[OFF2000] Windows NT 4.0 での Office プログラムのトラブルシューティング

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 200116 - 対象製品
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Microsoft Office XP については、次の資料を参照してください。290367
Microsoft Office 97 については、以下の資料を参照してください。178565

重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Microsoft Windows NT 4.0 でセットアップ プログラムまたは Microsoft Office 2000 プログラムを実行してエラー メッセージが表示された場合に使用できるトラブルシューティング手順について説明します。

詳細

標準ビデオ グラフィックス アダプタ (VGA) モードで起動する

VGA モードでコンピュータを起動します。特に、画面が正常に表示されない場合、または判読できない文字列が画面に表示されている場合にこの操作を行います。デフォルトでは、Windows NT ブート ローダー メニューに、コンピュータを通常モードまたは VGA モードで起動できるオプションが用意されています。標準 VGA ドライバを使用するには、VGA モード オプションを選択します。

コンピュータを VGA モードで起動すると問題が修正される場合は、Windows NT 用のビデオ ドライバの更新について、ディスプレイ アダプタの製造元にお問い合わせください。

最新の Service Pack を入手する

Service Pack には、Windows NT の更新プログラムが含まれています。Service Pack を適用すると、製品が最新の状態に保たれ、コンピュータの機能の拡張および更新が行われます。Service Pack には、更新プログラム、システム管理ツール、ドライバ、および追加コンポーネントが含まれています。これらのすべてのファイルはダウンロードしやすいように 1 つにまとめられています。Service Pack では累積方式が採用されているため、最新の Service Pack には、新しい修正プログラムだけでなく、以前にリリースされた Service Pack に含まれる修正プログラムがすべて含まれています。

: Windows NT 4.0 のシステムに Office 2000 をインストールするには Service Pack 3 以降が必要です。Microsoft Data Engine、Office Server Extensions、または Microsoft NetMeeting を使用する場合には、Service Pack 4 以降が必要です。

最新の Service Pack の入手方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
152734 Windows NT 4.0 の最新の Service Pack を入手する方法

アクセス権を確認する

アカウントに適切なアクセス権が設定されていることを確認します。問題が発生している Office プログラムを実行および使用するための適切なアクセス権が設定されているかどうかを確認するには、管理者としてコンピュータにログオンします。Windows NT に管理者としてログオンすると、コンピュータのすべてのフォルダおよびファイルに対して完全な読み取りと書き込みのアクセス権が与えられます。管理者としてログオンした後で問題が発生しない場合は、使用中のログオン アカウントのアクセス権を確認してください。

不要なメモリ常駐プログラムを閉じる

バックグラウンドで実行されているメモリ内のプログラムは、常駐プログラム (TSR) と呼ばれています。常駐プログラムには、ウイルス対策ソフトウェア、ユーティリティ プログラム、プリント マネージャ プログラム、スクリーン セーバーなどがあります。常駐プログラムが実行されているかどうかを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. Ctrl + Alt + Del キーを押して [Windows NT のセキュリティ] ウィンドウを表示し、[タスク マネージャ] をクリックします。
  2. [アプリケーション] タブのタスク一覧で不明なプログラムまたは不要なプログラムをクリックし、[タスクの終了] をクリックして、それらのプログラムを終了します。
  3. 1 つのプログラムを終了してから、続けて別のプログラムを終了する場合は、Ctrl + Alt + Del キーを押して [タスク マネージャ] をクリックし、[Windows タスク マネージャ] ウィンドウを再度表示します。すべての不明なプログラムおよび不要なプログラムを終了するまで、手順 1. 〜 3. を繰り返します。
TSR の中には、メモリに読み込まれても、タスクの一覧には表示されないものがあります。これらの TSR は、Windows NT レジストリから読み込まれます。

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

レジストリから読み込まれるプログラムを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイルを指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。 次のキーをレジストリで探します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
    このキーには、Windows NT 4.0 の起動時に起動するプログラムがすべて登録されています。起動するプログラムが原因で Office プログラムの問題が発生している可能性があります。これらのプログラムを無効にする必要があります。

  2. 次のキーをレジストリで探します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnce
    このキーのエントリは、コンピュータを再起動したときに 1 度だけ実行され、その後システムによって削除されます。このキーを空白にする必要があります。起動する他のプログラムが原因で Office プログラムの問題が発生している可能性があります。これらのプログラムを無効にする必要があります。

  3. 次のキーをレジストリで探します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
    このキーには、Windows NT 4.0 の読み込みと同時に起動するすべてのプログラムが登録されています。このキーに必要なプログラムはシステム トレイ (Systray.exe) のみです。読み込まれる他のプログラムが原因で Office プログラムの問題が発生している可能性があります。これらのプログラムを無効にする必要があります。

  4. 次のキーをレジストリで探します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnce
    このキーのエントリは、コンピュータを再起動したときに 1 度だけ実行され、その後システムによって削除されます。このキーを空白にする必要があります。起動する他のプログラムが原因で Office プログラムの問題が発生している可能性があります。これらのプログラムを無効にする必要があります。

TEMP および TMP 環境変数を確認する

無効な TEMP または TMP 環境変数が原因で、Office プログラムでエラーが発生する場合があります。一時フォルダが適切に設定されていることを確認してください。この確認を行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] で [システム] をダブルクリックします。[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されたら、[環境] タブをクリックします。

    [環境] タブには、現在のシステム環境変数およびユーザー環境変数が表示されます。TEMP および TMP 環境変数の設定については、ユーザー環境変数を参照してください。これらの変数で参照されているフォルダが存在し、フォルダ名が有効であることを確認します。また、フォルダが存在するハード ディスクに少なくとも 20 MB の空き領域があることと、それらのフォルダの読み取りと書き込みのアクセス権が与えられていることも確認します。

ネットワークを一時的に無効にする

Office プログラムの実行時またはインストール時にネットワークにアクセスする必要がない場合、ネットワークの使用に必要なドライバを一時的に無効にします。このトラブルシューティングの手順を行うと、コンピュータの再起動時に、ネットワークの使用に必要なドライバが読み込まれません。ネットワーク ドライバを無効にすると、システムの競合を減少または解消できる場合があります。ネットワーク ドライバを無効にするには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。[コントロール パネル] で [システム] をダブルクリックします。
  2. [システムのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[ハードウェア プロファイル] タブをクリックします。
  3. [プロパティ] をクリックし、[ネットワーク] タブをクリックします。[ハードウェア プロファイルに対してネットワークを無効にする] チェック ボックスをオンにして、[OK] を 2 回クリックします。
  4. コンピュータを再起動します。再起動を行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[シャットダウン] をクリックします。[Windows のシャットダウン] ダイアログ ボックスで、[再起動する] をクリックし、[OK] をクリックします。
: ネットワーク アクセスを復元するには、上記の手順を再度実行します。ただし、手順 3. では [ハードウェア プロファイルに対してネットワークを無効にする] チェック ボックスをオフにします。

ネットワーク アクセスを無効にして問題が解決した場合、以下の対応を行います。
  • ネットワーク インターフェイス カード (NIC) の製造元に問い合わせて、NIC 用の最新の Windows NT 4.0 ドライバを入手します。
  • 最新の Windows NT Service Pack を使用していることを確認します。詳細については、「最新の Service Pack を入手する」を参照してください。
  • NIC が正常に動作していることを確認します。この確認を行うには、NIC を交換するか、既存の NIC を別のコンピュータで使用します。

プロパティ

文書番号: 200116 - 最終更新日: 2014年2月22日 - リビジョン: 3.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Access 2000 Standard Edition
  • Microsoft FrontPage 2000 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
  • Microsoft Publisher 2000 Standard Edition
  • Microsoft Word 2000 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT 4.0
キーワード:?
kbnosurvey kbarchive kbinfo kbtshoot KB200116
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com