FP98: 登録 Web を作成します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 194156 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。

この資料の Microsoft FrontPage 2000 バージョン、について 207288 を参照してください。
Microsoft FrontPage 97 と以前のバージョンのこの資料で参照してください 143092
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

登録 Web ページを作成する方法について説明します。 登録 Web ページには、ユーザーの登録と承認が必要です。 制限または、Web ページへのアクセスを監視することができます。

詳細

Web には、登録済みユーザー アクセスを許可するには、< ルート Web > の登録フォームを設定し、保護された Web を作成できます。 サーバー上に、FrontPage サーバー拡張をインストールすると、< ルート Web > が自動的に作成されます。 <ルート Web > はユーザーが Web にアクセスする前に登録を強制するため、保護された Web にゲートキーパーを果たします。 保護された Web のみ登録にアクセスできます。

<ルート Web 上で > のみ登録フォームを構成を設定別 Web 上でいずれかを設定できません。

注: Windows NT のセキュリティ、Microsoft インターネット インフォメーション サーバー (IIS)、および Microsoft パーソナル Web サーバーできないように、Web ブラウザーを通じて登録。 詳細については、Microsoft Knowledge Base の次の記事を参照してください:
194452IIS Web サーバー上でサポートされていない FP98: 登録フォーム

登録フォームの作成

登録フォームを作成、次の手順に従います。
  1. FrontPage 個人 Web サーバーを起動します。
  2. FrontPage Explorer を起動します。
  3. [ファイル] メニューの [開く] をクリックします。
  4. Web サーバーの登録] を検索する場所を選択し、リスト Web を実行します。
  5. Web サイト] で、< ルート Web >] を選択し、[OK]。
  6. 名とパスワードを入力し、[OK] [をクリックします。

    FrontPage Explorer は、< ルート Web > を開きます。
  7. ホーム ページ (またはその他のページを使用してアクセスを制限する)、右クリックし、開く表示されるメニュー。
  8. 位置に挿入ポイントの最初の登録フォーム フィールドを配置する場所。 [挿入] メニューの [フォーム フィールド] をポイントしてテキスト ボックスの 1 行] をクリックします。
  9. 名] ボックスに、[して [OK] をクリックして名前を入力します。

    注: [名前] ボックスに入力した、名前は必須です。 フォームのプロパティを定義する場合に使用されます。 テキストの大文字と小文字を確認します。
  10. フォームのパスワードのフォーム フィールドを挿入するのには破線の境界内でカーソルを置きます。 [挿入] メニューの [フォーム フィールド] をポイントしてテキスト ボックスの 1 行] をクリックします。
  11. 名] ボックスに、[必要な名前を入力します。 Clik [はい]、[パスワード] </a0> フィールドの横をオプション [OK] をクリックします。

    注: [名前] ボックスに入力した名前は手順 9 で指定した名前と異なる必要があります。 このボックスは必要なかつ、フォームのプロパティを入力する場合に使用されます。
  12. パスワードの確認の第 2 フィールドを追加する場合は、手順 10 〜 11 を繰り返します。
  13. 破線の境界内のカーソル、フォームで 2 つのプッシュ ボタン フィールドを追加します。 プッシュ ボタン フィールドを追加するフォーム] をポイント [挿入] メニューの [フィールドしプッシュ ボタンをクリックします。

    1 つのボタンにより、フォームを送信する申請者は、他のボタンにより、申請者をリセットしたり、フォームの送信後に、フィールドをクリアします。

    これらのプロパティを最初のボタンを使用します。

    1. 名] ボックスに、[必要な名前を入力します。
    2. [値/ラベル] ボックスに、ラベルを入力します。 たとえば、 送信 を入力します。
    3. ボタンの種類] の横に送信] を選択、[OK] をクリックします。
    これらのプロパティは、2 番目のボタンを使用します。

    1. 名] ボックスに、[必要な名前を入力します。
    2. [値/ラベル] ボックスに、ラベルを入力します。 たとえば、 再設定 を入力します。
    3. ボタンの種類] の横にリセット] を選択、[OK] をクリックします。
これで、フォームのプロパティを定義する必要があります。 最も重要なプロパティは、フォーム ハンドラーです。 フォーム ハンドラーは、サーバー上のフォームを処理するプログラムです。 フォーム ハンドラーは、フォームが送信されるときに、サーバーによって呼び出されます。 最も一般的な種類のフォームのフォーム コンポーネント (フォーム ハンドラー) があります。

登録フォームを構成します。

登録フォームを構成するには、次の手順に従います。
  1. 内部破線、フォームの境界を右クリックし、プロパティが表示されるメニュー。
  2. [テキスト ボックスのプロパティ] ダイアログ] フォームを選択します。

    [フォームのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. フォーム ハンドラーの一覧から登録ボットを選択し、設定します。
  4. [登録] タブをクリックします。 Web 名] ボックスに、[保護された Web サイトの名前を入力します。 既存の Web または新しい Web を指定できます。
  5. [ユーザー名フィールド] ボックスに、手順 9、"登録フォームを作成"の「この資料で指定した名前を入力します。

    メモ: で指定した名前正確に [テキスト ボックスのプロパティ] ダイアログ ボックスで入力した名前は一致する必要があります。 このフィールドは大文字と小文字が区別されます。
  6. パスワード フィールド] ボックスに、[この資料の「登録フォームを作成"には」の手順 11 で、パスワード フィールドに指定した名前を入力します。

    メモ: で指定した名前正確に [テキスト ボックスのプロパティ] ダイアログ ボックスで入力した名前は一致する必要があります。 このフィールドは大文字と小文字が区別されます。
  7. [パスワードの確認フィールド] ボックスにこの資料の「登録フォームを作成"するセクションの手順 12 で指定した名前を入力します。

    メモ: で指定した名前正確に [手順 12 でテキスト ボックスのプロパティ] ダイアログ ボックスで入力した名前は一致する必要があります。 このフィールドは大文字と小文字が区別されます。
  8. セキュリティで保護されたパスワードを必要とするオプションを選択する 6 つ以上の文字を持ち、--ユーザー名と一致しません--セキュリティで保護されたパスワードを使用したい場合します。
  9. [結果] タブをクリックします。 ファイルの結果] ボックスに、[保護された Web サイトの権限のあるユーザーの一覧を含むファイルの名前を入力します。 ファイル形式を選択し、結果ファイルに含めるがする追加情報を指定します。 [OK] をクリックして、フォームのプロパティ] ダイアログ ボックスに戻りますをします。
  10. [OK] を 2 回クリックします。
  11. フォーム フィールドの識別をその他の関連情報をフォームに追加ラベルを追加します。
  12. 保存し、ページを閉じます。

    注: がこの時点でページを閉じておく、保存した場合、ページ、次の手順では、たとえば手順 2 の保護された Web「作成するには"セクションで、この資料後する可能性があります誤って登録フォームに保存、ルート Web 以外の Web。 手順 2 は、"保護された Web を作成"の「この資料では、他 Web を開くは、ルート Web はされなく開いてます。 そのため、フォームが開いていて保存を試みた、いる場合、FrontPage 2003 のエディター求められます作業中の Web に保存します。 を行う場合、登録コンポーネントは機能しません。 ルート Web に保存される場合は機能のみ。

保護された Web を作成します。

保護された Web を作成するには、次の手順に従います。
  1. FrontPage 2003 を切り替えます。
  2. 作成した場合、新しい Web 手順 3 では、[のファイル] メニュー新しい Web] をクリックします。 手順 3 で既存の Web を指定した場合は [ファイルの Web を開く] をクリックしてメニューのおよび手順 4 に [スキップします。
  3. 使用して [OK] をクリックするテンプレートを選択します。
  4. Web サーバー選択、この資料の WebBot 登録フォーム ハンドラーを使用して登録フォームを構成する"するには」セクションの手順 3 で使用する Web 名を入力して [OK] をクリックします。

    入力した場合がされていない、名とパスワードは、の名前とパスワードの入力] ダイアログ ボックスにその情報を入力し、[OK] をクリックします。
  5. [ツール] メニューの [権限] をクリックして、[の設定] をクリックして] タブ。
  6. Web このオプションは、独自の権限を使用オンにし、[適用] ボタンを実行します。
  7. 最後のユーザー] タブをクリックして、[Yes/はい]、登録されているユーザーのみオプションをクリックして、適用] をクリックします。

    注: このオプションが既に選択されている場合、必要選択するもう一度。
  8. 別のフロッピー ディスクの挿入を求めるメッセージが表示されます。

プロパティ

文書番号: 194156 - 最終更新日: 2014年2月3日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft FrontPage 98 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB194156 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:194156
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com