文書番号: 2000544
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows Small Business Server 2008 (Windows SBS) の既定のインストール上で Windows SharePoint Services 3.0 (WSS 3.0) のログ ファイルのサイズが大きくなることがあります。Windows SBS Best Practices Analyzer (BPA) によって、次のような警告メッセージが報告されます。

Sharepoint 構成データベース ログ ファイルが大きくなっている

Windows SharePoint Services 構成データベース ログ ファイルが大きくなっています (現在 1 GB を超えるサイズ)

原因

この現象は、データベースが既定の設定である完全復旧モードを使用するように構成され、非常に多くのトランザクションがデータベースのログに記録されている場合に発生します。

解決方法

ログ ファイルのサイズを縮小するには、次の手順を実行します。

注: これらの手順を実行する前に、サーバーの完全バックアップを実行することをお勧めします。

ログ ファイル サイズの縮小を自動で行うには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] リンクをクリックします。続いて [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。

この問題を解決する
Microsoft Fix it 50682



注: このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

注: 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、自動的な解決ツールをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

自分で解決する

1. メモ帳を起動します。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] の順にポイントして、[メモ帳] をクリックします。

2. 次のテキストをコピーしてメモ帳に貼り付けます。ファイルを c:\logshrink.sql として保存します。

declare @ConfigDB varchar(255);
declare @ConfigDBLog varchar(255);
declare @ConfigDBCmd varchar(255);
select @ConfigDB = name from sys.databases where name like 'SharePoint_Config_%';
set @ConfigDBCmd = 'BACKUP database [' + RTRIM(@ConfigDB) + '] to disk=''C:\windows\temp\before.bkf''';
execute(@ConfigDBCmd);
set @ConfigDBCmd = 'use [' + RTRIM(@COnfigDB) + ']';
execute(@ConfigDBCmd);
set @ConfigDBCmd = 'BACKUP LOG [' + RTRIM(@ConfigDB) + '] WITH TRUNCATE_ONLY';
execute(@ConfigDBCmd);
set @ConfigDBCmd = 'use [' + RTRIM(@COnfigDB) + ']';
execute(@ConfigDBCmd);
select @ConfigDBLog = name from sys.database_files where name like 'SharePoint_Config%_log';
set @ConfigDBCmd = 'use [' + RTRIM(@ConfigDB) + '] DBCC SHRINKFILE([' + RTRIM(@ConfigDB) + '_log],1)';
execute(@ConfigDBCmd);
set @ConfigDBCmd = 'BACKUP database [' + RTRIM(@ConfigDB) + '] to disk=''C:\windows\temp\after.bkf''';
execute(@ConfigDBCmd);
go

3. 管理者としてコマンド プロンプトを開きます。これを行うには、次の手順を実行します。

a) [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]、[アクセサリ] の順にクリックして、[コマンド プロンプト] を右クリックします。

b)[管理者として実行] をクリックします。

注: 管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

4. 以下のコマンドを実行し、Enter キーを押します。

sqlcmd -S \\.\pipe\mssql$microsoft##ssee\sql\query -E -i c:\logshrink.sql

注: このスクリプトによって 2 つのバックアップ ファイル (before.bkf と after.bkf) が C:\windows\temp 内に作成されます。

プロパティ

文書番号: 2000544 - 最終更新日: 2012年4月30日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbsmbportal KB2000544
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com