よく寄せられる質問 - SQL Server 7.0 - フェールオーバー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 195761 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP195761
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、SQL Server 7.0 のフェールオーバーのサポートに関してよく寄せられる質問について説明します。

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明

詳細

  1. Q. SQL Server 6.5 のサーバーがクラスタの一部になっている状態で、SQL Server 6.5 を SQL Server 7.0 にアップグレードする方法を教えてください。

    A. 使用中の SQL Server 6.5 のサーバーがクラスタの一部になっている場合、サーバーを SQL Server 7.0 にアップグレードするには、次の手順を実行する必要があります。
    1. 各プライマリ ノード上の SQL Server 6.5 のクラスタを削除します。
    2. SQL Server 7.0 Books Online の「クラスタ構成内で MS DTC を SQL Server 7.0 と共に使用できるように設定する」の記載に従い、Microsoft 分散トランザクション コーディネータ (MS DTC) と共に使用するグループをクラスタ化します。このグループには Disk、IP Address、および Network Name リソースが含まれます。このようなグループが存在しない場合、SQL Server 7.0 はインストールされません。
    3. この時点で、SQL Server 6.5 はスタンドアロン サーバーです。アクティブ/アクティブ構成の場合は、各ノード上の SQL Server 6.5 を SQL Server 7.0 Enterprise Edition にアップグレードします。アクティブ/パッシブ構成の場合は、プライマリ ノードをアップグレードするだけで済みます。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトの「Migrating from SQL Server 6.5 to 7.0」を参照してください。
      http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/sql/70/deploy/migrat.mspx
    4. 最新の SQL Server 7.0 Service Pack をインストールします。
    5. 各プライマリ ノード上で、フェールオーバー クラスタ ウィザードを使用して SQL Server 7.0 Enterprise Edition をクラスタ化します。詳細については、以下を参照してください。
      SQL Server 7.0 Books Online の「サポートされているクラスタ構成」
      219264 [INF] SQL Server 7.0 クラスタリング セットアップのインストール手順
  2. Q. SQL Server クラスタ環境で起動時のトレース フラグを使用する方法を教えてください。

    A. SQL Server をクラスタ環境で起動し、その際にさまざまな起動時のパラメータを使用するには、以下の手順を実行します。

    1. Microsoft Cluster Server (MSCS) クラスタ アドミニストレータを使用して、仮想サーバーをオフラインにします。
    2. この手順ではレジストリを編集します。

      警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。
      REGEDT32 を実行して、次のキーに移動します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSSQLServer$<SVS>
      <SVS> は仮想 SQL Server の名前です。
    3. 起動時のパラメータを変更するか、Parameters\SQLArg<n> キーに追加します (n は 2 より大きく、かつ、既存の最大値より 1 大きい値です)。
    4. 仮想サーバーをオンラインに戻します。これにより、上記のレジストリ キーが読み取られるため、SQL Server の起動時に新しいパラメータが使用されます。
  3. Q. クラスタリング環境で SQL Server 7.0 を実行するには、どのようなハードウェアが必要ですか。

    A. サポートされるハードウェア構成の一覧やハードウェア構成の情報については、『Microsoft Cluster Server Administrator's Guide』を参照してください。

    詳細については、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。
    309395 サーバー クラスタに関するマイクロソフトのサポート ポリシーと、ハードウェア互換性リストおよび Windows Server Catalog
  4. Q. クラスタの 1 つのノードに SQL Server 6.5 をインストールし、同じクラスタの別のノードに SQL Server 7.0 をインストールすることはできますか。

    A. いいえ。SQL Server 6.5 は、ノード上で SQL Server 7.0 が既にクラスタ化されているクラスタには参加できません。同様に、SQL Server 7.0 は、ノード上で SQL Server 6.5 が既にクラスタ化されているクラスタには参加できません。2 つの SQL Server を 1 つのクラスタに参加させるには、SQL Server のバージョンを同じにする必要があります (つまり、両方の SQL Server のバージョンを 6.5 か 7.0 のいずれかに揃える必要があります)。
  5. Q. フェールオーバーをサポートするには SQL Server 7.0 ファイルをどこに置けばよいでしょうか。

    A. SQL Server によって使用されるすべてのデータベース ディスクおよび SQL Server をサポートするすべてのリソースは共有ディスクにインストールする必要があります。ただし、通常のクラスタ セットアップでは、クラスタの両ノードにあるローカル ディスクに一部のファイルがコピーされます。
  6. Q. クラスタ サービスに障害として検出されないように、SQL Server をコマンド ラインからシャットダウンする方法を教えてください。

    A. コマンド ラインから SQL Server を正常にシャットダウンするには、Microsoft Windows NT Server Enterprise Edition に付属している Cluster.exe アプリケーションを使用します。このアプリケーションは通常の Windows NT のクラスタ セットアップの一部としてインストールされ、Windows NT Workstation やメンバ サーバー上で実行することにより、クラスタ アドミニストレータや他の管理アプリケーションのみをインストールできます。このコマンドの基本構文は次のとおりです。
       cluster [cluster name] RESOURCE [resource name] /option
    						
    上記のコマンド構文では、/option スイッチを使用して機能を制御します。ここで使用する特定のオプションは、/online と /offline です。これら 2 つのオプションはそれぞれ、仮想化されていないサーバーでの net start mssqlserver (コマンド ラインから SQL Server を開始する方法) と net stop mssqlserver (コマンド ラインから SQL Server をシャットダウンする方法) に相当します。この手順は、汎用サービス、SQL Server エージェント 7.0、SQL Server 7.0 のリソースに対して実行できます。

    以下に、このコマンド構文の使用方法の例をいくつか示します。
    クラスタ名が "SQLCluster" でリソース名が "VirtualSQL" である場合 ("VirtualSQL" は SQL Server 7.0 リソースの名前であり、仮想ネットワーク名リソースではありません)、SQL Server 7.0 リソースをオフラインにするには次のコマンドを実行します。
          cluster "SQLCluster" resource "VirtualSQL" /offline
    						
    SQL Server 7.0 リソースをオンラインに戻すには、次のコマンドを実行します。
          cluster "SQLCluster" resource "VirtualSQL" /online
    						

この資料に記載されていない質問については、以下の Microsoft SQL Server ニュースグループを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/community/newsgroups/dgbrowser/default.mspx?dg=microsoft.public.jp.sqlserver.server

プロパティ

文書番号: 195761 - 最終更新日: 2014年2月11日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbfaq kbinfo KB195761
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com