システム準備ツール (Sysprep) スクリプト ファイル キー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 196667
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft システム準備 (Sysprep) ツール、ウィザードを使用すると、ツールを準備した後、コンピューターを起動して、次回の実行、コンピューターおよびコンピューターにイメージをコピーします。これを自動化することができます。スクリプト ファイルを作成することによって処理します。スクリプト ファイルを Sysprep を使用するのには次の構文を使用します。

sysprep.exe<filename> </filename>

<filename>には、スクリプト ファイルの名前が入ります。</filename>

スクリプト ファイル [NT4Preinstall] と呼ばれる 1 つのセクションが含まれている必要がありますに注意してください。

詳細

スクリプト ファイルのキー

Sysprep スクリプト ファイルには、次のキーを使用できます。
Key name:    OemSkipEula
Values:      Yes | No
Description: This key disables the display of the End User License 
             Agreement (EULA) when the value is set to Yes. The default 
             value is No.

Key name:    ProductID 
Value:       xxx-xxxxxxx OR xxxxx-OEM-xxxxxx-xxxxx
Description: This key specifies whether the Product ID screen should be 
             displayed. The Product ID key is displayed by default.

Key name:    FullName
Value:       <string>
Description: This key specifies the user's name. If this key is not 
             specified or the string value is blank, the User Name And 
             Organization screen is displayed.

Key name:    OrgName
Value:       <string>
Description: This key specifies the user's organization or company name. 
             If this key is not specified or the string value is blank, 
             the User Name And Organization screen is displayed, unless 
             the FullName key is specified with a valid string value.

Key name:    ComputerName
Values:      <string> | "Auto"
Description: This key specifies the computer name. If this key is not 
             specified or the string value is blank, the Computer Name 
             screen is displayed. The string value must be a minimum of 1 
             non-white-space character and a maximum of 15 non-white-space
             characters.

             If this string value is set to "Auto," Setup automatically 
             generates a unique computer name based on a random number. 
             This provides a mechanism to install multiple computers with
             a unique computer name. 

Key name:    AdminPassword
Value:       <string>
Description: This key specifies the password for the administrator 
             account. If this key is not specified or the string value is 
             blank, the Administrator Password screen is displayed. The 
             string value must be a minimum of 1 non-white-space character
             and a maximum of 15 non-white-space characters. To specify a 
             blank or NULL password use "*".

Key name:    OEMBannerText 
Value:       <text string>
Description: This key specifies a string to be displayed in the upper-left
             corner of the screen. The text must contain the "Windows NT" 
             sub-string or it is ignored. You can specify multiple lines 
             by using the "*" character as a separator.

Key name:    OEMLogoBitmapFile
Values:      <file name> [, <resource id>]
Description: This key specifies a bitmap to be displayed in the upper-
             right corner of the screen. If this key has only one field, 
             it is assumed to be a bitmap (.bmp) file located in the 
             folder in which the System Preparation tool resides. If two 
             fields are specified, the first field is the name of a 
             dynamic-link library (DLL) and the second field is a decimal 
             number that represents the resource ID of the bitmap in the 
             DLL. The DLL should be located in the folder that contains 
             Sysprep.exe.

Key name:    OEMBackgroundBitmapFile
Values:      <file name> [,<resource id>]
Description: This key specifies a background bitmap to display. If this 
             key has only one field, it is assumed to be a bitmap (.bmp) 
             file located in the folder in which Sysprep.exe resides. If 
             two fields are specified, the first field is the name of a 
             dynamic-link library (DLL) and the second field is a decimal 
             number that represents the resource ID of the bitmap in the 
             DLL. The DLL should be located in the folder that contains 
             Sysprep.exe.

Key name:    OEMSkipWelcome
Values:      0 | 1
Description: If this key is set to 1, the Welcome page is skipped. If the 
             key is set to 0, the Welcome page is displayed.

Key name:    OEMNoWaitAfterGUIMode
Values:      0 | 1
Description: If this key is set to 1, the Finished page is not displayed 
             and the computer is automatically restarted when the wizard 
             is finished. If the key is set to 0, the Finished page is 
             displayed and the computer does not automatically restart.

Key name:    NoSidGen
Value:       Yes | No
Description: This key disables the Security Identification (SID) 
             modification code. Set this key to Yes to disable the SID 
             modification code. You might use this value if the computer 
             is to be preconfigured with system services and access (ACL) 
             permissions. This allows a system integrator or administrator
             to preconfigure a computer and set the computer name, 
             administrator password, and other settings at the final 
             location.

             NOTE: Do not use this key if you plan to duplicate the 
             system.
				

サンプル スクリプト ファイル

次のサンプル ファイル Windows NT 4.0 のミニセットアップ ウィザード スクリプトの例を示します。
   [NT4Preinstall]
   OemSkipEula = Yes
   ProductID = 123-4567890
   FullName = "Sample Company User"
   OrgName = "Sample Company Inc."
   ComputerName = "auto"
   AdminPassword = "password"
				

Sysprep.exe のコマンド ライン スイッチ

Sysprep には、以下のコマンド ライン スイッチがサポートされています。
Switch:      <filename>
Description: Instructs the Windows NT 4.0 Mini-Setup wizard to use the 
             settings in the specified script file automatically. For 
             example, the following command specifies that the Mini-Setup 
             wizard should use the settings in the Nt4setup.inf file:

                sysprep nt4setup.inf

             NOTE: There is no dash preceding the script file name.

Switch:      -quiet
Description: Instructs Sysprep to run without displaying a warning dialog 
             box. For example, the following command specifies that only 
             the license information screen should be displayed:

                sysprep -quiet

             The warning message stating that the computer is going to be 
             prepared for disk imaging and automatically shut down is not 
             displayed, and the computer shuts down automatically.

             NOTE: The preceding dash is required.

Switch:      -reboot
Description: Instructs Sysprep to automatically restart the computer. For 
             example, the following command specifies that the computer is
             restarted automatically instead of being shut down after 
             Sysprep has finished:

                sysprep -reboot

             You should not use this switch if you are preparing the 
             computer for disk imaging. This switch may be useful if you 
             plan to automate a test process designed to run after Sysprep
             has finished.

             NOTE: The preceding dash is required.

Switch:      -defeat
Description: Instructs Sysprep to run on a computer that has retail 
             versions of Windows NT 4.0 Workstation or Windows NT 4.0 
             Server and Microsoft Office 97. Normally, Sysprep requires
             a Microsoft Select Volume CD-ROM or an OEM (Original 
             Equipment Manufacturer) CD-ROM installation to run. 
				

次のサンプル Sysprep コマンドはすべてのコマンド ライン スイッチを使用します。

sysprep setupscript.inf ・ サイレント - 再起動の敗北

関連情報

Sysprep の詳細については、Sysprep.doc を参照してください。Sysprep ツールに含まれているファイル。

プロパティ

文書番号: 196667 - 最終更新日: 2011年7月7日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbinfo kbmt KB196667 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:196667
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com