[XCLN Outlook 展開キット (ODK) セットアップ コマンド ライン オプション

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 189520 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Outlook 98 の展開ウィザードを使用して 1 つを作成するか、Outlook 98 のインストールをカスタマイズの詳細は、セットアップ プログラムをコマンドラインから実行できます。 した場合、パラメーターを標準のインストールを選択またはサイレント モード (削除または受信したユーザーは、指示を減少) を指定するなどの特定のオプションを指定するためのコマンドに追加できます。

詳細

コマンドラインからセットアップ プログラムを実行するには、以下行います。

  1. Windows 95 または Windows NT Workstation 4. 0 では、[スタート] をクリックし、ファイル名を指定して実行します。
  2. 単語、セットアップを続けてからインストールする場所を入力します。 たとえば、 x:\setup x:\ol98\setup です。
に、コマンド ライン オプションを追加する場合、コマンドの後入力します。 たとえば、Quiet モードでセットアップを実行する x:\setup/Q を入力します。

: 自動実行画面が language\Packages フォルダーから、適切な Setup.exe を実行する、カスタマイズされた ODK パッケージの \CD フォルダーにある Setup.exe を [ユーザーと (たとえば、英語の場合、開始、されます \CD\EN\Packages\Setup.exe)。 パッケージ フォルダーにある Setup.exe を実行すると self-extracts し、ウィザードで定義したカスタム設定で Outlwzd.exe を実行します。

コマンド ライン スイッチを使用して、どのように両方 Setup.exe を制御することができ、Outlwzd.exe ファイルが実行されます。 たとえば、コマンド ライン スイッチを使用して、インストール モードを選択、Quiet モードを指定またはインストール後にコンピューターを再起動かどうかを制御できます。 また、コマンド ライン スイッチなし (このパッケージが必要なだけ、スイッチは /Q ) カスタマイズ ODK パッケージを使用できます。

次コマンドを実行するとき、Quiet モード インストールは true Quiet インストールを実行しない場合
c:\"packagedirectory"\setup.exe/Q
次のコマンドをし実行します。
c:\"packagedirectory"\cd\en\packages\setup.exe/Q
完全パスが正しく動作するインストールをサイレント モードに必要な場合があります。

Setup.exe のコマンド ライン オプション説明

Setup.exe では、コマンド ライン スイッチを使用、Wextract、インターネットの高速テクノロジに基づいて抽出ユーティリティを使用します。 次の表、頻繁に使用される Wextract コマンド ライン オプションです。
Command-line option  Description
/C:<>                Path and name of the Setup .inf or .exe file
/Q                   Quiet mode
/R:A                 Always restart
/R:N                 Never restart
/R:S                 Silent restart
/T:<directory path>  Target folder for extracting files
				

Outlwzd.exe のコマンド ライン オプション説明

Outlwzd.exe では、コマンド ライン スイッチの 2 番目のグループが使用されます。 次の表は、Outlwzd.exe コマンド ライン オプションです。

コマンド ライン オプションの説明

/I: [Y/N] には、Windows デスクトップのアップデートをインストールするかどうかを示します。 設定このオプションが指定されていないが、ユーザーのコンピューターの前の状態と一致するこのオプションを使用することができます既定の動作をオーバーライドし、Windows デスクトップのアップデートがオンかオフかどうかを明示的に定義します。

/L、Web のインストールで使用される、Outsites.dat を指定します。 このオプションはダウンロード サイトを識別する、Outsites.dat ファイルを指す (例:/L:"www.somewebsite.com/Outsites.dat")。

/M: [0|1|2|3...] インストール モードを指定します。 カスタマイズされた ODK パッケージ、0 は、最初のインストール オプション指す; 1; 2 つ目の選択肢を指すという (たとえば、0 = 最小限、1 = 標準、2 = 完全)。 0 を指定すると、Windows デスクトップのアップデートはインストールされません (指定と同じ、またはする: N 個のオプション)。

/N MS-DOS 形式以外の名前には、Outlwzd.exe の開始動作を指定します。 /N MS-DOS 形式以外の名前のオプションと Outlwzd.exe を以前のインストールのバージョンを無視して Olmaint.exe を開始できません。 /N-option と Outlwzd.exe を以前のインストールのバージョンを無視して Olmaint.exe を起動します。

/Q サイレント「ハンド フリー」バッチ モードを指定します。 指定されていない情報については、表示されます。 正しく構成されている Setup.ini ファイルは、このオプションが機能するために必要です。

/R は必要な場合に Outlwzd.exe を再起動するかどうかを指定します。 このオプションを常に再起動する Outlwzd.exe を強制的に使用することはできませんでただし、することができます、/R: N オプションを使用してすべてのケースで再起動ならない Outlwzd.exe を強制的にします。 再起動を抑制する場合、プログラム注意が必要、コンピューターを再起動、コンピューターが再起動されるまで Outlook が正しく構成されません。

/S:"# e"] Outlwzd.exe のソース パスを入力します。 ""# e""とは、完全なパスおよび.exe ファイルの名前を指します。

/U:"<path>"をインストール キャビネット (.cab) ファイルのパス (ファイルまたは汎用名前付け規則の形式でネットワーク) を指定します。 CD-ROM インストールの場合は/U を使わないでください。

/X し、デスクトップ、スタート メニューの [クイック起動バーの Internet Explorer アイコンなし Internet Explorer をインストールします。 また、Internet Explorer のバージョン番号が設定下、されているためアクティブ セットアップが同じバージョンの Internet Explorer が配信される場合は、それを更新ましょう。

注: コマンド ライン オプションを使用するとのありますこの重要な考慮事項。

/S スイッチが Outlwzd.exe で必要になります。 このスイッチでないユーザー、CD ではなく Web インストール モードに戻っていない正しいプロダクト識別コード情報を取得、操作を行います。

Setup.exe の /Q スイッチを使用する場合 Outlwzd.exe/Q も実行されます。 構成されている Setup.ini ファイル操作を行いましているしない場合に、エラー メッセージが表示されます。

Outlwzd.exe スイッチを使用している場合 Setup.exe /C スイッチと共に実行する必要があります。 /C スイッチ内スイッチ Outlwzd.exe で実行を指定できます。

一部のサンプル シナリオを示します

次の式は、3 番目のインストール オプションを実行します。
setup.exe/C:"outlwzd.exe/S:"# e"/M:2"
次の式にはユーザー プロンプトとなしの再起動後、サイレント インストール実行しません。
setup.exe の/Q/C:"outlwzd.exe/S:"# e"/Q/R: N"
注: 引用符の位置が重要なであり、パスが 2 組の二重引用符で囲まれていること。

関連情報

Outlook は、印刷とオンラインの両方の形式で包括的な製品ドキュメントを提供します。 特定の Outlook の機能を使用する方法については、製品付属オンライン ヘルプを参照してください。

プロパティ

文書番号: 189520 - 最終更新日: 2014年2月9日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 98 Standard Edition
  • Microsoft Exchange Server 5.5 Service Pack 1
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbmt KB189520 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:189520
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com