Microsoft Cluster Server の推奨 WINS 構成

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 193890 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Windows インターネット ネーム サービス (WINS) を実行している Microsoft Cluster Server (MSCS) では、リモート ネットワーク上のクライアントで断続的に接続の問題が発生することがあります。これは、クラスタのネットワーク インターフェイス カード (NIC) が WINS TCP/IP クライアントにバインドされるためです。

Windows NT では、デフォルトですべてのプロトコルが各 NIC にバインドされます。それぞれの NIC で最初に構成された TCP/IP アドレスも WINS TCP/IP クライアントにバインドされます。Windows NT サーバーを実行しているコンピュータに WINS サーバーをインストールすると、WINS TCP/IP クライアントがサーバーの各 NIC にバインドされます。バインドが行われることで、マルチホーム エントリに、複数の IP アドレスを持つマルチホーム サーバーとして WINS サーバーが登録されます。

詳細

WINS サーバーは、[TCP/IP 詳細設定] の [WINS] タブにプライマリまたはセカンダリ WINS サーバーが構成されているかどうかにかかわらず、WINS サーバーはそのコンピュータにインストールされた各 NIC の最初の IP アドレスを登録します。[WINS] タブを空白のまま、あるいは構成しないままにしても、WINS サーバーは最初の IP アドレスをすべて、NetBIOS 名の 16 文字目の 16 進数と共に登録します。この動作は仕様です。

WINS クライアントが WINS サーバーに NetBIOS サービスの問い合わせを行うと、WINS サーバーからクライアントにマルチホーム サーバーのすべてのアドレスの一覧が返されます。クライアントがリモート ネットワーク セグメント上にある (マルチホーム サーバーと同一 LAN セグメント上にない) 場合、クライアントは WINS サーバーから返された一覧からアドレスをランダムに選択します。

クラスタの NIC は通常、クラスタ内のサーバー間の更新および "ハートビート" の通信のみに使用され、クラスタ サーバー間の TCP/IP "ネットワーク" への経路は存在しません。クライアントが、すべての NIC で WINS TCP/IP クライアントが有効になっている MSCS サーバーにアクセスしようとする場合、クライアントはクラスタ用に構成された NIC を選択することがあるため、そのサーバーへの接続に失敗します。WINS TCP/IP クライアントを無効にし (同時に NetBIOS も無効になります)、クラスタ用に構成された NIC をバインドすると、WINS サーバーはマルチホーム エントリにクラスタ用の NIC を登録しなくなります。

Windows 2000 Advanced Server では、"ハートビート" インターフェイス上の NetBIOS を無効にすることを推奨します。これを行うには、NIC の [インターネット プロトコル (TCP/IP) のプロパティ] の [詳細設定] ボタンで表示される [TCP/IP 詳細設定] の [WINS] タブにある [NetBIOS over TCP/IP を無効にする] をクリックします。クラスタの通信には NetBIOS は必要ありません。クラスタ サービスの通信には RPC のソケットが使用されます。

Windows NT Server, Enterprise Edition 4.0 で、プライベート NIC から WINS クライアントを無効にするには、[コントロール パネル] の [ネットワーク] アイコンをダブルクリックして、[バインド] タブをクリックします。ネットワーク アダプタの順序で表示し、プライベート相互接続に使用するアダプタの隣の正符号 (+) をクリックします。[WINS クライアント (TCP/IP)] を右クリックします。[無効] をクリックして、[OK] をクリックします。この変更を行うとコンピュータを再起動する必要がありますが、ダウンタイムを短くするために、この変更は一度に 1 ノードずつ行います。

また、パブリック ネットワークを正しく最適に構成するために、TCP/IP のバインドで最初のバインド (バインドの一覧の一番上) がパブリック ネットワークの NIC になるようにします。

関連情報

関連情報については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。

139985 WINS Client Fails to Reach a Multihomed Server

150737 Setting Primary and Secondary WINS Server Options

150737 プライマリおよびセカンダリ WINS サーバー オプションの設定

185786 Recommended Practices for WINS

185786 WINS の推奨される実施方法

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 193890 (最終更新日 2002-10-08) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 193890 - 最終更新日: 2004年3月17日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Cluster Server 1.1
キーワード:?
kbinfo KB193890
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com