Exchange Server でエラー メッセージ:「代理人] ページは表示されません。Outlook フォルダーにアクセスすることができません。"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 199964
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

アクセスしようとしたとき、 代理人 タブ、Microsoft Outlook クライアントで、次のエラー メッセージが表示されます。
デリゲート ページは利用できません。Outlook フォルダーにアクセスすることができません。

原因

このエラーは、Exchange Server が破損しているメールボックスが発生可能性があります。混在モードの組織で、Exchange 2000 でこのエラーが誤っている可能性 homeMTA 属性です。

メモ この問題がでが正しくない原因です。 homeMTA 属性は、ユーザー ユーザー Exchange グローバル アドレス一覧から個人用配布リストに追加できません。

さらには、値が正しくない場合、 秘書 フィールドは、同じエラー メッセージが表示されます。たとえば、次には値が正しくが含まれています、 秘書 属性:
CN Username\0ADEL:8e945738 =-9e88-4dc8-991b-e8ce46799ca5、CN 削除済みオブジェクト]、[DC = = Comstoso, DC = com =
この例では、 秘書 属性は、ドメインの削除済みのオブジェクトをポイントします。 削除されたオブジェクト 設定する必要があります。または、 秘書 属性が有効なユーザーを指定します。

回避策

この問題を回避するには、状況に応じて、以下の方法のいずれかを使用します。

方法 1: [Exchange メールボックスを作成し直す

  1. Exchange Server サービスのプロパティでの配信場所を変更することで、メールボックスが .pst ファイル (個人用フォルダー) 内のすべての情報をダウンロードします。
  2. Exchange Server 管理者プログラムを使用して、破損したメールボックスを削除し、Exchange Server の新しいメールボックスを作成します。
  3. 個人用フォルダーからのメールをサーバーには、メールボックスのフォルダーにメッセージを手動でコピーして再度アップロードできます。

方法 2: Exchange の homeMTA 属性を確認してください。

Microsoft Active Directory ディレクトリ サービスを使用して

Active Directory を使用してこの問題を解決するには、両方は、次の手順に従います。

重要です手順 1 と手順 2 でこの現象が発生する各ユーザーの連続を完了する必要があります。

手順 1: は、homeMTA 属性と関連付けられている情報を確認してください。

ADSI Edit ユーティリティを使用してに関連付けられている情報を取得するのには homeMTA この問題が発生、ユーザー アカウントの属性です。これを行うには、次の手順を実行します。 警告: ADSI Edit スナップインを使用する場合は、LDP ユーティリティ、またはその他の LDAP version 3 クライアントを、Active Directory オブジェクトの属性を誤って変更、深刻な問題が発生することができます。これらの問題は、Microsoft Windows 2000 Server、Microsoft Exchange 2000 Server、またはその両方の再インストールが必要です。Microsoft は、Active Directory オブジェクトの属性を誤って変更する場合に発生する問題を解決できることを保証できません。ご自身の責任でこれらの属性を変更します。
  1. ADSI Edit を起動します。これを行うをクリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ adsiedit.msc で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].

    メモADSI Edit ツールは、Microsoft Windows 2000 サポート ツールにあります。このツールがインストールされていない場合は、このツールは Microsoft Windows 2000 CD-ROM からインストールできます。完全なパスです。
    Support\Tools\Setup.exe。
  2. 展開 ドメイン NC ( servername.example.com) (場所 サーバー名ドメイン コント ローラーの名前と場所 記号とドメイン名を含みますドメインの名前です) を展開 DC = 使用例DC = com.
  3. 必要なユーザー アカウントを含むコンテナーを展開します。たとえば、展開します。 CN = ユーザー.
  4. 必要なユーザー アカウント コンテナーを右クリックします。たとえば、右クリックします。 CN = ユーザー名、し プロパティ.
  5. で、 表示するプロパティを選択します。 ボックスの一覧でクリックしてください 両方とも.
  6. で、 表示するプロパティを選択します。 ボックスの一覧でクリックしてください homeMTA.
  7. で、 ボックスで、homeMTA の値をメモします。[プロパティ] します。
場合は、 homeMTA適切な値を入力してユーザー アカウントを更新する必要があります、適切な属性ではありません。

たとえば、次の値が正しくをされて、 homeMTA属性:
CN Microsoft MTA\DEL:e8b60430 =-4dfc-4902-8891-6651a6d141c8、CN 削除済みオブジェクト]、[CN = 構成、DC = 例, DC = com です。
メモこの例では、値は、 homeMTA属性は、ドメイン オブジェクトが削除済みフォルダーにです。このシナリオでは、値は、 homeMTA属性である必要があります。 CN = サーバー名.

次の例に適切な値を示します、 homeMTA属性:
CN Microsoft MTA、CN = = サーバー名、CN サーバー]、[CN = 最初の管理グループ CN = [管理グループ]、[CN = 例の組織]、[CN = Microsoft Exchange、CN = サービス、CN = 構成、DC = 例では、DC = com =
値を変更するのには homeMTA属性:
  1. で、 ボックスで、homeMTA の値をメモします。[プロパティ] します。
  2. 適切な値を入力、 属性を編集します。ボックスで、をクリックしてください セットをクリックして 適用、し [OK].
メモ正しい値を入力するのには、最も簡単な方法は、 homeMTA 属性ADSI Edit を使用するユーザーと同じ Exchange Server 5.5 サイトのユーザーとをこの資料の「現象」に記載されている問題は発生しませんの正しい値を取得することです。値のコピー、 homeMTA 属性を正しい値に貼り付けているユーザーから、 属性を編集します。無効な値を持つユーザーのボックスです。

適切な値をコピーすることができます Exchange Server 5.5 サイトのユーザーがない場合は、手動で適切な値を入力するのには、この資料で提供されている例を使用します。例は、Exchange Server の組織に適応する必要があります。

ステップ 2: 受信者の情報を更新します。

  1. で、 表示するプロパティを選択します。 ボックスの一覧でクリックしてください msExchALObjectVersion.
  2. で、 ボックスで、msExchALObjectVersion の値をメモします。[プロパティ] します。
  3. 値を増やす、 msExchALObjectVersion500 のプロパティ

    たとえば、値は 40 になる場合は、540 に変更します。これを行うには 属性を編集します。ボックスの種類 540をクリックして セットをクリックして 適用、し [OK].

    メモインクリメントする別の方法 msExchALObjectVersion500 で確認することです、 msExchALObjectVersionADSI Edit を使用して、Active Directory の属性し、確認を オブジェクトのバージョン 生 Exchange Server 5.5 ディレクトリ内のメールボックスに。数値を比較し、10 Exchange Server 5.5 raw ディレクトリに表示される値より Active Directory の値をインクリメントします。ここは、この値が正しくインクリメントしたことを確認します。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    258257XADM: ディレクトリ レプリケーションの問題のトラブルシューティングを行う際にオブジェクトのバージョンを確認する方法
  4. ADSI 編集を終了します。
関連付けられている情報を編集した後、 homeMTA この現象が発生した各ユーザーの属性、Active Directory コネクタ マネージャーを開始、Exchange Server 5.5 サイトは、ユーザーが属する関連付けられた受信者接続許可書を右クリックし、クリックしてください 今すぐレプリケートします。複製を強制します。

Exchange 管理者 () プログラムを使用して

場合は、 homeMTA Exchange 5.5 ディレクトリ内の情報は、Exchange 5.5 メールボックスの正しいですが、情報は Active Directory に正しくないです、Exchange 管理者を使用してこの問題を解決することができます。これを行うには。
  1. Exchange 管理ツールを起動します。これを行うをクリックしてください。 開始、ポイント プログラム、ポイント Microsoft Exchange、し Microsoft Exchange 管理ツール.
  2. で、 ツールメニューをクリックして ディレクトリのエクスポート.
  3. で、 ホーム サーバー ボックスの一覧でクリックしてください すべて.
  4. オンにし、 サブコンテナーを含む チェック ボックスします。
  5. 下にあります。 オブジェクトのエクスポート、次のチェック ボックスをオンにします。
    • メールボックス
    • カスタム受信者
    • 配布リスト
  6. 下にあります。 ログ出力のレベルをクリックして .
  7. 下にあります。 文字セットをクリックして ANSI(まだ選択されていない場合)。
  8. クリックしてください。 ファイルをエクスポートします。は、ファイルを保存するファイル名を入力するかフォルダーを探し、 ファイル名 ボックスで、をクリックしてください ファイルを開く、し [はい]場合は、新しいファイルを作成するよう求められます。
  9. クリックしてください。 コンテナー、ドメイン オブジェクトを展開し、をクリックして、 受信者コンテナーをクリックし [OK].
  10. クリックしてください。 エクスポート作成したコンマ区切り値 (.csv) ファイルに情報をエクスポートするには。
  11. 表示されるメッセージで、ディレクトリのエクスポートが完了したことを示す、クリックして [OK].
  12. Microsoft Excel を起動し、ディレクトリ情報をエクスポートした .csv ファイルを開きます。
  13. 以外のすべての列を削除する、 オブジェクト クラス列とは ディレクトリ名.csv ファイルの列。

    重要です実際の列およびそれらに含まれる情報だけではなく削除します。間空白列がないかどうかを確認、 オブジェクト クラスおよび ディレクトリ名列です。
  14. 新しい列の行 1 に入力します。 カスタム属性 15.
  15. で、 カスタム属性 15列の種類 1各行の項目に対応します。ワークシートに次の表のようなが表示されることを確認してください。
    元に戻す全体を表示する
    オブジェクト クラスディレクトリ名カスタム属性 15
    メールボックスUser11
    メールボックスUser21
    メールボックスUser31
    メールボックスUser41
  16. ファイルを保存し、Excel を終了します。
  17. Exchange 管理ツールを起動します。
  18. で、 ツールメニューをクリックして ディレクトリのインポート.
  19. クリックしてください。 ファイルのインポート、.csv ファイルに保存し、をクリックをクリックします。 ファイルを開く.
  20. 下にあります。 複数値を持つプロパティをクリックして 上書き、し インポート.
  21. ディレクトリのインポートが完了したことを示すメッセージでをクリックします。 [OK].
  22. 1 〜 21 の手順では、Exchange 組織内の各サイトの受信者コンテナーを繰り返します。
  23. アクティブ ディレクトリの接続マネージャーを起動し、受信者用接続許可書と構成接続許可書 (config_CA) をレプリケートします。
削除するのには カスタム属性 15手順 16 で、保存した .csv ファイルを開いて、Exchange 5.5 ディレクトリからの値 ~ del下に カスタム属性 15アイテムに対応する行ごとの列。ワークシートに次の表のようなが表示されることを確認してください。
元に戻す全体を表示する
オブジェクト クラスディレクトリ名カスタム属性 15
メールボックスUser1~ del
メールボックスUser2~ del
メールボックスUser3~ del
メールボックスUser4~ del


保存し、ディレクトリに新しい .csv ファイルをインポートします。これを行う場合をクリックします。 上書き下にあります。 複数値を持つプロパティ.

プロパティ

文書番号: 199964 - 最終更新日: 2011年7月7日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbprb kbmt KB199964 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:199964
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com