ユーザー プロファイルと Outlook 2000 が企業/ワークグループ オプションでインフォメーション サービスの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 195478
この資料の Microsoft Outlook 97 バージョンは、参照してください。 162203.
Microsoft Outlook 98 のバージョンこの資料の参照してください。 182159.
Microsoft Outlook 2002 および 2003年バージョン記事は、 289467.


メモ: これらの手順は、Microsoft Outlook がインストールされている場合にのみ適用します。企業/ワークグループ (CW) オプション。このオプション、メッセージングに使用することができます。アプリケーション プログラミング インターフェイス (MAPI) サービスです。確認するのには、[ヘルプ] メニューの [インストールの種類については、Microsoft Outlook] をクリックします。についてOutlook がある場合を「企業/ワークグループ」を表示する必要があります、企業/ワークグループのインストールします。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

コントロールに Outlook 2000 では、インフォメーション サービスを有効にどのように電子メール システムに対応し、ほど、メッセージの配信をメッセージおよびフォルダーが格納されます。この資料で説明します。Outlook、およびそれらをユーザーに追加する方法で利用可能なサービスプロファイルです。

詳細

ユーザー プロファイル

ユーザー プロファイルは、Outlook がどのようにして定義設定のグループです。特定のユーザーを設定します。たとえば、プロファイルへのアクセスを含めることができます、Microsoft Exchange Server の上のメールボックスや Outlook のアドレスを予約することを指定します。表示されます、 アドレス帳 ダイアログ ボックスです。プロファイルが任意の数の情報を含めることができます。サービスです。

プロファイルを作成するいくつかの追加情報が必要インターネット サービス プロバイダー (ISP) が提供する、またはシステム管理者。お使いのアカウントにこの情報を含む名前、パスワード、および電子メール サーバーへの接続に必要なサーバーの名前です。ISP に問い合わせてください、この情報を取得するのには、システム管理者か。

一般に、ユーザー プロファイルは 1 つだけで済みます。場合によって、別のセットを操作する必要がある場合インフォメーション サービスのそれへの新しいプロファイルを作成すると便利場合があります。これらのサービスを使用します。2 つ以上のユーザーが同じコンピューターの各ユーザーが使用している場合私物を安全に保つには、別のプロファイルが必要です。

行うことができます。既存のユーザー プロファイルをコピー、名前を変更し、必要に応じて修正自分のプロファイルを作成します。Outlook を同じプロファイルから始めることができますすべてOutlook を起動するたびに使用するプロファイルを選択できます。

ユーザー プロファイルを追加する方法

コンピューターにユーザー プロファイルを追加するのには、次の手順を使用します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント 設定、し コントロール パネル.
  2. いずれかをダブルクリック、 メール または、 [メールとファックス アイコン。
  3. クリックしてください。 プロファイルを表示します。.
  4. で、 [メールとファックス ダイアログ ボックス、クリックして 追加.
  5. 受信トレイ セットアップ ウィザードの指示に従います。

ユーザー プロファイルのプロンプトを受信する方法

1 つ以上のプロファイルをコンピューター上で設定した場合、時に使用するプロファイルの入力を求めることができます、開始します。これを行うには。
  1. Outlook を起動します。
  2. で、 ツール メニューをクリックして オプション.
  3. で、 メール サービス タブで、クリックしてください 使用するプロファイルを選択します。、、をクリックして、 [OK].
  4. で、 ファイル メニューをクリックして 終了し、ログオフ.
次回 Outlook を起動するのに有効をです。

情報サービス

インフォメーション サービスを送信するための設定は、格納、メッセージを受信およびアドレスを格納する場所を指定します。前に行うことができます。インフォメーション サービスを使用して、自分のプロファイルに追加する必要があります。

、複数のインフォメーション サービスでのユーザー プロファイルを持つことができます。たとえば、ことができます。1 つのプロファイルに個人用フォルダー (.pst) ファイルの複数のセットがあります。ただし、常に 2 つの同じ電子メール サービス プロファイルでは使用できません。例では、2 つの Exchange Server サービス。個人用フォルダー (.pst) ファイルとインターネット電子メールは例外です。場合は、サービス内の重複は許可されません。プロフィールを追加しようとするとたとえば、Exchange Server のサービスを2 番目のコピーのサービスを次のエラー メッセージが表示されます。
Exchange Server の 1 つのアカウントに outlook のみサポートします。1 回、1 つのセットアップが既にあります。
指定することができます、受信メッセージの配信場所が個人用アドレスの場所本とを作成し、個人用フォルダー (.pst) ファイルの使用情報サービスです。接続するインフォメーション サービスを設定を設定することもできます。その他の電子メール システムです。など、2 つのインフォメーション サービスを必要がありますユーザー プロファイル、Exchange サーバーでメッセージを送受信し、個人用アドレス帳個人用配布を格納するための一覧が表示されます。

Microsoft Exchange Server

Outlook 機能に交換を利用できます。サーバーでは、メッセージ トランスポート、メッセージをサーバー ベースのストアをサポートし、グローバル アドレス帳。Outlook の企業/ワークグループの構成では、提供しています高度な電子メール機能、グループ スケジュール、個人情報の管理ドキュメント エクスプ ローラー、およびカスタム グループウェア アプリケーション。

メモ: Exchange Server サービスは、Outlook がユーザーに含まれているです。Exchange Server のクライアント アクセス ライセンスを別途購入する必要があります。

メモ:、インターネット メールにはお勧めできませんExchange Server サービスとして同じメール プロファイル内のサービスです。 詳細についてはクリックして次資料、Microsoft Knowledge Base の資料を参照します。
245446エラー メッセージ: トランスポート プロバイダーがありません

インターネット電子メール

インターネット電子メール サービスでは、Outlook が完全なと機能します。主要な電子メール クライアント統合デスクトップ情報管理や、Outlook ドキュメント エクスプ ローラー。メッセージをローカルの .pst ファイルに保存し、リモート接続してから、インターネット メール サービスからメッセージをダウンロードします。プロバイダー (ISP)。Outlook の連絡先フォルダーに電子メール アドレスを保存することができます。または、個人用アドレス帳します。

Microsoft Mail

Microsoft メール サービスを使用すると、メッセージをローカルを保存します。個人用フォルダー (.pst) ファイルが、主に接続の作業では、ローカル エリア ネットワーク (LAN)、ポスト オフィスにします。ポスト オフィスは、メッセージングを提供します。トランスポートおよび中央のアドレス帳または電子メール ディレクトリを使用します。この構成では、基本グループに、フル機能を備えた電子メール クライアントとして outlook の機能を統合たとえば、スケジュール、および会議出席依頼、個人受け取る情報管理や Outlook ドキュメント エクスプ ローラー。

インフォメーション サービスを追加する方法

インフォメーション サービスにユーザーを追加するのには、次の手順を使用します。プロファイル:
  1. で、 ツール メニューをクリックして サービス、し 追加.
  2. Aインフォメーション サービスを使用を追加するには、必要な情報サービスを選択する] をクリックします。し [OK].
  3. 特定の情報を追加するため、画面の指示に従って、選択した情報サービスです。
必要なインフォメーション サービスがリストにない場合は、それとは別にインストールする必要があります。

その他のサービス

その他の情報サービスを次に示します。

Outlook アドレス帳

Outlook アドレス帳から連絡先を作成します。連絡先フォルダー、[電子メール] フィールドまたは Fax のエントリが含まれます。電話番号フィールドは、複数の電子メール アドレスを持つことができます。問い合わせてください。フォルダー内の連絡先を Outlook の連絡先を更新する場合アドレス帳は、同時に更新されます。[連絡先] フォルダーとして表示されます、[Outlook アドレス帳のエントリを区切ります。Outlook 2000 の新機能を許可します。メッセージを作成するのには、連絡先から一覧表示されます。これを行うを開き、連絡先フォルダー、およびクリック 新しい同報リスト で、 アクション メニューです。

個人用アドレス帳

個人用アドレス帳個人用格納に最適です。配布は、頻繁の一覧などには、メッセージの宛先リストします。ラケットのチームのすべてのメンバー。Exchange Server を使用するかどうかは、追加することもできます。個人用アドレス帳にパブリック フォルダーをアドレスします。個人アドレス帳ファイルは .pab 拡張子を持ち、ディスクに保存することができます。

メモ: 連絡先の配布リストを作成することがあります個人用アドレス帳の必要はありません。

個人用フォルダー (.pst) ファイル

個人用フォルダー (.pst) ファイルのあるフォルダーをハード ディスク、または別のサーバーにメッセージを格納するを作成します。追加します。メインの個人用フォルダー (.pst) ファイルのユーザー プロファイルにサービスとしてし、ファイルの名前です。個人用フォルダー (.pst) ファイルには、.pst 拡張子があります。

プロパティ

文書番号: 195478 - 最終更新日: 2011年7月6日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbprofiles kbconfig kbmt KB195478 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:195478
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com