[SQL]INF:Windows NT Server と SQL Server のインストール順序

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 192710 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP192710
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

新しいコンピュータをセットアップするとき、いくつかの異なった種類の製品をインストールすると思います。この資料では SQL Server が動作しているコンピュータに Internet Information Server (IIS) や Visual Studio をはじめ、複数の Microsoft 製品をインストールする最適の方法を説明します。

この資料で示す順番でプログラムをインストールしないと、ソフトウェア製品のインストールがうまくいかなかったり、ディスクをフォーマットし再インストールが必要になる場合があります。

詳細

  1. Windows NT 4.0 を、すべての Windows NT サービス、プロトコル、ネットワーク アダ プタといっしょにインストールします。

    Windows NT Workstation ユーザーは次のことに注意してください
    -----------------------------------------------------

    コンピュータがネットワークに接続、ログオンしていない場合は、MS Loopback Adapter をインストールしておく必要があります。これを行なうには Windows NT Installation CD と (もしインストールされていれば) Windows NT Workstation 4.0 Service Pack 3 CD が必要となります。

    MS Loopback Adapter をインストールするには、デスクトップでネットワークコンピュータ アイコンを右クリックし、ショートカット メニューのプロパティをクリックします。そしてアダプタ タブをクリックし、追加をクリックします。

    Windows NT Workstation 4.0 が稼動しているコンピュータではリストから MS Loopback Adapter を選択します。Windows NT Workstation 3.x が稼動しているコンピュータでは Network Adapter Card メニューから MS Loopback Adapter を選択します。

    IPX/SPX プロトコルを使っているならデフォルトのフレーム型を 802.3 にしておきます。TCP/IP 設定では、IP アドレス 10.10.10.1 とサブネット アドレス 255.255.255.0 を指定します。コンピュータを再起動するようにと表示されたら Windows NT Workstation 4.0 Service Pack 3 が既にインストールされている場合は、No をクリックし、まだインストールされていなかったら、Yes をクリックし、コンピュータを再起動させます。
  2. Windows NT 4.0 Service Pack 3 をインストールします。
  3. 必要とあれば、あるいは今後使用の予定があれば、Microsoft Internet Explorer 4.0 をインストールしておきます。まだ Internet Explorer のコピーをもっていなければ、Microsoft Web サイト http://www.microsoft.com/ie/ に接続してダウンロードするか、CD を注文してください。
  4. コンピュータで次のサービスが実行されていたら、停止します。
    • 次を含むすべての IIS サービス
      • Certificate Authority
      • Content Index
      • FTP Publishing Service
      • Gopher
      • IIS Admin Service
      • World Wide Web (WWW) Publishing
      • Microsoft NNTP Service
      • Microsoft SMTP Service
    • Disk Keeper
    • Protected Storage
    • SNMP Service(s)
    • MSDTC
    • 次を含む Microsoft Exchange Server サービス
      • Directory Service
      • Information Store
      • Message Transfer Agent
      • System Attendant
      • Internet Mail Connector (IMC)
    • すべての Oracle 製品
    • Microsoft SNA Server
    • Remote Access AutoDial
    • Microsoft DBWeb
    • ARCserve, Backup Exec, その他バックアップ サービス
    • InocuLAN, McAfee, あるいは Norton アンチウイルス サービス
    • UniCenter システム モニタリング
    • その他クライアントーサーバー アプリケーション
    このようなサ―ビスを止めないで SQL Server をインストールするとインストールがうまくいかないことがあります。
  5. SQL Server をインストールします。BackOffice を使っているなら、Install Wizard を起動します。Windows NT Workstation が稼動しているコンピュータにインストールするなら、ユーザー アカウントを指定するかわりに、Local System Account を選択します。
  6. 必要なオプションを選択し Windows NT 4.0 Option Pack をインストールします。Windows NT Workstation が稼動しているコンピュータに Windows NT 4.0 Option Pack をインストールしようとしないでください。

  7. ユーザー アプリケーションをインストールする前にサーバー ベースの製品をインストールします。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 192710 (最終更新日 1998-11-10) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 192710 - 最終更新日: 2007年10月26日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT version 4.0 Option Pack
  • Microsoft Internet Explorer 2.0
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft SQL Server 6.5 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 6.5 Service Pack 1
  • Microsoft SQL Server 6.5 Service Pack 1
  • Microsoft SQL Server 6.5 Service Pack 2
  • Microsoft SQL Server 6.5 Service Pack 3
  • Microsoft SQL Server 6.5 Service Pack 4
  • Microsoft SQL Server 6.5 Service Pack 5a
  • Microsoft SQL Server 6.5 Service Pack 5a
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 6.5 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 7.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbhowto install セットアップ setup インストール kbproductlink KB192710
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com