[WD97]: 脚注が次のページに移動

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 196720 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

参照が発生するページに収まらない場合、脚注の一部またはすべて、次のページに移動があります。

回避策

全体または一部をページに脚注が次ページに移動された場合、設定または脚注の書式設定を変更することがあります。 脚注の配置を制御するには、適切なメソッドを状況に応じて使用します。

方法 1: 使用プリンター メトリックス オプションを変更します。

使用プリンター メトリックス オプションを変更をするには以下の手順に従います。
  1. [ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックし、[ 互換性 ] タブ。
  2. [ オプションの推奨される 、ボックスの一覧 Word 6. 0/95 を選択します。
  3. オプション 、[変更 するときにプリンターの設定に従うドキュメントのレイアウト ] チェック ボックスを (がある場合、チェックは、チェックがない場合は、オフに入力するか)。
: ほとんどの場合、 するときにプリンターの設定に従う文書をレイアウトする チェック ボックスをオフ、問題を解決します。

方法 2: 固定値"に、標準のテキストの行間を変更します。

文書の行間を 単精度浮動小数点型 (Single 以外に設定する場合はこのメソッドを試してください ([ 書式 ] メニューの [ 段落 ] をクリックして インデントと行間隔 タブ)。 正確なポイント サイズに通常、本文のテキストの行間を設定します。 ポイント サイズは、標準フォントのタイプフェイスとポイント サイズによって異なります。

通常のテキストの行間を変更するには、次の手順に従います。
  1. [ 編集 ] の [ すべて選択 ] をクリックします。
  2. [ 書式 ] メニューの [ 段落 ] をクリックします。
  3. 行間 を [ 固定値 </a0> をクリックします。 目的のサイズにポイント サイズを大きく AT 、[(は、12 ポイントのフォントを試してみて 24 PT 固定値 倍精度浮動小数点数型 (Double) の値の行間の)。
  4. [ OK] をクリックします。

方法 3: に脚注テキストのスタイルの行間を固定値"に設定します。

フォント サイズを少し超えて正確なポイント サイズ] に、脚注のテキスト スタイルの行間を設定します。 これは、脚注、脚注の複数の部屋ので間のスペース量を削減します。

脚注テキストの行間を変更するには、次の手順に従います。
  1. [ 書式 ] メニューの [ スタイル ] をクリックします。
  2. スタイル 一覧から [ 脚注のテキスト ] をクリックし、 変更 します。
  3. スタイルの変更 ] ダイアログ [ 書式設定 ] をクリックして [ 段落 ] をクリックします。
  4. [ 行間 ] ボックスの一覧で 固定値 </a0> をクリックします。
  5. ボックス で、脚注のテキストのフォント サイズよりも少し大きいポイント サイズを入力を [OK] をクリックします。 たとえば、脚注のテキストのフォント サイズが 10 ポイントの場合、行間隔を正確に 10. 5 ポイントに設定します。

    : 設定する行間隔のサイズに型のポイント サイズより小さいと、テキストの上下が表示されません。
  6. [OK ] をクリックし、 適用 を実行します。

方法 4: ポイントを考慮して脚注テキストのスタイルのサイズを減らす

脚注のテキスト スタイルを変更をするには次の手順に従います。
  1. [ 書式 ] メニューの [ スタイル ] をクリックします。
  2. スタイル 一覧から [ 脚注のテキスト ] をクリックし、 変更 します。
  3. スタイルの変更 ] ダイアログ [ 書式設定 ] をクリックして [ フォント ] をクリックします。
  4. サイズ ] ボックスで、いくつかのポイント サイズを小さくし、 [OK] をクリックします。
  5. [OK ] をクリックし、 適用 を実行します。

方法 5: ページの余白のサイズを減らす

ページの余白のサイズを小さくするには、次の手順に従います。
  1. [ ファイル ] メニューの [ ページ設定 ] をクリックします。
  2. 余白 ] タブで、[、余白の設定を削減し、 [OK] をクリックします。

方法 6: テキストのサイズを減らす

少しでは、テキストのサイズを縮小します。 テキストにスタイルを適用した場合は、スタイルを直接変更できます。 テキストにスタイルを適用していない場合は、テキストを強調表示し、次のいずれか。
  • フォントのサイズを変更する 書式 メニューの [ フォント ] をクリックします。

    - または -
  • テキストの行間を変更する 書式 メニューの [ 段落 ] をクリックします。

方法 7: 脚注の境界線の行間を変更します。

脚注の境界線の行間を変更、次の手順に従います。
  1. [ 表示 ] メニューの [ 標準 を] をクリックします。
  2. [ 表示 ] メニューの [ 脚注 ] をクリックします。 [メモ] 脚注 (または ノート ) 一覧から 脚注の境界線 を選択します。
  3. 脚注の境界線を選択します。
  4. [ 書式 ] メニューの [には 段落 ] をクリックし、方法 2 でとして [ 線の間隔 を 4 または 5 ポイントなど、正確な金額に変更します。

方法 8: オフ] に、脚注段落ウィドウ孤立したコントロールを変更します。

  1. [ 表示 ] メニューの [ 標準 を] をクリックします。
  2. [ 表示 ] メニューの [ 脚注 ] をクリックします。 メモ ウィンドウですべての脚注を選択します。
  3. [ 書式 ] メニューの [ 段落 ] をクリックします。
  4. [ 改行とページ 区切りタブ または段コントロール チェック ボックスをオフします。 [ OK] をクリックします。

方法 9: 追加して、ユーザー設定の脚注参照と脚注を表示しません。

問題の 1 の右側に、カスタムの脚注を挿入し、[非表示にフォーマットします。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 最後の脚注参照番号] の右側に挿入ポイントを置き [ 挿入 ] メニューの [ 脚注 ] をクリックします。
  2. 段落番号 ] の下 [を カスタム設定 を選択、アスタリスクを入力、[ OK] をクリックします。
  3. Shift キーを押しながら Home キーを押して新しい脚注アスタリスクを選択します。 [ 書式 ] メニューの [ フォント ] をクリックします。 [ 隠し文字 ] チェック ボックスをオンに、[ OK] をクリックします。
  4. 書式 メニューの [文書の本文に、ユーザー設定の脚注参照記号をクリックして] フォント をクリックします。 [ 隠し文字 ] チェック ボックスをオンに、[ OK] をクリックします。

方法 10: インライン要素を使用します。

可能であれば、操作を行いましていないアンカー header\footer レイヤー内の描画オブジェクトです。 float-オーバー-テキスト項目ではなくインライン要素を使用します。 たとえば、横線を描画できますの表のセル、置き換えられますやテキスト ボックスがフレームに置き換えられます。 クリップアートは配置の float 型 (浮動小数点型) ではなくインライン テキストの上。

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題をこの資料の冒頭に記載されているマイクロソフト製品の問題。 この問題は、Word 2000 で修正されました。 ただし、下位互換性は、Word 2000 維持古いドキュメントの元のレイアウト既定します。

Word 2000 でこの現象を解決するには、次の手順を実行を使用します。
  1. [ ツール ] メニューの [ オプション ] をクリックします。
  2. [ 互換性 ] タブの [、 脚注 Word 6.x/95/97 のように配置 する </a0>] チェック ボックスをオフします。

詳細

脚注の追加についてはをクリック資料以下、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示します。
158625[WD 脚注のテキストを表示またはフッターの上に印刷されます。

プロパティ

文書番号: 196720 - 最終更新日: 2007年1月23日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 97 Standard Edition
キーワード:?
kbbug kbfix kbmt KB196720 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:196720
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com