Windows 2000 用のディレクトリ レプリケーションの基礎

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 199174 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、新しい用語と設計に関する考慮事項をについて説明し、組織内のサイトを構成する単純な例を示します。

詳細

Windows 2000 Server はサイト、サイト リンク、およびサイト リンク ブリッジを使用してレプリケーション トポロジの新しい概念を紹介します。 サイト構成 (または物理構造) は実際に物理ネットワークのモデルです。 Windows 2000 は (ルーティングされたエンティティという)、物理ネットワークの認識ではないため、物理ネットワークを反映するのサイト構成を作成する必要があります。

同様に、ドメイン、または論理構造が定義された個別に、サイトの構造。 ドメイン、サイト、および物理構造体が定義され、お互い別々 に構成、レプリケーションに影響を与える依存関係があります。

サイトの説明

サイトは、管理者が定義されている 1 つ以上のサブネットの集合です。 サブネットを定義する場合は適切に「接続」高帯域幅のローカル エリア ネットワーク (LAN) 接続があります。

サイトは、複数のドメインとドメイン 1 つ以上のサイトにまたがることができます。 インターネット プロトコル (IP) を使用したしてレプリケートする必要がありますが場合は、ドメインにまたがる 1 つ以上のサイト、サイト間のトランスポートします。 SMTP (簡易メール転送プロトコル) を使用できますサイト間のトランスポートのグローバル カタログのレプリケーションおよびレプリケーションの構成やスキーマなど、非ドメイン名前付けコンテキストののみです。

定義して、「Active Directory サイトとサービス マネージャー」スナップイン内のサイトを管理します。 フォレスト内の最初のドメイン コントローラーとしてドメイン コントローラーをインストールすると、新しいサイトが既定で作成されます。 他のサイトも作成できます。

接続の説明

[接続] </a0> オブジェクト一方向のレプリケーション接続を 1 つのドメイン コントローラーから別の Active Directory によって作成されるのレプリケーション トポロジ ジェネレーター (KCC) または管理者です。 双方向のレプリケーションを実現するには 2 つの一方向の接続オブジェクトを定義先。

KCC は、定期的に手動によるディレクトリの接続を維持する接続を作成します。 ただし、手動で接続を作成することができます。 接続は、KCC が作成されると同じですを作成する、KCC 追加の接続を作成しないし、手動の接続を削除しません。

レプリケーション トラフィックの送信先であるサーバーの NTDS 設定オブジェクトの下位に接続オブジェクトを存在します。 レプリケーションは、常にプル ベースです。 接続オブジェクトは、2 つの特定のサーバー間です。 接続オブジェクトは、サイト内、またはかどうか、2 つの端点は同じサイトまたは別のサイトに応じて、サイト間にします。 接続オブジェクトには、パーティションは、2 つのサーバー間でレプリケートできる制限されません。 2 台のサーバー間で共通しているすべてのパーティションをレプリケートするディレクトリします。 示すために、グローバル カタログ サーバー (GC1) に GC2 と GC3 からの接続を受信する 2 つが、GC1 でこの操作が冗長表示された場合でも、組織内のすべてのパーティション、両方のグローバル カタログ (GC) サーバーからレプリケートします。

サイト リンクの説明

サイト リンクは、通常、ワイド エリア ネットワーク (WAN) リンクで物理的に接続されている 2 つのサイトを表すオブジェクトです。 サイト リンクは、3 つ以上のサイトを含んでいる可能性がありますはここでは、最も簡単なケース--リンクを表す 2 つのサイトについて説明します。

サイト リンクを使用して、コストおよびレプリケーション用のトランスポートを割り当てる、管理者できます。 このプロシージャは、複製に関するパラメーターを定義します。 コストは、速度と、サイト間の物理的な接続の信頼性を反映する、管理者が選択されている任意値です。 リンクのコスト値を小さくと、優先順位が増大します。 サイト リンクは、レプリケーションの間隔と、コストのスケジュールがあります。 コストを使用、KCC によって別に 1 つのサイト リンクのパスを使用します。

あるサイトのリンクが 3 つ以上のサイトにある、すべてのサイト リンク内のサイトと見なされます完全に接続されている NxN スター型トポロジで接続します。

KCC はサイト リンクを使用する接続とリンクするサイトを決定します。 なし、サイト リンクの場合は、KCC は、ネットワーク上で到達できるサイトに関する情報を持たないなりは、サイト間の WAN リンクの相対コストを知りません。 少なくとも十分なサイト リンクを追加して各サイトはすべて他のサイトにリンクされて推移的ようにする必要があります。 追加または最終的に、特定のサイト内の特定のドメイン コントローラー上で変更するディレクトリ オブジェクトがその方法でこれを行うとすべてのすべてのサイト内のドメイン コントローラーにします。

サイト リンク ブリッジの説明

サイト リンク ブリッジには、サイト間の推移的なリンクを構築し、最小コスト パスを評価する構造体を提供する 2 つ以上のサイト リンクの集まりです。 たとえば、A、B、および C の 3 つのサイトがあり、次のサイト リンクを作成できます。
A-----(3)-----B-----(4)-----C
コストにかっこ () ことを確認します。

場合はサイト B は使用できません (サイト内のすべてのドメイン コントローラーは利用できません)、サイト A はサイト A からサイト C にリンクがないため、サイト C にレプリケートできません。 この問題を解決するには、か、サイト リンクを作成サイト A からサイト C 一部コスト、またはサイト A とサイト B、およびサイト B とサイト C. の間のリンクで構成されるサイト リンク ブリッジを作成します。 ブリッジはサイト A とサイト C 7 のコストとの間に推移的なリンクを推論します。

この例でサイト リンク ブリッジを作成するには、サイト A と C のサイト間リンクを作成するとがちです。 多くのサイトを持つより複雑なネットワークを持っている場合、サイト リンク ブリッジが多くのリンク間のすべてのサイトを作成する必要があるために管理簡単です。 さらに、サイト A の間のネットワーク接続、サイト リンクのコストが減少するようにサイト B が向上する場合のみ (サイト間のリンクし、サイトのサイトとサイト A とサイト C 間のリンク サイトの) 複数のサイト リンクではなく (サイトのサイト間のリンクし、サイト B) の 1 つのサイト リンクのコストを更新するサイト リンク ブリッジを有効になっているがある場合。

すべてのサイト リンク ブリッジ ] オプションをオン、サイト リンク ブリッジは大きなのみです。 このオプションを有効にするブリッジは無視されとすべてのサイト リンク見なされる 1 つの大きなブリッジにします。 Windows 2000 の既定動作します。

そのサイト経由でルーティングを個々 のサイト リンクの合計を推移的なパスを生成する一般的なサイトを共有するサイト リンクをブリッジにできます。 ここでの例で、オフになって自動サイト リンク ブリッジときに (サイト B、サイト A からとサイト C には、サイト B から) ブリッジがあるは、KCC のサイト A から 7 のコストとサイト C へのルーティング、推移的なパスで推測できます。 そのサイト B と見なさ IP ルーティングに対してのみです。 しないかに関係なく、KCC をサイト B が、特定のドメインを計算しようとしているトポロジのコピーを持っている場合。

ブリッジは、KCC、サイト リンク トポロジを通じて特定のパスに制限する場合に役立ちます。

サイト レプリケーションのドメイン構造の影響

ドメインとサイト間の関係を規定する規則は。 サイトの基本的な規則は。
  1. ドメインを 1 つまたは複数のサイトにあります。
  2. サイトを 1 つまたは複数のドメインのドメイン コントローラーがあります。
  3. サイト リンク ブリッジは、ドメインには、少なくとも 1 つの一般的なサイトからの接続がある場合のみ 3 つまたは複数のサイト内のドメインのレプリケーションにできます。
  4. 組織内の 1 つのサイト リンク ブリッジ、ネットワークが完全にルーティングされていない場合を除き、通常は十分です (たとえば場合、サイトに仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続)。
  5. サイト リンク ブリッジは推移的なリンクを作成します。 したがって、サイト A が B のサイトへのリンク、サイト B にサイト C へのリンクが、ブリッジ推論サイト A とサイト C AB + BC のコストとの間に推移的なサイト リンクします。
次のように構成は、サンプル ネットワークを示します。
  • サイト: ニューヨーク (NY)、ロサンゼルス (LA)、およびアトランタ (ATL)
  • ドメイン: EXEC および上 (EXEC ドメインがサイト LA にのみ存在することに注意)
  • 物理ネットワーク: ATL LA T1; = LA-NY T1; = NY ATL = 128 KB
  • サイト リンク: [NY LA コストが 2 で ATL LA コストは 2 (NY ATL リンクは低速であるためありませんたいこれら 2 つのサイトの間にサイト リンクを作成)
  • サイト リンク ブリッジ NY LA および LA-ATL のサイト リンクを接続します。
      NY-----(2)--+-----LA 
    EXEC          +      EXEC
    ENG          SLB    / 
                  +    / 
                  +   / 
                  +  / 
                  + / 
                   / 
                 ATL
                  EXEC
                  ENG
    						
この例に関する次の情報注意してください。
  • 最初のルールである EXEC と上の両方のドメインは 1 つ以上サイトに存在します。
  • 2 番目のルール、サイト ATL およびサイト NY のため、1 つ以上のドメインを含めます。
  • 3 番目、ルールのためのサイト リンク ブリッジ] がない場合ドメイン上はレプリケートされません ATL のサイトとドメイン ENG. を含むレプリケーション トポロジで NY をサイトに共通するサイトがないため、 これを行うにあります少なくとも 1 つのドメイン コントローラー サイト LA ドメイン ENG. の
  • NY をサイト間のリンクのサイト リンク ブリッジがあるので LA のサイトおよびサイト LA とサイト ATL、間サイト NY とサイト ATL、コスト 4 の間の推移性または推論リンクがあります。 これは、こと LA サイトが使用できなくなると、サイト NY とサイト ATL できますレプリケート意味します。

高度なトピックの検索

サイトの複製に関連する特定の高度なトピックしないこの資料で説明します。 これらのトピックには、サイト リンクのスケジュール、ブリッジヘッド サーバーの設計、IP または SMTP トランスポートを使用する方法および (構成、スキーマ、およびドメイン) の 3 つの名前付けコンテキストに関連のレプリケーションのしくみが含まれます。 また、Microsoft Windows 2000 Server リソース キットに付属する Windows 2000 Server の分散システム ガイド 提供詳細章 6 Active ディレクトリ複製します。

プロパティ

文書番号: 199174 - 最終更新日: 2014年2月2日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows 2000 Server SP1
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server SP1
  • Microsoft Windows 2000 Professional SP1
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmt KB199174 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:199174
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com