開くことができません。 サイト名.内部エラーは、Windows のインターネット拡張でが発生しました。
クリックすると、 [OK]は、「ナビゲーション キャンセル」のページを Internet Explorer に表示します。

原因

この現象は、次のいずれかで発生します。
  • ダイヤルアップ接続を確立した後、Net.Medic 1.x で VitalSigns のソフトウェアを起動するとが、Internet Explorer を起動する前にします。
  • 正しくないバージョンの Wsock32.dll ファイルがインストールされている、コンピューターです。
  • ルート フォルダー内の Wsock32.dll ファイルの 2 番目のコピーは。
  • Winsock 2.0 の更新プログラムがコンピューターに正しくインストールされていません。
  • レジストリの Winsock2 キーが破損しています。
  • コンピューターの Winsock.dll ファイルの複数のコピーがあります。
  • TCP/IP がインストールされていません。

解決方法

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

この問題を解決するには、適切なメソッドを使用します。

Net.Medic を使用します。

  1. コンピューターを再起動します。Windows 95 または Windows 98 の起動時の画面が表示されたら、キーを押すし、Windows の起動中には、SHIFT キーを押しします。
  2. ユーザー名とパスワードの起動時に求められたら、SHIFT キーを放すし、は、通常、ログオン情報を入力してください。前にクリックします。 [OK]を押しながら SHIFT キーを押しながらもう一度します。
  3. Net.Medic が起動していないことを確認した後、接続は、インターネットと VitalSigns ソフトウェアの Web サイトから更新プログラムをダウンロードします。

正しくないバージョンの Wsock32.dll ファイル

  1. クリックしてください。 開始をクリックして シャット ダウンをクリックして"MS-DOS でコンピューターを再起動します。モード、"し、 [はい] または [OK].
  2. MS-DOS プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します
    ドライブ:
    場所 ドライブ: Windows がインストールされているドライブのドライブ文字です。たとえば、Windows がドライブ C にインストールされている場合を入力します。 c:.
  3. 各コマンドの後 ENTER キーを押します、次のコマンドを入力します。
    cd\windows\system

    ren wsock32.dll wsock32.old

    終了
  4. Windows \system に Wsock32.dll ファイルの新しいコピーを抽出します。フォルダーです。Windows 95 を使用している場合は、Wsock32.dll ファイルを抽出できます。次の場所:

    • Windows 95 の cd-rom、Win95_11.cab キャビネット ファイル
    • Win95_12.cab キャビネット ファイルには、元の Windows 95 DMF ディスク
    • 元 Windows 95 DMF 以外の Win95_19.cab キャビネット ファイルディスク
    • Windows 95 OEM サービス リリース 2 CD-ROM 上の Win95_18.cab キャビネット ファイル
    Extract ツールの使用方法の詳細については、参照次してください。資料は、マイクロソフト サポート技術。

    129605 元の圧縮された Windows ファイルを抽出する方法
    Windows 98 を使用している場合は、Wsock32.dll ファイルを抽出します。システム ファイル チェッカー ツール。ください、システム ファイル チェッカー ツールの使用に関する詳細について[システム ファイル チェッカー ツール」を参照してくださいセクションの以下の資料には、技術情報:

    129605 元の圧縮された Windows ファイルを抽出する方法
  5. 通常は、コンピューターを再起動します。

2 番目のコピーのルートフォルダー内の Wsock32.dll

この問題を解決するには、Wsock32.dll ファイルのルート フォルダーに名前を変更します。Wsock32.old、し、コンピューターを再起動します。詳細についてファイル名の変更をクリックします。 開始をクリックして ヘルプをクリックして、 インデックス タブの種類 名前の変更、、をダブルクリックして、"ファイル名の変更"トピック。

Winsock 2.0 の更新プログラムが正しくインストールされていません

Ws2bakup.bat ファイルを使用して、Winsock の更新プログラムを削除します。関連情報については、マイクロソフト サポート技術、次の資料を参照してください。
191064 IP ベースを実行すると、エラー メッセージ ユーティリティまたはプログラム

レジストリの Winsock2 キーが破損しています。

  1. ダイヤルアップ ネットワークをアンインストールします。
  2. レジストリ エディターを使用すると、次のキーを削除します。
    HKEY_Local_Machine\System\CurrentControlSet\Services\Winsock2
  3. キーを削除した後、ダイヤルアップ ネットワークを再インストールします。

Winsock.dll ファイルをコンピューター上の複数のコピー

  1. クリックしてください。 開始、ポイント 検索、し ファイルまたはフォルダー.
  2. で、 名前付き ボックスの種類 winsock.dll.
  3. で、 [ファイルの場所します。 ボックスで、をクリックしてください ローカルのハード ドライブ.
  4. クリックしてください。 検索開始.
  5. Windows フォルダーに、ない Winsock.dll ファイルを右クリックしをクリックしてください 削除.各 Windows フォルダーではありません、Winsock.dll ファイルのコピーを繰り返します。

TCP/IP がインストールされていません

TCP/IP をインストールします。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント 設定、し コントロール パネル.
  2. ダブルクリック ネットワーク.
  3. クリックしてください。 追加をクリックして プロトコル、し 追加.
  4. で、 メーカー ボックスで、をクリックしてください マイクロソフト.で、 ネットワーク プロトコル ボックスで、をクリックしてください TCP/IP、し [OK].
  5. クリックしてください。 [OK]、し [はい] コンピューターを再起動するされたら、します。

状況

VitalSigns ソフトウェア Net.Medic に問題があることこのとして認識していますバージョン 1.x。

詳細

この資料で説明するサードパーティ製品の製造元はマイクロソフトと関連のベンダーです。私たち黙示の保証責任も負わないかそれ以外の場合は、この製品のパフォーマンスや信頼性に関連します。

この資料に記載サード パーティ製の連絡先情報を提供します。テクニカル サポートを見つけることにします。この連絡先の情報予告なく変更されることがあります。Microsoft でないことの保証、このサード パーティ連絡先情報の精度。

プロパティ

文書番号: 188952 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kberrmsg kbprb kb3rdparty kbmt KB188952 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:188952
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com