エラー メッセージ "例外0E が 0028:<XXXXXXXX> で発生しました。"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 189655 - 対象製品
表示されるエラー メッセージの説明がこの資料に記載されていない場合、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照して、エラー メッセージを説明している他の資料を参照してください。
315854 Windows 98 および Windows Me のエラー メッセージ リソース センター

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを編集する前に、問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。復元方法の詳細については、Regedit.exe のヘルプの「レジストリを復元する」、または Regedt32.exe のヘルプの「レジストリ キーを復元する」を参照してください。

Windows 98 の重大な例外 0E エラーに関する資料の一覧を参照するには、次のリンクをクリックしてください。
Windows 98 の致命的な例外 0E に関する資料の一覧を参照するには、ここをクリックしてください。

Windows Me の重大な例外 0E エラーに関する資料の一覧を参照するには、次のリンクをクリックしてください。
Windows Me の致命的な例外 0E に関する資料の一覧を参照するには、ここをクリックしてください。
重要 : この資料には、コンピュータのセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピュータのセキュリティ機能を無効にする方法が記載されています。これらの変更によって特定の問題を回避できますが、これらの変更を行う前に、記載された回避策を現在の環境に使用した場合の危険性を評価することをお勧めします。この資料の回避策の使用を決定した場合は、記載されている手順以外にも、システムを保護するための適切な手順を実行してください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows をインストール後、Windows を起動したときに、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
例外0E が VXD SYMEvent(02) + XXXXXXXX の 0028:XXXXXXXX で発生しました。

原因

この問題は、古いバージョンの Symantec プログラム (Norton AntiVirus など) がインストールされている場合に発生することがあります。

解決方法

警告 : この資料に記載された回避策を適用することにより、悪意のあるユーザーやウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をコンピュータまたはネットワークが受けやすくなる場合があります。この資料の情報は、ユーザーが記載されている回避策を自己の判断で使用することを前提に提供されているものであり、この回避策をお勧めするものではありません。この回避策は、自己の責任においてご使用ください。

: ウイルス対策ソフトウェアは、ウイルスからコンピュータを保護するのに役立ちます。信頼できないソースからファイルを開いたり、ダウンロードしたりしないでください。また、信頼できない Web サイトへのアクセスは行わないようにしてください。ウイルス対策ソフトウェアが有効になっていない場合は、電子メールの添付ファイルを開かないようにしてください。

コンピュータ ウイルスの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
129972 [コンピュータ ウイルス] 解説、予防、および回復
警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

レジストリの編集方法の詳細については、レジストリ エディタ (Regedit.exe) のヘルプの「キーと値の変更」、または Regedt32.exe のヘルプの「レジストリ情報の追加と削除」と「レジストリ情報の編集」を参照してください。編集する前にレジストリのバックアップを行うようにしてください。

この問題を解決するには、以下の手順に従って Symantec Symevnt.386 ファイルを無効にします。
  1. レジストリ エディタを起動して次のレジストリ キーの存在を確認し、存在する場合はキーを削除します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\VxD\SymEvnt
  2. [スタート] メニューの [ファイル名を指定して実行] をクリックし、sysedit と入力して、[OK] をクリックします。
  3. [ウィンドウ] メニューの [System.ini] をクリックします。
  4. [検索] メニューの [検索] をクリックします。
  5. [検索する文字列] ボックスに symevnt.386 と入力して Enter キーを押します。
  6. "symevnt.386" という文字列を含む行の先頭に、セミコロン (;) を挿入します。
  7. [ファイル] メニューの [上書き保存] をクリックしてから、[ファイル] メニューの [システム エディタの終了] をクリックします。
  8. コンピュータを再起動します。
  9. セットアップが正常に終了したら、Symantec プログラムを再インストールします。引き続き問題が発生する場合は、Symantec に問い合わせてください。

詳細

Symevnt.386 ファイルは、Symevnt.386、Symevnt1.dll、S32evnt1.dll の 3 つのファイルで構成される "Symantec イベント ハンドラ" の一部です。これらの Norton ファイルによってシステム情報が監視され、Norton AntiVirus などの Symantec ユーティリティにシステム情報が通知されます。 この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

Norton 製品の更新に関する詳細情報を参照するには、次の Symantec Web サイトにアクセスしてください。
http://www.symantec.com/ja/jp/index.jsp
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、将来予告なしに変更されることがあります。マイクロソフトは、掲載している情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 189655 - 最終更新日: 2006年10月13日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Millennium Edition
  • Microsoft Windows 98 Standard Edition
  • Microsoft Windows 95
キーワード:?
kb3rdparty kberrmsg kbfaq kbfatalexerr0e kbprb KB189655
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com