OL2000: 暗号化とメッセージ保護の概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 195477 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Outlook 2000 には、インターネット経由でのセキュリティで保護された電子メール メッセージを送受信するためのセキュリティ機能備えています。 S/MIME (Secure Multi-Purpose Internet Messaging Extensions) プロトコルと連携することでメッセージのセキュリティを確保します。 この標準を使用できます符号付きまたはシールの (暗号化) のインターネット メールを送受信します。

この資料にする方法。

  • セキュリティで保護されたメッセージを送信するためのデジタル ID を取得します。
  • バックアップまたはコピーするデジタル ID
  • 別のコンピューターにデジタル ID を移動します。
  • 署名付きメッセージを送信します。
  • デジタル ID を連絡先リストに追加します。
  • 暗号化された (封印された) メッセージを送信します。
  • 署名または送信するすべてのメッセージの暗号化

詳細

意図した受信者は、メッセージは、実際にから送信されたし、誰が改ざんそのことを確認できるように、証明書を別名、デジタル ID を持つメッセージを署名できます。 呼ばれる暗号化、意図した受信者だけが、メッセージと添付ファイルを読み取れるように特別な数学数式を使って、メッセージをシールすることができます。

セキュリティで保護されたメッセージを送信するには、デジタル ID 必要があります。 デジタル ID のための手段、インターネット上で本人です。 証明機関 (Verisign, Inc. などからデジタル ID を取得することができます。 いくつかの電子メール サーバーの種類] で、ネットワーク管理者も、デジタル ID を発行できます。

デジタル ID には、2 つの部分、秘密キーと公開キーがあります。 irreplaceable のプライベート キーは、通常はコンピューターに格納されます。 エクスポートし、電子メールのセキュリティ設定を 1 台のコンピューター間で移動するために他のコンピューターにこの秘密キーをインポートできます。 秘密キーのバックアップ コピーを作成することができます。 デジタル ID の他のコンポーネントは、パブリック キーです。 暗号化されたメッセージと同様、署名されたメッセージを確認することにするものを受信するユーザーからのユーザーにこのキーを送信します。

セキュリティで保護されたメッセージの送信のデジタル ID を取得するには

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックして、[セキュリティ] タブをクリックします。 「取り込み、デジタル。」をクリックします。
  2. Outlook の企業/ワークグループのインストールを使用している場合は、クリックを選択する"、外部の証明から S/MIME 証明書を取得する機関。"[OK] をクリックします。

    お使いのブラウザーの起動をマイクロソフトの優先プロバイダー、Verisign からのデジタル ID の取得に関する情報を表示します。
  3. をクリックして"お客様の ID ようになりました:"
  4. Web ページの指示に従ってし、確認を実行します。
証明機関送り、電子メール メッセージにデジタル ID と指示を含む、指定したアドレスにします。

バックアップするデジタル ID をコピーします。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[セキュリティ] タブ。
  2. クリックして"インポート/エクスポート デジタルの ID。
  3. [選択] をクリックをデジタル ID をファイルにエクスポートする」を選択します。
  4. クリックして、バックアップする証明書を選択し、[OK] を実行。
  5. このコンピューターからのデジタル ID を削除、クリックして選択を"削除システムからのセキュリティ情報のデジタル ID"チェック ボックスをオンします。
  6. パスワード] ボックスに、[この証明書のパスワードを入力します。
  7. 入力またはをデジタル ID のパスとファイル名探して、[OK] をクリックします。
これにより、デジタル ID が .pfx ファイルとして保存されます。

別のコンピューターにデジタル ID を移動するには

  1. 新しいコンピューターに作成した.pfx ファイルをコピーします。
  2. Outlook で [ツール] メニューの [新しいコンピューターで [オプション] をクリックし、[セキュリティ] タブ。
  3. [インポート/エクスポートのデジタル ID です。
  4. クリックして [既存のデジタル ID ファイルからインポートを"を選択
  5. 入力または上記で作成した.pfx ファイルを参照し、パスワードを入力します。
  6. [パスワード] ボックスに、デジタル ID のパスワードを入力します。
  7. [デジタル ID 名] ボックスで、ID 名を入力を [OK] をクリックします。
これで新しいコンピュータ上でデジタル ID が利用できるようになります。

署名付きメッセージを送信するには

  1. 新しいメッセージを開きます。
  2. [表示] メニューの [オプション] をクリックします。
  3. 「デジタル署名を追加の送信メッセージに」このチェック ボックスをオン [閉じる] をクリックします。
  4. メッセージを入力し、送信します。
受信されたメッセージにはヘッダーの右下隅に証明のアイコンがマーク表示されます。 受信者はこのアイコン デジタル署名の検証情報を参照してをクリックできます。

デジタル ID の連絡先リストに追加するには

暗号化したメッセージを送信するには、受信者のデジタル ID のコピーが必要です。 デジタル署名されたメッセージを送信して、メッセージが表示されたら、次の手順に従います人があります。

  1. デジタル署名されたメッセージを開きます。
  2. [差出人] </a0> フィールド名を右クリックし、ショートカット メニューの [アドレス帳に追加をクリックします。
  3. 連絡先リストにこのユーザーのエントリがある場合は、[このアドレスの更新] をクリックします。
デジタル ID はこの人物に対して、連絡先のエントリに格納されます。 この人に暗号化された電子メール メッセージを送信するようになりましたできます。 連絡先の証明書を表示するには、人の名前をダブルクリックして、[証明書] タブをクリックします。

暗号化された (シール) メッセージを送信するには

  1. 新しいメッセージを開きます。
  2. [表示] メニューの [オプション] をクリックします。
  3. [メッセージの内容を暗号化して添付ファイル] </a0> チェック ボックスをオン [閉じる] をクリックします。
  4. メッセージを入力し、送信します。
メッセージが受信されると、そのメッセージのヘッダーの右下隅にロック アイコンが表示されます。 受信者はこのアイコン暗号化証明書についての検証情報を表示をクリックできます。

注: 暗号化されたメッセージの送信がメッセージ次宛先のない-セキュリティで保護。

   None of the recipients can process an encrypted message. You can
   either proceed with an unencrypted message or cancel the operation.
				


宛先をこの指定が原因で発生する、メッセージのグローバル アドレス一覧、またはその他の連絡先以外のアドレスのソースを使用します。 メッセージに対処する受信者のデジタル ID を含む連絡先レコード使わなければなりません。

署名を送信するすべてのメッセージを暗号化するには

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. [セキュリティ] タブで、[を「暗号化の内容と送信の添付ファイルをメッセージ」または「送信メッセージにデジタル署名を追加] を選択して [OK] をクリックにします。
注: する受信者の電子メール クライアントが S/MIME 署名をサポートしないがせず、デジタル署名の確認メッセージを確認できることを指定をクリック「クリア テキスト署名メッセージを送信します」を選択するには

プロパティ

文書番号: 195477 - 最終更新日: 2014年2月13日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB195477 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:195477
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com