SQL Server 7.0 のレプリケーションに関してよく寄せられる質問

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 195757 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP195757
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、SQL Server 7.0 のレプリケーション機能に関してよく寄せられる質問を取り上げています。

詳細

  1. Q : MSreplication_subscriptions テーブルはサブスクライバにいつ作成されるのですか。

    A : MSreplication_subscriptions テーブルは、テーブルが存在しない場合、ディストリビューション エージェントによって起動時に作成されます。また、サブスクライバに MSreplication_subscriptions テーブルが存在しない場合、sp_addpullsubscription ストアド プロシージャによって作成されることもあります。
  2. Q : 各エージェントに対して、どの .exe ファイルまたは .dll ファイルが呼び出されますか。

    A : 次の表に、エージェント名と関連するファイルを示します。

    元に戻す全体を表示する
    エージェント名 ファイル名
    ログ リーダー エージェント Logread.exe
    スナップショット エージェント Snapshot.exe
    ディストリビューション エージェント Distrib.exe
    マージ エージェント Replmerg.exe

    : ディストリビューション エージェントおよびマージ エージェントは、Sqldistx.dll および Sqlmergx.dll の ActiveX インターフェイスを使用して起動できます。
  3. Q : ディストリビューション データベースは複数必要ですか。

    A : ほとんどの場合、必要なのは 1 つだけです。この機能はレプリケーション操作と管理を集中させ、1 つのディストリビューション サーバーに多数のパブリッシャをホストさせるためのものです。1 つのディストリビューション データベースで多数のパブリッシャをサポートできますが、管理目的のために論理レプリケーション アプリケーションを複数の異なるデータベースに分けておきたいことがあります。場合によっては、(ディストリビューション データベースに対する書き込みと読み取りの両方で) 競合が減少し、パフォーマンスが向上することもあります。
  4. Q : マージ セットアップしたサーバーすべてに、同じ優先順位を設定できますか。

    A : パブリッシャとサブスクライバに同じ優先順位が設定されることはありません。SQL Server はサブスクリプションを追加するときにこれを強制的に行います。ただし、同じ優先順位が設定されたサブスクリプションが 2 件ある場合 (たとえば S1 と S2)、パブリッシャの変更に成功した最初のサブスクリプションが優先されます。言い換えると、S1 と S2 が同時に擬似的な変更を行った場合、パブリッシャに対して最初に変更をマージするサブスクリプションが優先されます。基本的に優先順位 0 を持つローカルなサブスクリプションにも、同じルールが適用されます (ハブに対して処理が成功した最初のサブスクリプションが優先されます)。
  5. Q : "スキーマ情報を配布できませんでした" というエラー メッセージが表示され、インターネット パブリケーションの同期に失敗します。なぜですか。

    A : ファイル コピー操作の失敗が原因であると考えられます。デフォルトでは、プル エージェントはディストリビュータ/パブリッシャに対する汎用名前付け規則 (UNC) パス セットを使用してファイルを開きます。UNC は、コンピュータが LAN 上にないと機能しません。ディストリビュータで FTP サーバーをセットアップし、マージ エージェント コマンド ラインから FTP アドレスを設定することができます。インターネットで使用できるパブリケーションでは、クライアント コンピュータに初期スナップショットがダウンロードされます。これは、初期スナップショットがサブスクライバに適用される前に、FTP 経由でマージ エージェントによって行われます。詳細については、SQL Server Books Online を参照してください。
  6. Q : SQL Server 7.0 から Microsoft Access 97 データベースにマージ レプリケーションを行うことはできますか。

    A : Access 97 データベースへのマージ レプリケーションがサポートされるのは Access の次のバージョンからになります。それより前のバージョンでこの機能を使用するためには、SQL Server 7.0 および Microsoft Office の次のバージョンに含まれる JET Replication Provider が必要です。
  7. Q : レプリケーション ActiveX コントロールを使用して Access 97 データベースからマージ パブリケーションをプルすることはできますか。

    A : ActiveX コントロールを使用して、Access の .mdb ファイルから SQL Server 7.0 のマージ パブリケーションへのプル サブスクリプションをマージできます。これを示すサンプル コードについては、SQL Server Books Online を参照してください。
  8. Q : SQL Server 7.0 から ODBC サブスクライバにマージ レプリケーションを行うことはできますか。

    A : スナップショットを異種の ODBC サブスクライバにプッシュすることはできますが、パブリケーションをマージすることはできません。
  9. Q : レプリケーション ActiveX コントロールを使用して SQL Server 7.0 から ODBC サブスクライバにマージ パブリケーションをプルすることはできますか。

    A : いいえ、できません。マージ レプリケーションは SQL Server 7.0 と Jet 4.0 でのみサポートされています。
  10. Q : "制限付き" パブリケーションについてはどうなりましたか。

    A : SQL Server 6.5 で実装されている制限付きパブリケーションは、現在サポートされていません。ただし、SQL Server 7.0 には、より機能性の高いパブリケーション アクセス リスト (PAL) があります。PAL を使用すると、特定のパブリケーションにサブスクライブできる Windows NT グループまたは標準ログインを指定できます。詳細については、SQL Server Books Online の「パブリケーション アクセス リスト」を参照してください。
  11. Q : パブリッシングとディストリビューションのアンインストール ウィザードを使用したときに、ディストリビューション データベースの物理ファイルがハード ディスクに残りました。これは仕様ですか。レプリケーションを再インストールすると、どうなりますか。

    A : ディストリビューションを削除すると、SQL Server は物理ファイルを削除しようとします。ただし、ディストリビューション データベースが他のクライアントによって使用されている場合、またはファイルの削除中に共有違反がある場合、実際にそのファイルがハード ディスクから削除されることはありません。物理ファイルが削除されていないのにディストリビューションを再インストールしようとすると、そのディストリビューション データベースには新しい名前が割り当てられます。
  12. Q : あるアーティクルに 1 つのテーブルを持つスナップショット パブリケーションを作成した後で、パブリッシュされたテーブルのスキーマを変更すると (テーブルに列を追加して変更するなど)、サブスクライバでは新しいスキーマが適用されますか。

    A : SQL Server 7.0 では、パブリッシュされたテーブルのスキーマへの変更はレプリケートされません。新しい列をレプリケートするには、新しいパブリケーションを作成し、そのパブリケーションに対してサブスクライブする必要があります。
  13. Q : MSRepl_Commands に保持されているコマンドを確認するための適切な方法を教えてください。

    A : ディストリビューション データベースで、sp_browsereplcmds ストアド プロシージャを実行します。
  14. Q : ディストリビューション エージェントが起動したときにスナップショット エージェントが完了していない場合は、どうなりますか。

    A : ディストリビューション エージェントは、スナップショット エージェントと同時に実行しても問題ありません。ディストリビューション エージェントを実行したときに使用可能なスナップショットがないと、(その状態が連続する場合は) ディストリビューション エージェントは待機状態になるか、スナップショットがまだ使用可能となっていないことを知らせるメッセージを表示してシャットダウンします。
  15. Q : Windows NT Server でトランザクション レプリケーション機能を使用できません。なぜですか。

    A : SQL Server Desktop Edition を実行しているときに、Windows NT Server でトランザクション レプリケーション機能を使用することはできません。Desktop Edition はどのプラットフォームにもインストール可能であることに注意してください。
  16. Q : 再同期を行っても、ALTER TABLE ステートメントを実行した後にチェックサム妥当性検査が失敗します。なぜですか。

    A : Checksum() が正しく動作するためには、2 つのテーブルがページ上で厳密に一致するバイナリ構造を持つ必要があります。パブリッシャで ALTER TABLE を実行し、サブスクライバでテーブルを作成した場合、2 つのテーブルは同じバイナリ構造を持ちません。
  17. Q : 更新サブスクライバを使用すると、パブリッシュされたテーブルが変更されます。なぜですか。

    A : パブリケーションまたはサブスクリプションに関与するテーブルは、SQL Server タイム スタンプ列を持つことが求められます。その列がない場合、ユーザーがパブリケーションを作成するときに SQL Server 7.0 によって自動的に列が追加されます。タイム スタンプ列は、テーブルのパブリッシングを停止すると簡単に削除できます。アプリケーション内の INSERT、UPDATE、または DELETE ステートメントにタイム スタンプ列を含める必要がないため、タイム スタンプ列のあるテーブルに対してアプリケーションは変わらず動作します。
  18. Q : Host Data Replicator (HDR) は SQL Server 7.0 で動作しますか。

    A : いいえ、動作しません。HDR は SQL Server 6.5 でのみサポートされています。SQL Server 7.0 を使用する場合は、代わりにデータ変換サービス (DTS) を使用してください。

この資料に記載されていない質問については、次のマイクロソフト Web サイトで Microsoft SQL Server ニュースグループを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/community/newsgroups/dgbrowser/default.mspx?dg=microsoft.public.jp.sqlserver.server
マイクロソフト コミュニティは、マイクロソフト製品や関連技術に関する知識とニュースを共有するために、マイクロソフト社員、ユーザー、各分野のエキスパートが情報を交換する場です。これらのコミュニティでは、質問に対する回答や問題の解決策を得ることや、専門知識を他者と共有することを目的に、さまざまな方法を提供しています。マイクロソフト コミュニティは、次のマイクロソフト Web サイトにあります。
http://www.microsoft.com/japan/communities/default.mspx

プロパティ

文書番号: 195757 - 最終更新日: 2014年2月6日 - リビジョン: 3.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbfaq kbinfo KB195757
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com