Outlook 2000 で、連絡先の一覧で、差し込み印刷を行う方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 192258 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料の Microsoft Outlook 2002 バージョン、について 287561 を参照してください。
Outlook には、Outlook 内からは、連絡先の一覧で、差し込み印刷を実行できる新機能が備わっています。 以前のバージョンの Outlook では、差し込み印刷は Word で行われました。

詳細

Outlook の以前のバージョンでする連絡先と、差し込み印刷を行う必要がある Word を使用します。 Word でフィルター処理またはあらゆる種類の Outlook の分類項目、またはその他のフィルター オプションに基づいて結合条件を設定する方法がありません。

Outlook 2000 でマージや、フィルターされたビューに基づくマージ結合への特定の連絡先を選択することができます、全体の連絡先のリスト。 Word をセットは、差し込み印刷を実行するまだされ、Outlook では行わ相手のフィルターします。 Word ではなく Outlook から差し込み印刷を開始の 1 つのキー利点は、Outlook は標準の連絡先フィールドを結合するためし、するユーザー定義フィールドを含めることもできることです。

簡易、差し込み印刷を作成します。

  1. [連絡先] フォルダーを開き (以下の"の条件の定義] セクションを表示する)、フィルター条件を設定します。
  2. [ ツール ] メニューの [ 差し込み 印刷] をクリックします。 差し込み印刷が表示されていない場合はメニュー下部にある下向きの矢印上にマウス ポインターを移動します。 時間 (秒) 後、表示のすべてのメニュー オプションされます。 [差し込み印刷 ;] をクリックしては可能でのようになりました。
  3. [差し込み印刷] で適切なオプションを選択を [ OK] をクリック します。 Word が起動し、Word メール差し込み印刷] ツールバーが表示されます。 ここから Word で作業があります。
  4. レターを入力して [クリックして 差し込み挿入フィールド 、Outlook の連絡先フィールドを表示します。 一度にドキュメント内に配置する 1 つのフィールドをクリックします。
  5. を差し込み印刷フィールドが文書に置かれているし、文字が完了したら、[ ツール ] メニューの [ 差し込み印刷 ] をクリックしてクリックして 印刷 、するか新規文書への印刷、プリンターへの差し込み差し込み印刷など、ツールバーの [適切な差し込み印刷] をクリックします。 新しい文書に結合する場合は、後で使用するための新しい文書保存できます。

[差し込み印刷] ウィンドウでの機能の説明

以下は、[差し込み印刷] ウィンドウでさまざまなオプションの説明です。
  • 現在のビューですべての連絡先を連絡先: のすべての連絡先、現在のビューでこのマージします。 カスタム ビューは別のマージのセットに適用されるフィルターで作成できます。 [ユーザー設定のビューの作成] </a0> セクションを表示します。

    だけ選択した連絡先: 選択した連絡先だけを結合します。 、一部の Microsoft Office プログラムでクリックするとは、Ctrl キーを保持するときにキーを個々 の連絡先を選択します。 連絡先データと組み合わせて使用ファイル オプション、Word では後でマージできるデータ文書を作成できます。
  • すべての連絡先フィールドを結合するフィールド: これが利用可能なすべてのフィールド連絡先] フォルダー。

    現在のビューでフィールドの連絡: この利用フィールドのみ、現在のビューに表示します。 フィールドを現在のビューに追加、「追加フィールドを現在のビュー」下の表示します。 使用してできますこのメイン文書を編集するときに挿入できるフィールドの数を管理します。
  • ドキュメント ファイルの新しい文書: があるまだ準備のドキュメントをデータと結合されていない場合この使用します。

    既存の図面: 準備ドキュメント データのマージをした場合はこの使用します。 このドキュメントにことが、差し込み印刷フィールド既に、前の差し込み印刷から配置できます。 検索して、ドキュメントを選択の 参照] をクリックします。
  • 連絡先のデータ ファイル: は将来のマージの永続的なファイルを作成するためにこの機能を使います。 ファイルを保存 ] をクリックして、ファイルの名前を入力します。 ファイルは保存されます、Word 形式。
  • 差し込み印刷のオプション: 書簡: フォーム レターに差し込み印刷します。 各文字はドキュメント内で差し込み印刷フィールドを interspersing してカスタマイズできます。

    メーリングの軸ラベル: 宛名ラベルを Outlook の連絡先情報をマージします。

    封筒: は、Outlook の連絡先情報を封筒にマージします。

    カタログ: 一括リストに、Outlook の連絡先情報をマージします。 これらの形式は Word に表示されますが異なるです。
  • マージ: ドキュメントの新規作成: 差し込み印刷を行うと、印刷する前にチェックして、これによってようなり、後で使用できるように保存することができます。

    指定されたプリンターに直接プリンター: 印刷します。

    電子メール: 電子メール メッセージにマージします。 これは、操作によってすべて連絡先の電子メール メッセージを 1 つ作成されます。 それは含めないすべて名前の: 行。
差し込み印刷する方法についての詳細詳細については Word で、Office アシスタントを参照しています。

これらのタスクを実行する方法を知ることも必要なより高度な機能の一部を使用する場合は。
  • 現在のビューへのフィールドの追加
  • ユーザー設定のビューを作成します。
  • フィルターを設定し、新しいビューを作成します。

現在のビューへのフィールドの追加

  1. 氏名や会社名、フィールド名を右クリックし、 [フィールドの選択] を実行します。
  2. フィールドの一覧で、選択をクリックし、ヘッダー フィールドの選択] からフィールドをドラッグしています。 現在のビューで適切な位置にドラッグしてフィールドの順序を変更することができます。

ユーザー設定のビューを作成します。

カスタム ビューの作成は、2 つの手順です。 まず、定義、並べ替えまたはフィルターのパラメーターとし設定したりするビューを定義します。 このトピックで、フィルターの例を使用して。 プロセスはする並べ替え条件のと同様です。

抽出条件を定義します。

: [フィルター] ダイアログ ボックスは、状況依存を現在開いているフォルダーを反映します。 連絡先フォルダーとフィルターは使用フィールドのカテゴリにします。

フィルター条件を定義するには、次の手順に従います。
  1. [ 表示 ] メニューの [ 現在のビュー ] をポイントし、[ 現在ののビューのカスタマイズ ] をクリックします。
  2. [ビューのカスタマイズ] をクリックします。
  3. [ 詳細設定 ] タブをクリックしてから カテゴリ ] をクリックします。
  4. クリックして、表示するカテゴリを選択し、 [OK] を 2 回、ダイアログ ボックスを閉じますを実行。

ビューを定義します。

フィルターが設定されていると、ビューを定義する方法を 2 つがあります。

方法 1

[ 詳細設定 ] ツールバーのテキストを現在のビュー] ボックスに、選択し、カスタム ビューの名前を入力します。 押し、[ OK] をクリックします。

方法 2

  1. [ 表示 ] メニューの [ 現在のビュー をポイントし、 ビューの定義 、] をクリックして、[ 新規作成 ] をクリックします。
  2. 新しいビューの名前 ] ボックスに、[カスタム ビューの名前を入力します。
  3. [OK] [OK ] をクリックし、 閉じる

フィルターを設定し、新しいビューを作成します。

  1. [ 表示 ] メニューの [ 現在のビュー をポイントし、 ビューの定義 、] をクリックして、[ 新規作成 ] をクリックします。
  2. ビューに名前を入力します。

    : クリックして このフォルダーで、誰でも見ることができる 場合選択してはネット フォルダーを使用して、フォルダーを発行または何らかの方法でフォルダーを共有し、[ OK] をクリックします。
  3. ビューの要素を定義するには フィールド グループ化 並べ替え フィルター その他の設定 、または 自動書式 ] をクリックして、ビューの設定を定義する項目を選択します。 タイトル バーの上-右隅に、疑問符は、項目の追加情報、疑問符をクリックしていずれかの項目をクリックするとわかります。
  4. [OK ] をクリックし、 閉じる </a0> をすべてのウィンドウを閉じます。

ユーザー定義フィールドの結合のメールします。

しようとしている差し込み印刷のデータが Outlook のユーザー定義フィールドから場合、フィールドされません Word で使用できるフィールドの Outlook フォルダーで定義されていない限り。 Outlook のユーザー定義フィールドの格納方法とかどうかは、ユーザー定義フィールド、フォルダー内に存在を確認する方法については、クリック次資料、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
201438ソリューション内のユーザー定義フィールドを使用します。

プロパティ

文書番号: 192258 - 最終更新日: 2004年8月12日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbinterop kbfea kbemail kbusage kbfunctions kbmt KB192258 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:192258
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com