情報: Visual Basic に他の Windows アプリケーションとの通信に DDE を使用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 189498
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Visual Basic プログラムからダイナミック データ エクス チェンジ (DDE) を使用する方法について説明します。相互より強力かつ堅牢な信頼性の高い通信間 OLE を使うアプリケーションで Visual Basic を提供していますが、まだ以前の DDE テクノロジーをサポートします。DDE をリンクやプログラム間でデータを共有できます。

OLE を使用して、他のアプリケーションと通信するためには、Visual Basic に DDE を使用するよりもより良いです。OLE では、DDE よりも優れたパフォーマンスを提供します。プログラムが OLE オートメーションをサポートしている場合は、「オブジェクト プログラム (コード) を操作するために使用できるモデル」を完全なアクションを公開します。DDE は OLE をサポートしていない可能性があります DDE をサポートして古いプログラムとの通信に便利ですし、16 ビット プログラムの多くがこれに該当します。

マイクロソフトは、DDE の代わりに OLE Visual Basic プログラムを開発するいると別のプログラムでの通信に使用することをお勧めします。ただし、場合必要がありますまたは DDE を使用することがあります時間があるので、ここは Visual Basic プログラムから DDE を使用する方法を説明します。

詳細

Visual Basic は、コマンドやキー操作、DDE をサポートしている任意のプログラムでデータを交換できます。DDE リンクには、次の 3 つが必要です。
  • プログラム名
  • トピック
  • 項目
プログラム名を実行可能ファイル (.exe) でファイルの拡張子は .exe マイナス ソース プログラムのファイル名。トピックに交換されているデータの種類について説明します。トピックは、DDE ソース アプリケーションに固有です。ただし、「システム」とはどのようなトピックは、特定のプログラムではクエリを実行することができる 1 つのユニバーサル トピックです。Item パラメーターは、転送される実際のデータです。Visual Basic では、トピックのテキスト ボックスがあるフォーム アイテムとして考えられます。Microsoft Excel では、トピック、スプレッドシートでセルをアイテムとして考えられます。変更を解除するため、DDE リンクが確立された後は、アプリケーション名とトピックは変更できません。Item パラメーター [DDE リンクを破壊せずに有効な項目を DDE 会話中に変更できます。

Visual Basic に固有の LinkTopic プロパティは、プログラム名、トピックのパラメーターの組み合わせを提供します。は、 LinkTopic プロパティは ラベル, PictureBox、または テキスト ボックス コントロール、DDE 接続を通じてデータを共有できます。プログラム名とトピックのパラメーターの区切り記号としてパイプ記号 (|) を使用して結合されます。たとえば、システム トピックを使用して、元のプログラムと、Microsoft Word で DDE リンクを作成します。は、 LinkTopic プロパティは、テキスト ボックスのようになります。
Text1.LinkTopic="WinWord|システム"
Visual Basic、DDE リンクの作成元のアプリケーションの場合、 LinkTopic 共有するのには、コントロールを含むフォームは、既知の名前に設定されています。この既知の名前使用されます、 LinkTopic Visual Basic リンク先アプリケーションのトピックの情報と」。たとえば、データにアクセスするから、 LinkTopic "DDELink"に設定されて、Visual Basic のコピー先のプログラムで一致するコントロール必要があります、 LinkTopic 設定"プログラム名|DDELink"。

は、 LinkItem プロパティは、item パラメーターが DDE 接続に対応し、このプロパティを設定するのには、対応するアイテムの元のプログラム、たとえば、「合計」セルを Excel スプレッドシートにします。は、 LinkItem コピー先のプログラムで使用されるコントロールのプロパティが設定されます。Visual Basic フォーム、元の DDE 接続の場合は、フォーム上のコントロールの名前は、引数 item でコピー先のプログラムで使用される program|topic|item の文字列です。Visual Basic はソースと宛先の両方のプログラムとして使用されている場合、 LinkItem Visual Basic ソース プログラム内のコントロールの名前をコピー先のプログラムのプロパティを設定します。たとえば、ソースとリンク先アプリケーションとという名前のテキスト ボックスとして使用される Vba で txtSource ソース プログラムの対応する項目 txtData テキスト ボックスにコピー先のプログラムがあります、 LinkItem プロパティを設定するのには txtSource:
txtData.LinkItem"txtSource"=
接続を確立するには、情報を更新するメカニズムを設定する必要があります。DDE 接続では、3 種類のリンクがあります。
  • 自動
  • マニュアル
  • 通知
ソースが変更されるたびに自動リンク先の情報を更新します。移動先のデータを要求することは、手動でリンクする必要があり、通知元データが変更されたが、実際にはコピー先のプログラム内の情報は更新されません、リンク先アプリケーションに通知します。自動更新プログラムを 1 つの例外は、 Picturebox コントロールです。Visual Basic は、自動的に DDE 先通知しないプログラムの場合、 画像 プロパティの設定値は、 PictureBox フォーム上にソースを変更します。画像のデータ量が非常に大きくなることができ、ほとんど変更画像の各ピクセルには、コピー先のプログラムを更新するにするため、Visual Basic を使用することを必要とするため、 LinkSend DDE デスティネーションに明示的に通知する方法のプログラムの内容は、 PictureBox 変更します。

DDE リンクが確立された後は、いくつかのメソッドおよびイベントのソースとコピー先のプログラム間でのデータの送信方法を制御するために使用できる Visual Basic では。

メソッド

LinkRequest: 同期先の項目の内容を更新するのには、作成元アプリケーションに要求します。
LinkExecute: は、元のアプリケーションにコマンド文字列を送信します。
LinkPoke: 項目コントロールのコンテンツは作成元アプリケーションに転送します。通常、DDE 通信の情報ソースから先に流れます。ただし、 LinkPoke データ ソースを提供することで目的のオブジェクトを提供します。
LinkSend: の内容を転送します。 PictureBox リンク先アプリケーションに DDE 対話を制御します。

イベント

LinkOpen: DDE リンクが初期化されたときに発生します。
LinkClose: DDE リンクが終了したときに発生します。Dde でいずれかのプログラムのリンクはいつでも終了できます。
LinkError: DDE 会話中にエラーがある場合に発生します。このイベントは、Visual Basic のコードが実行されていない場合に発生する、DDE 関連のエラーの結果としてのみ認識されます。エラー番号は引数として渡されます。
LinkExecute: によって、リンク先アプリケーションに dde コマンド文字列が送信されたときに発生します。コピー先のプログラム文字列で記載されている操作を実行するには、ソース プログラムを期待しています。
LinkNotify: が発生した場合は、DDE リンクを定義したデータ ソースが変更された場合、 LinkMode 移動先のコントロールのプロパティへの通知が設定されています。

関連情報

Visual Basic から Visual Basic、Word や Excel などの他のアプリケーションに DDE 接続を作成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには以下の記事番号をクリックしてください。
74861 Visual Basic のアプリケーション間での DDE クライアント/サーバの例
74862 Visual Basic と Word for Windows の間での DDE 例
75089 Visual Basic for Windows から DDE を Excel for Windows
MSDN に DDE メソッド、プロパティ、および Visual Basic 6.0 でサポートされているイベントに関するドキュメントが含まれています。MSDN では、「アクティブなサブセット」を設定する「Visual Basic のマニュアル」をクリックして、 インデックス タブを入力し、 DDE.使用可能なトピックは、Visual Basic 6.0 に適用されます。

Visual Basic 5.0 をクリックします。 オンライン ブック で、 ヘルプ メニューです。Books Online が表示されたらをクリックします。 インデックス で、 ビュー メニューです。インデックス検索ブラウザーが表示されたらを入力します。 DDE.

プロパティ

文書番号: 189498 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbenv kbmt KB189498 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:189498
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com