OL2000: (CW) トラブルシューティング cc:Mail Outlook での接続

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 195594 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。


注: 以下の手順だけ場合に使用企業 Workgroup/Other (CW) オプションで Outlook をインストールしました。 このオプションを使用すると、メッセージング アプリケーション プログラミング インタフェース (MAPI) サービスを利用できます。 インストールの種類を確認するには、[ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックします。 バージョン情報が表示「企業」企業/ワークグループ インストールした場合。

重要: この資料には、レジストリの編集に関する情報が含まれています。 レジストリを編集する前に、レジストリ ファイル (System.dat と User.dat) のバックアップ コピーを最初にする必要があります。 両方は、Windows フォルダー (ディレクトリ) 内の隠しファイルです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、ロータス cc:Mail ポストオフィスで Outlook 2000 を使用する時の接続に関する問題のトラブルシューティング方法について説明します。

詳細

Cc:Mail が 2 つのポストオフィス バージョン: バージョン 2.x、およびバージョン 6.x。 DB6 と DB8 のポストオフィスとして参照するこれらのバージョンの一部のユーザー。 Outlook は、バージョン 2.x (DB6) ポストオフィスをサポートします。 Outlook では、cc:Mail バージョン 6.x ポストオフィス (DB8) をサポートしません、Outlook でバージョン 6.x を構成するこの資料のトラブルシューティング手順に従って成功があります。 バージョン 6.x ポストオフィスを使用しては以下の手順が機能しない場合、詳細については Lotus 開発で問い合わせてください。

cc:Mail のプロファイルを構成する手順

cc:Mail サーバーにドライブをマップし、「MS Outlook サポート ロータス cc:Mail」インフォメーション サービスを含むプロファイルを構成します。 このサービスは、Outlook でインストールされます。

ポストオフィス情報、ログオン名とパスワードを入力します。 既定では、ポストオフィスは、\Ccdata フォルダーです。 メール管理者は、別の名前でこのフォルダーを作成できます、ポストオフィス フォルダー名のことを確認しない場合は、管理者に問い合わせてください。

サービスのインストール中にはメッセージ以下。
cc:Mail プログラム ディレクトリが見つかりませんでした。 今すぐ方をオフラインで作業よろしいですか?
検索が開始を選択し、プログラム ファイルの場所を指定します。 既定では、このフォルダーは \Ccmail または \Lotapps\Ccmail です。

プロファイル情報を入力し、Outlook の起動します。

Outlook を起動エラーのトラブルシューティング

Outlook の起動時に、以下のエラー メッセージのいずれかが表示されることがあります:
cc:Mail ポストオフィスが見つかりませんでした。 今すぐ変更しますか? 表示または cc:Mail ポストオフィスへのパスを変更したい場合は、-をはいしています。 なし - または現在オフラインで作業している場合、いいえ - 変更する操作を行いますしない場合は、ポストオフィスが現在利用できない場合。
-または-
ログオンできません情報を使用して cc:Mail へ入力しました。 ポストオフィスのパス、ユーザー名、または指定したパスワードは正しくない可能性があります。 今すぐ修正しますか? 今すぐ修正するには、する場合は [Yes/はい] を選択します。
次のこれらのエラーのトラブルシューティング手順に従います。

  1. あるロータス サポート ファイル ライブラリから最新のベンダー独立メッセージ (VIM) DLL ファイルをダウンロードします。
    http://ftp.support.lotus.com/ftp/pub/comm/ccmail/dev_tools/

    - または -

    ftp://ftp.support.lotus.com/pub/comm/ccmail/dev_tools/
    ファイル名は。

    Windows 95/98 と NT コンピューター用の Vdlw32.zip

    VDlw32.zip ファイル Windows 95/98 で、[\Windows\System\] フォルダーに解凍します。

    VDlw32.zip ファイルで Windows NT には、\Winnt\System32\ フォルダーに解凍します。

    バージョン 6.x のポストオフィスのこれらのファイルを必要とし、バージョン 2.x 実行インストールに最適なします。
  2. cc:Mail プログラム ファイル、次のレジストリ キーに正しいパスを確認します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Transend\Ccmsvc
  3. 以下のファイルの名前を変更します:
    Ccmab32.dll Ccmdlist.exe Ccmsvc.cnt Ccmsvc.hlp Ccmxp32.dll
  4. 再起動の Outlook とファイルは再インストールします。

構成エラー

エラーを表示せず、Outlook と新しいメールの確認を開始する正常にことができますと EXPORT.EXE と Import.exe メール サーバーの \Ccadmin フォルダーからフォルダーにコピー、\Windows\System。 cc:Mail バージョン 6.x ポストオフィスでセットアップする場合もする \Windows\System フォルダーに \Ccadmin フォルダーから、Ie.ri ファイルをコピーする必要があります。

これらのファイルが存在しない場合または間違ったバージョンのこれらのファイルを使用する場合は、イニシャライズ、次のエラー メッセージのツール cc:Mail サービス関連のツール メニューを使用するしようとしたとき。
実行時エラー! プログラム c:\windows\system\cwimport.exe プログラムの異常終了します。
-または-
構成エラー: このシステムには、要求されたインポートを実行するための必要なリソースがありません。 「ソフトウェア要件に関する詳細情報について cwimport.txt にしてください。
注: このメッセージで cwimport.txt ファイル名が正しくありません。 正しいファイル名前は Cwimport.ini です。 exportrn.bat と呼ばれるバッチ ファイルを実行するコンピューター、上では、EXPORT.EXE を実行する必要があります。 そのバッチ ファイルでは、c:\windows\cwimport.ini ファイル、エラー メッセージに記載が作成されます。

cc:Mail トランスポートを再インストール

これらトラブルシューティングの手法が動作しない場合や、部分のセットアップを既に完了する場合は、次の cc:Mail トランスポートを再インストール手順に従います。
警告: レジストリ エディターを誤って使用重大な問題として Windows の再インストールする必要を引き起こします。 Microsoft できません、レジストリ エディターの不適切な使用に起因する問題責任を負わないこととします。 レジストリ エディターは、自己の責任においてご使用してください。
レジストリを編集する方法については、値を変更するキーとヘルプの「レジストリ エディター (Regedit.exe) を参照します。 レジストリを編集する前にレジストリ ファイル (System.dat と User.dat) のバックアップ コピーを作成する必要があることに注意ください。

  1. Windows レジストリ エディターを使用して、次のキーを削除します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Transend\Ccmsvc HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows Messaging Subsystem\


    Profiles\ < cc:Mail プロファイルの名前 >
  2. 以下のファイルの名前を変更します:
    Ccmab32.dll Ccmdlist.exe Ccmsvc.cnt Ccmsvc.hlp Ccmxp32.dll
  3. 再起動の Outlook とファイルは再インストールします。
  4. cc:Mail トランスポートのインストール後は、この資料を cc:Mail プロファイルを構成する手順」というタイトルの「の手順に従って、cc:Mail サービス プロファイルを構成します。

関連情報

cc:Mail の Outlook を使用の詳細については、Microsoft Outlook のヘルプを参照、[ヘルプ] メニューの [Office アシスタント </a0>] または [アンサー ウィザードの"cc:Mail"を入力、[「使用する場合ロータス cc:Mail:」のビューをクリックして

cc:Mail がロータス開発から、マイクロソフトに依存しない、ベンダーで製造。 保証、黙示またはそれ以外の場合、この製品のパフォーマンスや信頼性についてを行うことがありません。

プロパティ

文書番号: 195594 - 最終更新日: 2014年2月7日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbmt KB195594 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:195594
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com