情報: 便利なツールのパッケージと展開の問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 198038 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft Visual Basic は、パッケージとディストリビューション ウィザード (PDW) を船にパッケージ化および配置で開発者を支援するために設計されたツールは、Microsoft Visual Basic アプリケーション。ディストリビューション ウィザードを使用すると作成されたパッケージ配布用のキャビネット ファイル (.cab ファイル) を圧縮します。この資料で変更するには、表示または操作するために使用可能性がありますいくつかのユーティリティについて説明します。キャビネット ファイル。同様に、配布処理中に、問題が発生します。アプリケーションのさまざまな環境に展開する場合、またはテストするとき。これは、記事はトラブルシューティングに役立つことがありますいくつかのツールについて説明します。アプリケーションの配置の問題。

詳細

この資料では、次のユーティリティについて説明します。
   Utility          Description
   ------------------------------------------------------------------
   Extract.exe      Extract files from a CAB file.
   Makecab.exe      Builds CAB Files.
   Cabview          View/Manipulate the contents of a CAB file.
   Cabarc.exe       Build and extract files from a CAB file.
   Regsvr32.exe     Registers ActiveX Components.
   Regocx32.exe     Registers ActiveX Controls (.OCX Files).
   Regit.exe        Registers in process ActiveX servers (.OCX/.DLL Files).
   Depends.exe      View file dependencies.
   Depends.exe      Profiling Options.
   Filemon.exe      Monitors file access activity.
   Regmon.exe       Monitors registry access activity.
   Clireg32.exe     Registers Distributed Component Object Model Components
                    on Client computers.
   Vbrun60.exe      Installs core Visual Basic files.
   Setup Toolkit    Used to customize Visual Basic application Installations.
				

Extract.exe

Extract.exe ユーティリティは、すべてのファイルまたは特定の抽出するにはキャビネット (.cab) ファイル内に含まれるファイル。

Extract.exe ユーティリティは、Windows NT、Windows 2000、Windows Me、Windows 98、または Windows 95 上の Windows や windows \system32 実行フォルダー内が検索されます。によっても、Windows インストール CD-ROM にあります。

ユーティリティ、Extract.exe を使用するには、は、次の手順を従います。
  1. MS-DOS コマンド プロンプトを開きます。
  2. 抽出するキャビネット ファイルを含むフォルダーに移動します。ファイル。
  3. MS-DOS コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。
    Extract.exe Project1.cab/E
    注:Project1.cab は、キャビネット ファイルの名前です。

    上記のコマンドを実行するすべてのファイルに含まれる抽出します。現在のディレクトリに Project1.cab。
Extract.exe の個々 のファイルを抽出するために使用可能性があります。 またはするために使用される可能性があります。複数の cab ファイルから同時にファイルを抽出します。詳細についてはExtract.exe ファイルには、使用できるオプションは次を実行します。コマンド プロンプトからのコマンド。
抽出します。EXE/しますか?
詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号をクリックします。
191212 HOWTO: 変更して再構築します。ディストリビューション ウィザードで構築された CAB ファイル

Makecab.exe

Makecab.exe ユーティリティは、既存のファイルおよびパッケージを実行するにはそれらは、キャビネット (.cab) ファイルにします。既に抽出してある場合に使用できます。Extract.exe ユーティリティを使用して、.cab ファイルとしたいと思いますキャビネットにファイルを再パッケージ化します。

Makecab.exe ユーティリティは、Microsoft Visual Basic がインストールされているがあります。既定では次のフォルダーを参照ください。
C:\Program ファイルの Visual Studio\VB98\Wizards\PDWizard
Makecab.exe ユーティリティを使用するには、次の手順に従います。
  1. MS-DOS コマンド プロンプトを開きます。
  2. パッケージ化するファイルを含むフォルダーに移動します。キャビネット。
  3. コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。
    MAKECAB。EXE ファイル名キャビネット
    注:ファイル名、ファイルを圧縮するには、キャビネットをキャビネット (.cab) ファイルです。
Makecab.exe に配布用の .cab ファイルをパッケージ化します。場合は、.cab ファイルが存在しなければ、作成されます。上記を使用する場合構文は、ファイルする必要があります追加 .cab ファイルを 1 つずつ。使用しているは、.ddf ファイル、アーカイブ ・ オプション、および複数のファイルを .cab ファイルに追加できます。同時に。

Makecab.exe のコマンド ライン パラメーターの詳細については、MS-DOS コマンドラインから次のコマンドを実行します。
MAKECAB。EXE/しますか?
詳細については、次の資料を参照してください、マイクロソフト サポート技術情報:
191212 HOWTO: 変更して再構築します。ディストリビューション ウィザードで構築された CAB ファイル

Cabview

Cabview をすることができます、Windows 95 または Windows 98 の PowerToy ユーティリティです。視覚的に表示および .cab ファイルの内容を操作します。Windows 98 は、Cabview のネイティブ オペレーティング システムの一部としてインストールされているが。

Cabview はグラフィックと同様の .cab ファイルの内容の表示します。Windows エクスプ ローラー。これは簡単なファイル操作をドラッグ ・ アンド ・ ドロップできます。.cab ファイルからのファイル。

Cabview を使用するには、次の手順に従います。

  1. Windows エクスプ ローラーで、表示したい .cab ファイルに移動します。
  2. を右クリックし、[表示] オプションを選択します。CABVIEW は、.cab ファイルに含まれるファイルが表示されます。ドラッグできます。ファイルにファイルを追加してからファイルをドラッグするには、CABVIEW のウィンドウをCABVIEW ウィンドウを使用して、システム上に抽出します。

Cabarc.exe

Cabarc.exe は、他の CAB ファイル操作ユーティリティです。Cabarc.exe で、新しい .cab ファイルを作成、ファイルの抽出および .cab の内容の一覧表示ファイルです。Cabarc.exe は他のファイルへの追加は許可されませんが、ただし、既存の .cab ファイルを。

Cabarc.exe CAB ソフトウェア開発キット (SDK) で利用可能です。

Cabarc.exe の最高の機能で情報を表示する機能について、規則正しい (よりも優れては、CAB ファイル内に含まれるファイルExtract.exe)。

Cabarc.exe の .cab ファイルの内容を表示するには、次を操作します。手順:
  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. 内容の .cab ファイルを含むフォルダーに移動します。表示するを選択します。
  3. コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。
    CABARC。EXE の L CABINENT。CAB
    注:Cabinet.cab を参照するコンテンツを含む CAB ファイルです。

    Cabarc.exe のファイルの詳細についてを参照してください、付属マニュアル、CAB SDK で。

Regsvr32.exe

Regsvr32.exe で登録/登録解除 DLL と OCX ファイルをできます。self-registerable。Regsvr32.exe の基本的なエラー コードの説明としてサイレント インストール オプション。

Regsvr32.exe は、Microsoft Visual Basic がインストールされているし、に見つかりませんシステム (または System32) ディレクトリ。

Regsvr32.exe を使用すると、コンポーネントをロードし、それを呼び出すをしようとのDLLSelfRegister 関数です。場合は正常に Regsvr32.exe ダイアログ ボックスが表示されます。成功を示します。登録が失敗した場合は、Regsvr32.exe を取得します。エラー コードです。

Regsvr32.exe ユーティリティを使用して登録するには、コンポーネントを実行に次の手順:
  1. MS-DOS コマンド プロンプトを開くか、Windows の [スタート] メニューから実行を選択します。
  2. 次のコマンドラインを実行します。
    REGSVR32。EXE C:\WINDOWS\SYSTEM\COMPONENT。DLL
    Component.dll は、DLL または OCX がシステムに登録します。パスコンポーネント コマンドをコマンドラインに含める必要があります。

    コンポーネントは、/u コマンド ライン パラメーターを使用して登録されている場合があります。
Regsvr32.exe コマンドライン パラメーターの詳細についてを実行します。MS-DOS のコマンド ・ ラインから次のコマンド:
REGSVR32。EXE/しますか?

Regocx32.exe

Regocx32.exe を使用して、ActiveX コントロールを登録します。このユーティリティはできます。使用するセットアップ プログラムし、ユーザー インターフェイスを提供していません。これです。シェルをする必要がありますインストール プログラムとスクリプトを使用する場合に役に立つActiveX コントロールを登録するには。

Regocx32.exe 付属の Microsoft Visual Basic を使用して上にある、インストール CD の次の場所:
\Common\Tools\VB\Regutils
システム (または System32) フォルダーにファイルをコピーします。

ユーティリティを Regocx32.exe を使用するには、は、次の手順に従います。
  1. Windows の [スタート] メニューから、MS-DOS コマンド プロンプトを開く、またはファイル名を指定して実行
  2. 次のコマンドラインを実行します。
    REGOCX32。EXE C:\WINDOWS\SYSTEM\CONTROL。OCX
    Control.ocx は、ActiveX コントロールを登録します。パス、コンポーネント コマンドをコマンドラインに含める必要があります。

    Regocx32.exe 任意のダイアログが表示や、エラーが返されないことに注意してください。ActiveX コントロールの登録に成功したかどうかを確認するコードです。

Regit.exe

Regit.exe 自己は、DLL と OCX ファイルを登録することができます。登録可能です。Regit.exe は複数のファイル名とワイルドカードを使用できるように受け入れる多数のコンポーネントを同時に登録します。Regit.exe はコンポーネントを登録する場合は、基本的なエラー コードを提供します。

Regit.exe 付属の Microsoft Visual Basic を使用して上にある、インストール CD の次の場所:
\Common\Tools\VB\Regutils
システム (または System32) フォルダーにファイルをコピーします。

ユーティリティを Regit.exe を使うには、次の手順を行います。
  1. Windows の [スタート] メニューから、MS-DOS コマンド プロンプトを開く、またはファイル名を指定して実行
  2. 次のコマンドラインを実行します。
    REGIT。EXE C:\WINDOWS\SYSTEM\COMPONENT。DLL
    - または -
    REGIT。EXE C:\WINDOWS\SYSTEM\*。OCX *。DLL
    DLL がシステムに登録するのには、Component.dll です。パス、コンポーネントをコマンドラインに含める必要があります。

Depends.exe

Depends.exe は、依存関係ウォーカー、ファイルが明示的な依存関係を確認する使用されます。依存関係ファイルをロードおよび正しく実行に必要なセカンダリ ファイルです。たとえば、Microsoft Visual Basic のアプリケーション Microsoft Visual Basic のランタイム ファイルが依存しています。

Depends.exe も依存に関する貴重な情報の提供します。エクスポート テーブルの内部バージョン番号などコンポーネントをしているため、同様です。

Depends.exe 付属の Microsoft Visual Basic を使用して上にある、インストール CD の次の場所:
\Common\Tools\VB\Unsupprt\Depend
システム (または System32) に、Depend フォルダーからすべてのファイルをコピーします。フォルダー。

Depends.exe を使用するには、次の手順に従います。
  1. Windows の [スタート] メニューから実行を選択します。
  2. Depends.exe ファイルの名前とパスを入力します。実行することもできます、Depends.exe ファイルが、Windows でファイルをダブルクリックします。エクスプ ローラー。Depends.exe はシステムに少なくとも 1 回実行すると、可能性があります、.exe、.dll、.ocx、またはその他のファイルを右クリックし、ビューを選択します。Depends.exe ファイルを起動するには、ショートカット メニューからの依存関係。
  3. Depends.exe を起動すると、ファイルを選択し、[開く] をクリックします。
  4. .Exe、.dll、または .ocx ファイルのファイルを開くダイアログ ボックス参照し、開くをクリックします。
  5. 特定のコンポーネントの明示的な依存関係が表示されます。

    Depends.exe ファイルの詳細については、ユーティリティを参照してください。オンライン ヘルプ。

プロファイル オプション Depends.exe

依存関係ウォーカー ユーティリティの新しいバージョンをダウンロードするには、次の依存関係ウォーカーの Web サイトを参照してください。
http://www.dependencywalker.com
Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性は保証されません。それ以降のバージョンの読み込みとアプリケーションの実行を監視することができます、プロファイルのオプションを提供します。

アプリケーションをプロファイルするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをクリックし、[実行] をクリックします。
  2. で、 Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない ボックスで Depends.exe ファイルへのパスを入力し、Depends.exe ファイルの名前を入力します。

    または、エクスプ ローラーを使用して Depends.exe ファイルを実行することができます。
  3. Depends.exe を起動するをクリックします。 ファイルプロパティ と入力して.
  4. .Exe ファイルが見つかりません、 と入力して ダイアログ ボックス、し、クリックしてください。 と入力して.
  5. で、 プロファイル メニューをクリックして プロファイリングを開始します。.
  6. オプションを構成するのには プロファイル 表示しをクリックしてモジュール] ダイアログ ボックス ].

    ファイルが読み込まれ、ログ ・ ウィンドウで呼び出しが行われます。
メモDepends.exe ファイルの詳細については、ユーティリティを参照してください。オンライン ヘルプ。

FileMon.exe

ファイル モニター ユーティリティ (FileMon.exe) をリアルタイムでシステム上のファイルへのアクセスを監視するために使用できます。FileMon.exe、アプリケーション ファイルを変更する、または「アクセスが拒否されました」などのエラーを絞り込むことを判断することができます。FileMon.exe の詳細については、次の Sysinternals のフリーウェアの Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/default.aspx
Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性は保証されません。ファイル モニター ユーティリティを使用するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートをクリックし、[実行] をクリックします。
  2. で、 Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない ボックス FileMon.exe ファイルへのパスを入力し、FileMon.exe ファイルの名前を入力します。

    または、エクスプ ローラーを使用して FileMon.exe ファイルを実行することができます。
FileMon.exe が起動すると、コンピューターで発生したすべてのファイル アクセスを監視する、すぐに開始します。監視する特定のファイルまたは特定のディレクトリに制限するには、ctrl キーを押しながら L キーの組み合わせキーを押して、フィルター オプションを使用することができます。

FileMon.exe ファイルの詳細については、ユーティリティのオンライン ヘルプを参照してください。

RegMon.exe

レジストリ モニター ユーティリティ (RegMon.exe) は、リアルタイムでシステム上のレジストリへのアクセスに使用できます。RegMon.exe ツールはどのようなアプリケーションを読んでいるし、レジストリの変更はどのようなアプリケーションを判断できます。この製品をダウンロードするには、次の Sysinternals の Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/default.aspx
Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性は保証されません。レジストリ モニター ユーティリティを使用するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタートプロパティ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  2. で、 Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない ボックスで RegMon.exe ファイルへのパスを入力し、RegMon.exe ファイルの名前を入力します。

    また、RegMon.exe ファイルを実行するのに Windows エクスプ ローラーを使用できます。
RegMon.exe の起動時に、自動的に、コンピューターで発生した、レジストリへのアクセスを監視します。監視するのに特定のアプリケーションを制限するには、ctrl キーを押しながら L キーの組み合わせをクリックして、フィルター オプションを使用できます。

RegMon.exe のファイルの詳細については、ユーティリティのオンライン ヘルプを参照してください。

Clireg32.exe

Clireg32.exe をリモートのサーバー コンポーネントを登録するためのユーティリティです。クライアント コンピューター。これは、クライアント プログラムのオブジェクトをインスタンス化することができます。分散コンポーネント オブジェクトを介して、リモート コンピューター上に存在します。モデル (DCOM) またはリモート オートメーション。

Clireg32.exe の Microsoft Visual Studio では、インストールされているし、確認できます。既定では次のフォルダー:
\Program Files\Microsoft 視覚 Studio\Common\Tools\
Clireg32.exe を ActiveX EXE と DLL の VBR ファイル (リモート オートメーションを使用してください。リモート クライアント コンピューター上にコンポーネントを登録する登録ファイル)。

Clireg32.exe を使用してリモート サーバーを登録するには、次を実行します。手順:
  1. Windows の [スタート] メニューから、MS-DOS コマンド プロンプトを開く、またはファイル名を指定して実行
  2. 次のコマンドを実行します。
    CLIREG32。EXE <PATH>\PROJECT。VBR</PATH>
    パスには、VBR ファイルを登録するには、Project.vbr をであり<PATH>ファイルです。上記のコマンドライン操作のパスには、CLIREG32。EXE ファイルは、環境変数 Path の一部でなければなりません。</PATH>
  3. Clireg32.exe を起動すると、タイトルのダイアログ ボックスが表示されます。[Ok] をクリックします。ボタン、および [オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。設定できます、リモコンについて知っている、クライアント コンピューターに必要なプロパティサーバーです。
Clireg32.exe ファイルのコマンドラインの詳細についてはパラメーターは、MS-DOS のコマンド行から次のコマンドを実行します。
CLIREG32。EXE/しますか?

Vbrun60.exe

Vbrun60.exe ファイルには実行に必要な必要なランタイムのファイルが含まれています、Microsoft Visual Basic 6.0 で記述されたアプリケーションです。

コア ランタイム ファイルは、Microsoft Visual Basic は次のとおりです。

Msvbvm60.dll
Oleaut32.dll
Olepro32.dll
Stdole2.tlb
Asycfilt.dll
Comcat.dll

Vbrun60.exe ファイル Microsoft Visual Basic 6.0 では、船し、があります。CAB 形式でインストール CD-ROM の次の場所で。
\Common\Tools\VB\Cabinets
時々 マイクロソフト サービス パックは Microsoft Visual をリリースします。Basic のランタイム ファイルの更新が含まれています。見つけることができます、最新バージョンのランタイムでは、次のマイクロソフト サポート技術情報記事:
192461 ファイル: VBRUN60。Visual Basic 6.0 ランタイム ファイルの EXE をインストールします。
Microsoft Visual Basic 6.0 ランタイムをインストールするには、次を操作します。手順:
  1. Windows の [スタート] メニューから、MS-DOS コマンド プロンプトを開く、またはファイル名を指定して実行
  2. Vbrun60.exe ファイルを実行します。Vbrun60.exe ファイルで実行することもできます。Windows エクスプ ローラーでファイルをダブルクリックします。

    Vbrun60.exe には、サイレント インストール スイッチが含まれます (または q)。これはインストールのランタイム ファイルせず、ダイアログ ボックスを表示します。
注:ランタイム ファイルをインストールする、コンピューターを再起動する必要があります。

Vbrun60.exe ファイルの詳細についてを参照してください、上記の技術資料です。

Toolkit をセットアップします。

Microsoft Visual Basic ソース コードを使用して、セットアップ プログラムが付属していますアプリケーションのディストリビューションをインストールするのにはこのソース コードは通常存在します。Microsoft Visual Basic には、\Wizards\PDWizard\Setup1 ディレクトリにインストールされています。作成したセットアップ パッケージをカスタマイズするには、このコードを変更することがあります。ディストリビューション ウィザードでします。

注:マイクロソフトの技術の SupF194621port の変更をサポートしません、セットアップ プロセス、またはセットアップ ファイルのいずれか。の、パッケージと展開ウィザードを「現状」には。

関連情報

詳細については、次の資料を参照してください、マイクロソフト サポート技術情報:
194022 情報: Visual Studio 6.0 サービス パック、何をどこで、なぜ

プロパティ

文書番号: 198038 - 最終更新日: 2012年11月30日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Visual Basic 6.0 Professional Edition
キーワード:?
kbproductlink kbappsetup kbcode kbdeployment kbdownload kbinfo kbwizard kbmt KB198038 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:198038
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com