Spool32 エラー メッセージのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 191949
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP191949
この資料では、表示されるエラー メッセージについては説明しません、エラー メッセージについて説明するその他の資料を表示するのには、次のマイクロソフト サポート技術資料参照してください。
315854 Windows 98 および Windows Me のエラー メッセージ リソース センター
この資料で、ハードウェア関連の問題については説明しません、他のハードウェアについての資料を表示するのには、次マイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/default.aspx/w98?sid=460
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

印刷または印刷に関連したプロシージャを実行しようとしたときに表示される、次のエラー メッセージのトラブルシューティングを行う方法についても説明します。
SPOOL32 モジュール Kernel32.dll で一般保護違反の原因にアドレス.

SPOOL32 モジュール Kernel32.dll でページ違反の原因にアドレス.

SPOOL32 が原因、スタック フォールト モジュール Kernel32.dll で アドレス.

詳細

Spool32.exe が管理する 32 ビットの Windows 95 または Windows 98 コンポーネントを印刷ジョブをスプールします。スプールには、コンピューターのプロセッサ切り替えることができます。一時的に、ハード ディスクに、プリンターに送信する前に保存して、印刷ジョブを処理します。その結果、プロセッサはプログラムは、プログラム全体の印刷ジョブを処理し、直接プリンターに送信した場合よりもはるかに高速の速度で印刷するのにコントロールを返すことができます。何かが正常にスプールされている印刷ジョブを妨げている場合は、Spool32 エラー メッセージに発生します。

「現象」に記載されているエラー メッセージをトラブルシューティングするには、ステップ 1 での手順と、もう一度印刷していますみます。引き続きエラー メッセージが表示される場合は、ステップ 2 で指示し、もう一度印刷してみます。問題が解決しない場合は、各手順の後のテスト、次の手順に進みます。
  1. すべてのドライバーと、必要のないプログラムを無効にする (これは「クリーン ブート」と呼ばれます)。これを行うには、オペレーティング システムに応じて、次のセクションのいずれかの手順を実行します。

    メモ ウイルス対策プログラムまたは別のユーティリティがエラー メッセージを引き起こしている可能性がありますクリーン ブート プロシージャを排除します。また、サード パーティ製の印刷ソフトウェア ヒューレット ・ パッカード社のポート モニターや Epson スプーラーを無効にします。

    Windows 95

    1. クリックしてください。 開始、ポイント 検索、し ファイルまたはフォルダー.
    2. オフにし、 サブフォルダーを含める チェック ボックスします。
    3. で、 名前付き ボックスの種類 config.sys autoexec.bat、し 検索開始.
    4. 見つかったファイルの一覧を右クリックし、 Autoexec.bat ファイル、クリックしてください 名前を変更します。、し (Autoexec.xxx) など、ファイルの新しい名前を入力します。
    5. Config.sys ファイルで手順 d. を繰り返します。
    6. [検索] ツールを終了し、コンピューターを再起動します。

    Windows 98

    1. クリックしてください。 開始、ポイント プログラム、ポイント アクセサリ、ポイント システム ツール、し システム情報.
    2. で、 ツール メニューをクリックして システム構成ユーティリティ.
    3. クリックしてください。 スタートアップ オプションを選択 で、 全般 タブ、および [次のチェック ボックスをオフにする] をクリックします。
      Config.sys ファイルを処理します。
      Autoexec.bat ファイルを処理します。
      Winstart.bat ファイルを処理します。
      System.ini ファイルを処理します。
      Win.ini ファイルを処理します。
      負荷スタートアップ グループ項目
      メモ このファイルで、プリンターとポートの情報が格納されているため、Win.ini ファイルを無効にすると、プリンター ドライバーを再インストールする必要があります。
    4. クリックしてください。 [OK]、し、システム情報ツールを終了します。
    5. コンピューターを再起動します。
    クリーン ブートは、Windows 98 ベースのコンピューターでする方法についてシステム構成ツールを使用すると、「のフォーカスを絞り込む」」(Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
    192926 Windows 98 用のクリーン ブート トラブルシューティングを実行する方法

    Windows Millennium Edition

    1. クリックしてください。 開始、し 実行.
    2. 種類 msconfig ダイアログ ボックスでします。
    3. クリックしてください。 スタートアップ オプションを選択 で、 全般 タブ、および [次のチェック ボックスをオフにする] をクリックします。
      System.ini ファイルを処理します。
      Win.ini ファイルを処理します。
      [静的 VXD を読み込む
      負荷スタートアップ グループ項目
      環境変数を読み込む
      メモ このファイルで、プリンターとポートの情報が格納されているため、Win.ini ファイルを無効にすると、プリンター ドライバーを再インストールする必要があります。
    4. クリックしてください。 [OK]、し、システム情報ツールを終了します。
    5. コンピューターを再起動します。
    クリーン ブートは、Windows Me ベースのコンピューターでする方法についてシステム構成ツールを使用すると、「のフォーカスを絞り込む」」(Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
    267288 Windows Me のクリーン ブートのトラブルシューティングを行う方法
  2. 拡張メタファイル (EMF) からスプール形式を RAW に変更し、印刷ジョブをスプールするのではなく直接プリンターに印刷してみます。これを行うには。
    1. クリックしてください。 開始、ポイント 設定、し プリンター.
    2. 使用しているしをクリックするプリンターを右クリックします。 プロパティ.
    3. で、 詳細情報 タブで、クリックしてください スプールの設定.
    4. クリックしてください。 プリンターに直接印刷する方法.
    5. で、 スプール データ形式を設定します。 ボックスで、をクリックしてください .
    6. クリックしてください。 [OK]をクリックして [OK] もう一度クリックし、[プリンター] ダイアログ ボックスを閉じます。
  3. 一部のプリンター ドライバーは、エラー メッセージのいずれかの「現象」セクションで発生する可能性があります、コーディング エラーがあります。このエラー メッセージの原因でかどうかを確認するには、更新またはプリンター ドライバーを変更します。 これを行う方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
    128345 Windows 95/98/Me での印刷に関する問題のトラブルシューティング
  4. 終了と-常駐 (TSR) プログラムまたは他のプログラムSpool32.exe のプログラムは、Windows 95 または Windows 98 を起動するときを実行できません。この現象を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
    • ショートカットを作成する、 Windows\System\Spool32.exe ファイルが、スタートアップ フォルダー、場所 Windows Windows 95 または Windows 98 がインストールされているフォルダーです。

      ショートカットを作成する方法の詳細についてをクリックします。 開始をクリックして ヘルプをクリックして、 インデックス タブの種類 ショートカット、、をダブルクリックし、 ヘルプの作成 トピックです。
    • (メモ帳) などテキスト エディターを起動、次の行を追加、"負荷 ="または"実行 ="、Win.ini ファイルの [Windows] セクション内の行を ドライブ ドライブで Windows 95 または Windows 98 がインストールされていると windows Windows 95 または Windows 98 がインストールされているフォルダーです。
      ドライブ:\windows\system\spool32.exe
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトの会社によって製造されています。マイクロソフト、黙示またはそれ以外の場合のパフォーマンスや信頼性これらの製品について負わない。

プロパティ

文書番号: 191949 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kberrmsg kbhowto kbtshoot kbinvalidpagefault kbkern32dll kbgpf win98se kbfaq win95 kbmt KB191949 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:191949
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com