MindSpring のインターネット メールを使用して OL2000: (CW) 接続エラー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 195780 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。


注: 以下の手順だけ場合に使用企業ワークグループまたはその他のオプションで Outlook をインストールしました。 このオプションを使用すると、メッセージング アプリケーション プログラミング インタフェース (MAPI) サービスを利用できます。 インストールの種類を確認するには、[ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックします。 バージョン情報が表示「企業」企業/ワークグループ インストールした場合。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

を Outlook 2000 を起動または MindSpring のインターネット メール サーバーに最初に接続すると、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
記録できませんでした [メール サーバーに: サーバー名。 必ず、アカウント情報が正確なしてください。 この問題が継続する場合はインターネット サービス プロバイダーに連絡します。
このメッセージは、次のメールを送信したが、送信トレイを残さないことあります。 が

解決方法

この問題の原因が考え、インターネット メール サービスのプロパティの設定が正しくありません。 次のこの問題のトラブルシューティング手順に従います。

インターネット電子メール サービスを使用して不適切な設定

  1. [スタート] をクリックしての設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. メール] アイコンをダブルクリックします。 メールがのみアイコン FAX サービスをインストールしなかった場合。
  3. 複数のプロファイルを持っている場合プロファイルの表示をクリックし、[全般] タブ、MindSpring のインターネット メールの設定を含むプロファイルを] をクリックします。
  4. ボタンをクリックして [サービス] タブで、インターネット電子メール サービスが表示します。 ない場合は、[追加] をクリックしてインターネット メールを追加します。
  5. [サービス] タブで、インターネット メールを] をクリックして、[インターネット メール プロパティを開くにプロパティ] をクリックします。
  6. サーバー タブをクリックして送信メール (SMTP) ボックスに入力、小文字で、mail.mindspring.com、場合に応じて mail.pipeline.com、MindSpring またはパイプラインのアカウントがある)。
  7. 受信メール (POP3) でボックス入力で小文字、pop.mindspring.com または pop.pipeline.com によって、MindSpring またはパイプライン アカウントがある場合。

    注: メール サーバーの情報を上記の一覧と異なる場合、MindSpring によって提供されるサーバー名を使用します。
  8. アカウント名、[を含まない電子メール名を入力、@ 記号、およびパスワードは、パスワードを入力します。
  9. [OK]、閉じる。
Outlook を起動や、メッセージを送信します。

詳細

MindSpring のインターネット メール システムでは受信メッセージと、2 番目のサーバー メッセージを送信するための 1 つのサーバーに使用します。 インターネット メール サービスのプロパティを [送信メール (SMTP) サーバー] ボックスするメールを送信するメール サーバーを識別します。 [受信メール (POP) サーバー] ボックスは、メールを受信するサーバーを識別します。

取得するには、個人の MindSpring 電子メール アカウント情報には 800-719-4660 に MindSpring 顧客サービスまたは MindSpring のテクニカル サポート 800-719-4660 にお問い合わせ。

サード パーティ製連絡先この資料に記載情報が必要なテクニカル サポートに見つける表示されます。 この連絡先は、予告なしに変更することがあります。 Microsoft は、このサードパーティの連絡先情報が正しいかどうかに関しては、一切責任を負わないものとします。

ここで説明したサード パーティ製品がマイクロソフトとは無関係のベンダーによって製造された。 保証、黙示またはそれ以外の場合、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてを行うことがありません。

プロパティ

文書番号: 195780 - 最終更新日: 2014年2月3日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Outlook 2000
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbhowto kbprb kb3rdparty kbmt KB195780 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:195780
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com