Internet Explorer 5 の Web フォルダの概要

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 195851 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP195851
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Internet Explorer 5 での Web フォルダのインストール、作成、使用に関する概要情報と、Web フォルダの使用時に表示される可能性のある一般的なエラー メッセージについての追加情報を掲載しています。

詳細

Web フォルダは、Internet Explorer 5 に含まれている新しい Web オーサリング コンポーネントです。これを使用すると、WebDAV (WWW Distributed Authoring and Versioning) または Web Extender Client (WEC) のサーバー上で、使い慣れたエクスプローラまたはマイ コンピュータのインターフェイスを使用して、ファイルを管理することが可能になります。WebDAV は、HTTP (Hypertext Transfer Protocol) の拡張機能で、フォルダのコピー、移動、削除、作成などの基本的なファイル機能を HTTP を使用して実行する方法を定義します。WEC は、Web 発行に使用される Microsoft FrontPage プロトコルです。

: Web フォルダは、Windows 2000 のシステムに、自動でインストールされています。ユーザーが最初にログインするときに、次のアプリケーション イベント ID のいずれかが記録されます。
  • アプリケーション ログのイベント ID 11707 : Product: WebFldrs -- Installation operation completed successfully.
  • アプリケーション ログのイベント ID 11728 : Product: WebFldrs -- Configuration completed successfully.


Internet Explorer 5 のインストール時に Web フォルダをインストールするには、カスタマイズ オプションを選択し、[Web オーサリング コンポーネント] の下で [Web フォルダ] チェック ボックスをオンにします。Internet Explorer 5 が既にインストールされている場合は、次の手順に従って Web フォルダを追加することができます。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [アプリケーションの追加と削除] をダブルクリックします。
  3. [インストールと削除] タブで [Microsoft Internet Explorer] をクリックし、[追加と削除] をクリックします。
  4. [コンポーネントを追加する] をクリックし、[OK] をクリックします。
  5. [Web オーサリング コンポーネント] の下で、[Web フォルダ] チェック ボックスをオンにします。
  6. [次へ] をクリックし、指示に従って Web フォルダのインストールを完了します。

Web フォルダの作成方法

Web フォルダの新規作成は、次のいずれかの方法で行います。

方法 1

  1. Internet Explorer で、[ファイル] メニューの [開く] をクリックします。
  2. [開く] ボックスに、http://server_name/folder_name と入力します。server_name には該当するサーバーの名前を、folder_name には該当するフォルダの名前を指定します。
  3. [Web フォルダとして開く] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

方法 2

  1. [マイ コンピュータ] で、[Web フォルダ] をダブルクリックし、[Web フォルダの追加] をダブルクリックします。
  2. [追加する場所を入力してください] ボックスに http://server_name/folder_name と入力し、[次へ] をクリックします。server_name には該当するサーバーの名前を、folder_name には該当するフォルダの名前を指定します。
  3. Web フォルダのショートカット用にわかりやすい名前を入力し、[終了] をクリックします。

Web フォルダを使用したファイルの管理方法

Web フォルダは、マイ コンピュータ (エクスプローラのルート オブジェクト) にアイコンを持つ名前空間 (またはシェル) 拡張機能としてインストールされます。このルート オブジェクトは、Web 発行サイトに対するショートカットのためのコンテナです。エクスプローラを使用して、表示、移動、コピー、名前の変更、削除、新規作成、プロパティによるファイルの並べ替えやグループ分け、ファイルのプロパティ シート情報の表示を Web フォルダで行うことができます。これらは Web サーバーにおける作成およびセキュリティに関するアクセス権に基づいて行われます。

名前空間拡張機能はエクスプローラの [フォルダ オプション] ダイアログ ボックスで設定した表示方法に従います。登録されている拡張子 (.dll、.drv、 .pnf など) 付きのファイルを表示しないよう選択すると、これらの拡張子を持つ Web フォルダ内のファイルが表示されなくなります。

: フォルダの HTML (Hypertext Markup Language) 表示を生成するファイル (.asp または .cgi の拡張子を持つスクリプトなど)、およびユーザーによって編集されることを意図していないその他のファイル (.exe または .dll の拡張子を持つプログラム ファイル) が、フォルダの Web フォルダ表示で表示される場合があります。管理者は必要に応じて、NT ファイル システム (NTFS) 権限またはその他の方法により、これらのファイルがユーザーによって編集されないようにする必要があります。

サポートされている Web サーバー

Web フォルダは、次の必要条件を満たすサーバーと共に使用することができます。
  • サーバーは WEC (FrontPage Extensions 97、98、99 のいずれか) をサポートするか、または WebDAV (Web Distributed Authoring and Versioning) サーバーである必要があります。WebDAV は、HTTP 1.1 に対する一連の拡張機能で、これを使用するとユーザーは Web 上でドキュメントの読み取りと書き込みができます。

    WebDAV の関連情報については、インターネット技術標準化委員会 (IETF) の以下の Web サイトを参照してください。
    http://www.ietf.org/html.charters/webdav-charter.html
  • この機能を利用するには (FrontPage Explorer などで)、少なくとも作成と参照のアクセス権がサーバー上で設定されている必要があります。また、Web フォルダが NTFS ボリューム上に作成されている場合は、適切な NTFS アクセス権がないと参照や変更ができません。
重要 : Web フォルダにより、許可されているユーザーが、サポートされている Web サーバー上のコンテンツを参照したり変更したりできるようになります。サポートされている Web サーバーの管理者は、Web サーバーのソフトウェアに付属しているマニュアルを参照して、許可されていないユーザーによるアクセスからコンピュータを保護してください。

Web フォルダの既知の問題

  • Web フォルダは、Internet Explorer 5 をアンインストールしても削除されず、個別にアンインストールすることもできません。

    マイ コンピュータから [Web フォルダ] アイコンを削除するには、次のレジストリ キーを削除します。
    HKEY_CLASSES_ROOT\Clsid\{BDEADF00-C265-11d0-BCED-00A0C90AB50F}
  • Web フォルダは、Internet Explorer 5 をアンインストールして Internet Explorer 2.0 に戻した場合は機能しません。Web フォルダが機能するのは Internet Explorer 3.0 以降です。

Web フォルダの一般的なエラー メッセージ

  • 利用できないサイトや発行できないサイト (FrontPage Server Extensions がインストールされているが作成が無効になっている場合など) 用に Web フォルダを追加すると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    エラー
    Web サーバーに接続できません。サーバーが見つからないか、サーバーがビジーで応答できない可能性があります。入力した内容が正しいかどうかを確認するか、Web サーバーが使用できる状態であることを確認してください。詳細については c:\windows\TEMP\wecerr.txt をご覧ください。

    Internet Explorer を使用してサーバーが利用可能なことを確認してください。サーバーを Internet Explorer で開くことができる場合は、サーバー管理者に連絡して発行を有効にするよう依頼してください。
  • 発行が可能なサイト (FrontPage Server Extensions が存在して作成が有効になっている場合など) 用に Web フォルダを追加する場合に、ファイルを閲覧または修正する権限がないと、ユーザー名とパスワードの入力を要求され、その後次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    エラー
    この Web フォルダの場所にアクセス権がありません。

    サーバー管理者に連絡して必要な権限の承認を求めてください。
  • Web フォルダの追加ウィザードを使用して Web フォルダを追加するときに HTTP 以外の URL を指定すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    エラー

    入力した場所は HTTP URL ではありません。Web フォルダの場所は、Web サーバー上のフォルダをポイントする、HTTP URL でなければなりません。

    有効な HTTP URL を指定してください。
  • Web フォルダを開こうとしたときに非特定のエラー メッセージが発生すると、URL の閲覧を要求する次のメッセージが表示されます。
    Internet Explorer は Web_address を Web フォルダとして開くことができませんでした。かわりにデフォルト画面を表示しますか?
    [いいえ] をクリックすると、操作はキャンセルされます。[はい] をクリックすると、Internet Explorer が Web サイトを開こうとします。Internet Explorer が Web サイトを開くことができない場合は、存在しないサーバーを指定しているおそれがあります。Internet Explorer が Web サイトを開くことができる場合は、Web フォルダがサポートしていないプロトコルか、WebDAV プロトコルをサポートしていないサーバーまたは FrontPage Server Extensions がインストールされていないサーバーを指定している可能性があります。

プロパティ

文書番号: 195851 - 最終更新日: 2011年9月24日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server
キーワード:?
kbhowto kbsetup KB195851
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com