文書番号: 196748 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、POP3 サーバーへの接続をテストするには、Telnet ターミナル プログラムを使用する方法について説明します。次のトピックは次のとおりです。
  • POP サーバーへの Telnet セッションを確立します。
  • POP コマンドを使用して、Telnet セッションで
いくつかインターネット サービス プロバイダー (ISP) がドメイン内のサーバーに Telnet のアクセスを妨げる可能性のあるセキュリティ機能を実装している場合があります。

詳細

POP サーバーへの Telnet セッションを確立します。

Telnet は、付属の Microsoft Windows.With Telnet 端末エミュレーション プログラム、複数のエミュレーションの種類を使用して、サーバーへのホスト セッションを確立することができます。

Telnet セッションを確立するには、以下の手順を実行します。
  1. ISP の Internetthrough に接続するのにダイヤルアップ ネットワーク接続を使用します。
  2. [スタート] ボタンをクリックして、プログラム] をポイントし、[コマンド プロンプト] をクリックします。
  3. MS-DOS ウィンドウで、次のように入力します。
    telnet <POP server name or IP address> 110
    							
  4. ENTER キーを押します。Telnet ウィンドウが表示され、welcomemessage。このメッセージは、前にして、+ [ok] があり、POP サーバーにインストールされているソフトウェアによって異なります。
注:通信、POP サーバー is110 に定義されている既定のポートです。ISP は、サーバーの別のポートに定義されています。既定のポート経由の接続を確立できない場合は、サーバーの構成方法については ISP 参照してください。

さらに、入力された文字を表示するローカル エコーを有効にする必要があります。Telnet セッションでローカル エコーを設定するには、以下の手順を実行します。

Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、(Me)、Microsoft Windows Millennium Edition または Microsoft Windows NT 4.0
  1. [ターミナル] メニューの [設定] をクリックします。
  2. ターミナルの設定] で、[ローカル エコー] チェック ボックスをクリックします。
Microsoft Windows 2000 および Microsoft Windows XP
  1. スタート ボタンをクリックして、[実行] をクリックして、telnet.exe telnet プログラムを起動し、入力します。たとえば、入力します。 telnet pop.microsoft.com 110
  2. タイプ Ctrl +] .
  3. 次のコマンドを入力: Windows 2000 用。

    local_echo のセット

    Windows XP の場合。

    セット localecho
  4. 空白行で Enter キーを押します。
場合は、入力すると、入力した各文字が 2 度現れ、上記の手順を使用してローカル エコーを無効にします。

ポップ コマンドを使用して、Telnet セッションで

ここでは、確認の接続と、POP サーバー上のメールボックスの状態に使用できる基本的な POP コマンドについて説明します。Telnet にコマンドを送信する Beforebeginning、することも、ログ ファイルのキャプチャ セッションのテキストを定義します。Telnet のログをキャプチャするには、Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、Microsoft Windows me、または Microsoft Windows NT 4.0 ベースのコンピューターで次の thesesteps を実行します。
  1. [ターミナル] メニューの [ログ開始] クリックします。
  2. ログ ファイルを開くには、現在のログのファイル名に入力します。ファイルのフォルダーの場所に注意してください。既定の場所は、Windows フォルダーです。
  3. [OK] をクリックします。
Telnet は、コマンドを入力すると、現在のセッションがキャプチャされます。Telnet を終了するときに、ログが willclose。[ターミナル] メニューの [ログの停止] をクリックして、ログの aTelnet セッション中にいつでもキャンセルできます。

注:Telnet では、フル機能を備えたテキスト エディターはありません。ミスし、間違いを修正するには、バック スペースを作成する場合は、コマンドに berecognized ではない可能性があります。ほとんどの場合、コマンドのエラーが表示されます。コマンドを再入力することは、このような場合必要があります。Enteringthe パスワードの場合、ただし、ほとんどのサーバーは、セッションを終了、し、新しいセッションを確立するときに、誤ってを変更したかどうか。

Telnet コマンド

  • ユーザー
このコマンドでは、サーバーに登録されたアカウントとして識別されます。したあとに、サーバーのウェルカム メッセージの上の説明を入力を参照してください。 ユーザー<accountname></accountname> ユーザー情報を入力した後、サーバーは、行を返します"のために必要なパスワードを [ok] + <account name="">.」</account>
  • パス
タイプ パス<your password=""></your> パスワードが受け入れられた場合は返します行のような:"+ [ok]<account name="">がn>(MMMMM)オクテットのメッセージ」、場所、 n> (MMMMM)し、サーバー上のメールボックスに格納されているメッセージの数がすべてのメッセージの合計サイズです</account>。
  • 一覧
プロンプトでの入力リスト。サーバーから返される"+ OK n> MMMMMメッセージ > オクテット) の番号では、individualmessage サイズなど、メッセージの一覧。

  • RETR
このコマンドは、メッセージのテキストを取得します。たとえば、させたいメッセージ番号 4 を取得する場合入力プロンプトで「RETR 4」

  • DELE
このコマンドでは、POP サーバーからメッセージを削除することができます。Deletea メッセージを次のように入力します。 DELE<n></n>、ここで、<n>は、コマンド ボックスの一覧から特定のメッセージ番号です。たとえば、メッセージ番号 4 を削除するコマンドを入力します「4 DELE です。」

重要: 注意して、特定のメッセージがメールの配信をブロックされて、極端な場合、DELE コマンドを使用する必要があります。それを削除する前に、上記で説明したようにログ ファイルにメッセージのテキストを取得することを強くお勧めします。</n>

Windows 7 ベースのコンピューターで Windows Vista ベースのコンピューターに Telnet を有効にする方法

  1. [スタート] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/Public/EN-US/VistaStartButton.jpg
    ボタン、[コントロール パネル] をクリックして、プログラムをクリックしておよび [有効にする Windows 機能または無効] をクリックします。
  2. Windows の機能] ダイアログ ボックスで、[ Telnet クライアント] チェック ボックスを選択します。
  3. [Ok]をクリックします。設定ウィンドウが表示されます。インストールには数分をかかる場合があります。インストールが完了したらが完了することを求めることがなく、構成ウィンドウが閉じます。
  4. Telnet を開くには、[スタート] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/Public/EN-US/VistaStartButton.jpg
    ボタンの種類 Telnet検索の開始ボックス、および ENTER キーを押します。
  5. リモート サーバーへの接続に Telnet を使用して、次のように入力します。 開くには<server name=""> <port#></port#></server> コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。
  6. Telnet を終了したら、ユーザーのコンピューターからアンインストールできます。これには、有効にする Windows 機能または無効] ウィンドウに戻ります、 Telnet クライアントチェック ボックスをオフを [ OK] をクリックします。設定ウィンドウが表示されます。閉じる、Telnet がアンインストールされました。
  7. Telnet がアンインストールされたことを確認するには、開始] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/Public/EN-US/VistaStartButton.jpg
    ボタン、および入力 Telnet [検索の開始] ダイアログ ボックスで。検索結果」項目が一致検索なし」のメッセージが表示されます。
.

関連情報

Windows 95 でインターネットへのダイヤルアップ ネットワーク接続の構成の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
138789 Windows 95 では、インターネットに接続する方法
Windows NT でインターネットへのダイヤルアップ ネットワーク接続を構成する詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。
156569 Windows NT からのインターネット サービス プロバイダーに接続する方法

プロパティ

文書番号: 196748 - 最終更新日: 2013年11月18日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
  • Microsoft Office Outlook 2003
  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • Microsoft Outlook 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbhowto kbmt KB196748 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:196748
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com