ユーロ通貨記号を使用して情報を動作:

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 195449 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows の動作バージョン 3. 0 およびそれ以降、ユーロ通貨記号を使用してについてについて説明します。

詳細

概要

ユーロと呼ばれる、新しい通貨を作成されました。 少しか月後、ユーロのノートとコインとして使用されますいくつかのヨーロッパの国で法的 tender。

米国ドル、イギリスのポンド圏、および日本語、円、ユーロ、ディスティンクティブ記号を付いてください。 新しいユーロ通貨記号、"C"の中央から 2 つの水平線でキャップ"C"を似ています。

for Windows でユーロ記号のサポートは、オペレーティング システムとを使用しているフォントによって異なります。

ユーロのオペレーティング システムのサポート

Microsoft Windows 98 と Windows 2000:

Windows 98 と Windows 2000 のとおり、次のフォントを使用して、ユーロ記号に対するネイティブ サポートです。

  • MS UI Gothic
  • 媒体使用の新規作成
  • MS Pゴシック
  • 新しいのローマ数字を倍
Microsoft Windows 95 および Microsoft Windows NT 4. 0 の場合:

いずれのコード ページと Microsoft Windows 95 および Microsoft Windows NT 4. 0 に付属のフォントでも、ユーロ記号に対するネイティブ サポートは含まれません。

ただし、コード ページと Windows 95 および Windows NT 4. 0 ユーロ記号を使用するためのフォント ダウンロードできます。

ユーロと互換性のあるコード ページとフォントの Windows 95 をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windows/downloads/default.mspx
[次のリンク] をクリックします。
Windows 95 のダウンロードの Microsoft のユーロ通貨のサポート
ダウンロードして、ユーロ通貨サポート更新プログラムをインストールする画面の指示をに従ってください。

Windows 95 のユーロ通貨更新には、次のユーロと互換性のあるフォントに含められます。

  • MS UI Gothic
  • 媒体使用の新規作成
  • 新しいのローマ数字を倍
フォントのユーロと互換性のあるコード ページと Windows NT 4. 0 をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windows/downloads/default.mspx
[次のリンク] をクリックします。
Windows NT 4. 0 の Microsoft のユーロ通貨のサポート
ダウンロードして、ユーロ通貨サポート更新プログラムをインストールする画面の指示をに従ってください。

Windows NT 4. 0 のユーロ通貨更新には、次のユーロと互換性のあるフォントに含められます。

  • MS UI Gothic
  • 媒体使用の新規作成
  • 新しいのローマ数字を倍

Works でユーロ通貨記号を使用

ユーロ記号を入力する方法

ユーロ通貨記号を入力するには、ユーロ記号をサポートしているフォントを使用していることを確認して最初して次の [手順を実行します。

  1. Alt キーを押しを押しながらします。
  2. 種類 0128年 テンキーを使用します。
  3. Alt キーを押し キーを離します。
Windows の動作のワード プロセッサ:

表示、編集、および MS P ゴシック、Courier New、[MS 明朝またはダウンロードした任意のユーロと互換性のあるフォントを使用して、ユーロ通貨記号は Windows のワード プロセッシング ドキュメントで保存できます。 さらに、Windows 98 または Windows 2000 を使用している場合することができます表示、編集、および MS Sans Serif フォントを使って文書を保存します。

Windows の動作のスプレッドシートとデータベース:

表示、編集、および MS P ゴシック、Courier New、[MS 明朝またはダウンロードした任意のユーロと互換性のあるフォントを使用して、ユーロ通貨記号は for Windows データベースまたはスプレッドシート ドキュメントで保存できます。 さらに、Windows 98 または Windows 2000 を使用している場合することができます表示、編集、および MS Sans Serif フォントを使って文書を保存します。

: スプレッドシートまたは Windows 95 または Windows NT 4. 0 ベースのコンピューター上のデータベースで、ユーロ記号を使用すると、スプレッドシートや、フィールドの書式設定] ダイアログ ボックスの [セルの書式設定] ダイアログ ボックス ボックス データベース表示垂直線としてユーロ通貨記号。 この問題は MS Sans Serif フォントをこれらのダイアログ ボックスが使用され、これらのオペレーティング システムでユーロ通貨記号と互換性のないこのフォントのために発生します。

データベースがある場合およびユーロ記号を変更する通貨記号を含むスプレッドシート ドキュメント、 コントロール パネルの [ 自動的に通貨記号、ユーロ記号に変換する、 Windows の [地域のオプション] ツールの通貨設定を変更することができます。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. [スタート ] をクリックして の設定 ] を] ポイントして [ コントロール パネル] の順 にクリックします。
  2. 地域 をダブルクリックします。
  3. [ 地域のオプション] ボックスで、希望の国をクリックし、 適用 します。
  4. [ 通貨 ] タブをクリックします。
  5. [ ユーロ 通貨記号と特殊文字 </a0>] の記号。
  6. [OK ] をクリックを コントロール パネル を閉じてください。
スプレッドシートとデータベース ファイルを開くときに、通貨記号は自動的に、ユーロ記号に変換されます。

: Windows で使用するすべてのプログラムで、地域の情報を変更する、Windows の地域の設定を変更します。

Microsoft Works カレンダー:

表示、編集、保存したりユーロ サポート更新プログラムがダウンロードし、ユーロ記号サポートと共に、Tahoma フォントをインストールしていない場合、インストールされている場合でも、マイクロソフトは Windows 95 または Windows NT 4. 0 ベースのコンピューターから印刷することはありません。 カレンダーのテキストを表示する Tahoma フォントが使用できは予定表で、フォントを変更することはできません。

: についてダウンロードし、ユーロ記号のサポート、Tahoma フォントをインストール」を参照してくださいユーロ-互換性のあるフォントこの資料の前半での情報。

Microsoft Works の辞書:

ユーロ通貨記号がスペル ミスの単語は、ディクショナリによってフラグが「ユーロ」単語として示すフラグ設定されません。 フラグ、単語をスペル チェックするときに追加] をクリックして [ユーロへ"をユーザー辞書に追加できます。

ユーロ通貨記号を印刷します。

ユーロ通貨記号を印刷するには、プリンターする必要がありますできるとしてのテキストをグラフィックスとして印刷のビットマップ ソフト フォントとして TrueType フォントを印刷することができます。

詳細については印刷テキスト グラフィックスと印刷の TrueType フォント ビットマップ ソフト フォントとして、プリンターに印刷マニュアルを参照します。

ユーロ通貨記号の印刷については、ください「以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
195041ユーロ記号が印刷されない
ユーロ記号は for Windows で使用してについては、ください「以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base)。
195403機能: ファイル名でユーロ通貨記号を持つファイルを保存できません。

プロパティ

文書番号: 195449 - 最終更新日: 2007年8月13日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Works 3.0 Standard Edition
  • Microsoft Works 4.5 Standard Edition
  • Microsoft Works 4.5a
  • Microsoft Works 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Works 4.0a
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbprint kbenv kbmt KB195449 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:195449
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com