AddUsers による大量のユーザーの自動作成

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 199878 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP199878
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Windows NT 用の Addusers.exe ツールは、カンマ区切りのテキスト ファイルを使って、ユーザー アカウントの作成、修正、および削除を行う 32 ビットの管理ユーティリティです。Addusers は、Microsoft Excel で作成したスプレッドシートなど、カンマ区切りファイルに変換可能なスプレッドシートに保存されている情報を使用する場合に役立ちます。アカウントを追加するには、対象となるコンピュータの Administrators グループのメンバでなければなりません。また、アカウントに書き込みを行うには、Users グループのメンバでなければなりません。

詳細

AddUsers コマンドは以下の構文を使用します。

AddUsers {/c|/d{:u}|/e}ファイル名[/s:x] [/?] [\\コンピュータ名|ドメイン名] [/p:{l|c|e|d}]
  • \\コンピュータ名 - ユーザー アカウントの作成または書き込みを行うコンピュータの名前。コンピュータ名 を指定しないと、AddUsers はローカル コンピュータをデフォルトで使用します。
  • ドメイン名 - コンピュータ名 の代わりに使用できます。このオプションを使用すると、Addusers は指定されたドメインの PDC を照会します。
  • /c - ファイル名 で指定されたユーザー アカウント、ローカル グループ、およびグローバル グループを作成します。
  • /d{:u} - ユーザー アカウント、ローカル グループ、およびグローバル グループを、指定されたファイルにダンプします。オプション スイッチの (:u) を使用すると、現在のアカウントが指定されたファイルに Unicode テキスト形式で書き込まれます。現在のユーザー アカウントのダンプを選択しても、そのアカウントのパスワードなど、セキュリティ情報は保存されません。アカウントのセキュリティ情報のバックアップを作成するには、テープ バックアップ ユーティリティを使用してください。
    : ユーザー アカウントのダンプではパスワード情報は保存されないので、同じファイルを使ってアカウントを作成すると、新しく作成されたアカウントのパスワードはすべて空になります。デフォルトの設定では、作成されたすべてのユーザーが、ログオン時にパスワードを変更する必要があります。
  • /e - ファイル名 で指定されたユーザー アカウントを削除します。
    注意 : 削除したユーザー アカウントを同じ SID で再作成することはできないので、削除する際には注意してください。また、このオプションを使って、ビルトイン アカウントを削除することはできません。
  • ファイル名 - AddUsers がデータとして使用するカンマ区切りの入出力ファイル。
  • /s:x - ファイル内のフィールド区切り文字を変更するオプション スイッチ。 x のところにフィールド区切り文字として使用する文字を入力します。たとえば、/s:~ と入力すると、フィールド区切り文字は "~" (チルド) になります。このオプションを指定しないと、デフォルトの区切り文字であるカンマが使用されます。
  • /? - ヘルプ画面を表示します。
  • 『Windows NT 4.0 Resource Kit、Supplement 3』に収録されている新しいバージョンの Addusers.exe では、/p スイッチが追加されています。Windows NT で AddUsers.exe によって新しいユーザーを作成する際に、このスイッチを使って以下のオプションを指定できます。
  • /p: - アカウント作成オプションを指定します。以下のオプションを組み合わせて使用できます。

    • l - ユーザーが次回ログオン時にパスワードを変更する必要はありません。
    • c - ユーザーはパスワードを変更できません。
    • e - パスワードを無期限にします (l オプションとよく用いられる)。
    • d - アカウントを無効にします。

    例 : Addusers でユーザーとグループを作成する

    1. 対象となるコンピュータの Administrators グループのメンバとしてログオンします。
    2. 新しく作成するユーザーとグループを含むカンマ区切りのテキスト ファイルを作成します。以下に示すように、セクションのエントリ (行) ごとにセクション固有の構文を使用します。

      [Users]
      ユーザー名,フルネーム, パスワード, 説明, ホームドライブ, ホームパス, プロファイル, スクリプト

      [Global]
      グローバル グループ名, コメント, ユーザー名, ...

      [Local]
      ローカル グループ名, コメント, ユーザー名, ...

      [Local] および [Global] グループのエントリ (行) には、コメント フィールドの後に任意の数のユーザー名エントリを追加できます。各ユーザー名はそのグループに追加されます。各行の終わりにはカンマ (または適切な区切り文字) が必要です。AddUsers.exe の Resource Kit Tools ヘルプ ファイルに収録されているサンプルを以下に示します。

      [User]
      jimmy,James Edward Phillip II,,,,,,
      alex,Alex Denuur,,,E:\,E:\users\alex,,
      ron,Ron Jarook,hello,,E:\,E:\users\ron,,
      sarah,Sarah Selly,,,,,,
      mike,Mike Olarte,,,,,,

      [Global]
      TestTeam,Regression,ron,alex,
      DevTeam,Conversion to Sources,mike,sarah,jimmy,

      [Local]
      UsersAM,Users A through M,alex,jimmy,mike,
      UsersNZ,Users N through Z,ron,sarah,
    3. ファイルを保存します。
    4. ユーザー (およびグループ) の作成は、バッチ ファイルまたはコマンド ラインから実行できます。以下のコマンドによって、Users.txt という名前のテキスト ファイルに示されたユーザーとグループが作成されます。"/p" スイッチを使用すると、ユーザーの作成時に [パスワードを無期限にする] オプションが有効になります。


      ドメイン名を使用する場合、構文は以下のようになります。

    サンプル : Windows NT を実行しているコンピュータからユーザー アカウントとグループの一覧を作成する

    1. 対象となるコンピュータの Administrator グループのメンバとしてログオンします。
    2. コマンド プロンプトで、Addusers \\サーバー名/dファイル名.txt (サーバー名は、ドメイン コントローラ、メンバ サーバー、またはワークステーションの名前) と入力し、Enter キーを押します。
    適切なアクセス権があれば、管理者がほかのドメインからユーザーの一覧を作成することができます。この一覧は、ファイル名.txt というファイル名のテキスト ファイルとして作成されます。このファイルには、各ユーザーのプロファイル、ホーム ディレクトリ、スクリプトなどの情報も保存されます。NET USERS コマンドをを使用してアカウントの修正、削除、および作成を行うことも可能ですが、Addusers.exe の一部の機能は実行できません。

    バッチ ファイルを作成して自動的にユーザーを作成する方法については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
    180546 Automating Updates to Local Groups on Member Servers
    180546 [NT]メンバー サーバー上のローカル グループを自動更新

関連情報

AddUsers.exe ユーティリティと関連マニュアルは、『Windows NT 4.0 Resource Kit、Supplement 3』に収録されています。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 199878 (最終更新日 2001-10-05) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 199878 - 最終更新日: 2003年8月21日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows NT Server 3.51
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
キーワード:?
kbinfo winxpnckb KB199878
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com