[VS60] Microsoft Libraries Update について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 197298 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP197298
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Microsoft Libraries Update の内容と入手方法について説明したものです。

Microsoft Libraries Update は、Visual Studio 6.0 により作成されたアプリケーションと共に頒布される複数の再頒布用ランタイム ファイルにおける既知の互換性問題に対する修正モジュールを提供しています。

Visual Studio 6.0 ファミリ製品をお持ちの方が、それらがインストールされている環境へアップデートを行う場合には、Visual Studio 6.0 Service Pack 2 を適用してください。

詳細

本アップデートは、Visual Studio 6.0 ファミリ製品をお持ちでないユーザ様のために用意されたものです。以下の 9 ヶ国語むけのバージョンが提供されています。

英語、ドイツ語、日本語、フランス語、イタリア語、スペイン語、韓国語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)

収録ファイル

   ファイル名     バージョン    説明
   -----------------------------------------------------------------------

   Msvcrt.dll     6.00.8337     Visual C++ の C ランタイム ライブラリ。

   Oleaut32.dll   2.30.4265     OLE オートメーション ファイル群のなかの 1 つ。
                                MFC や Visual Basic ランタイムが使用します。

   Olepro32.dll   5.00.4265     OLE オートメーション ファイル群のなかの 1 つ。
                                MFC や Visual Basic ランタイムが使用します。

   Asycfilt.dll   2.30.4265     OLE オートメーション ファイル群のなかの 1 つ。
                                MFC や Visual Basic ランタイムが使用します。

   Stdole2.tlb    2.30.4265     OLE オートメーション ファイル群のなかの 1 つ。
                                MFC や Visual Basic ランタイムが使用します。

   Mfc42.dll      6.00.8267     Microsoft Foundation Class (MFC) ライブラリ。
                                Msvcrt.dll、ComCtl32.dll および OLE
                                オートメーションファイルを必要とします。

   Mfc42u.dll     6.00.8267     MFC の Unicode バージョン。Windows NT 環境用。

   Regsvr32.exe                 Mfc42.dll と Oleaut32.dll をシステムに
                                登録するために含まれています。

   RegTlib.exe                  stdole2.tlb をシステムに登録するために
                                含まれています。

修正事項

本アップデートには、C ランタイム ライブラリ共有 DLL である MSVCRT.DLL が含まれており、以下のサポート技術情報に紹介されているヒープの上位互換性についての問題を解決することができます。
文書番号: 190536
タイトル: [VC60] MSVCRT.DLL でページ違反が発生する問題
文書番号: 194550
タイトル: [VC60] メモリ解放を繰り返すとアクセス違反が発生
問題は C ランタイム ライブラリのメモリ確保について、内部での割り当て方法が変更された事によります。アプリケーションはこの割り当てに依存せずにメモリを処理すべきですが、上記のサポート技術情報で説明されている問題のために、新しいヒープマ ネージャの影響を受けてしまうことがあります。今回提供される新しい MSVCRT.DLL は、VisualC++ 5.0 と互換性のあるヒープ マネージャと Visual C++ 6.0 と互換性のあるヒープ マネージャの 2 つを実装しています。新しい MSVCRT.DLL は、アプリケーションが Visual C++ のどのバージョンで作成されているかを識別して、適切なヒープ マネージャを使用します。

Visual Studio 6.0 Servie Pack 1 で提供されている Msvcrt.dll(6.0.8267.0) には、この対策は含まれていません。本アップデートにより提供される Msvcrt.dll(6.00.8337) は Visual Studio 6.0 Servie Pack 2 に含まれています。
本アップデートは、Visual C++ 6.0 における以下の障害についての修正も含まれています。
文書番号: タイトル
193102 : [VC60] SP1: MFC SDI/MDI アプリケーション Appui1.cpp 215 行で ASSERT
193100 : [VC60] SP1: CString のシリアル化によりアクセス違反が発生
193272 : [VC60] SP1: CPrintDlg::OnInitDialog が呼び出されない
193509 : [VC60] SP1: strftime() を呼び出すと例外が発生
193099 : [VC60] SP1: CDialog::Create() の戻り値が不正
192942 : [VC60] SP1: CWnd::MoveWindow 呼び出しで スタック オーバーフロー

入手方法

以下の Web サイトより入手できます。
他国語版
http://support.microsoft.com/ph/1139

注意事項

システム内に、アップデートが必要とされる Visual Studio 6.0 相当のファイルが存在する場合のみ、それらのファイルがアップデートされます。同じ名前のファイルが存在していても、アップデートが必要とされるバージョンでない場合、上記の収録ファイルには更新されません。

関連情報

文書番号 : 194022
タイトル : [VS60] SP: よく寄せられる質問 (FAQ)

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 197298 (最終更新日 1999-05-21) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 197298 - 最終更新日: 2007年5月12日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Studio 6.0 Enterprise Edition
キーワード:?
kbinfo kbvs600sp2 sbh vc50 vc60 vs60 KB197298
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com