既存の Active Directory ドメインにドメイン コントローラーを追加するときに DNS サーバーの役割を選択できない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2002584 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 のレプリカ ドメイン コントローラーの昇格時に、DNS サーバー ロールを自動インストールするオプションは無効になるか、Active Directory のインストール ウィザード (DCPROMO) で灰色に表示されます。

"追加情報" フィールドのステータスのテキストは以下のとおりです。

このドメインが DNS をホストしていないため、このドメイン コントローラーに DNS をインストールできません。

この状態のスクリーンショットは以下のとおりです。

 
昇格中のレプリカ ドメイン コントローラーの %windir%\debug\dcpromoui.log ファイルには、以下が表示されます。

 Enter DoesDomainHostDns SLD
dcpromoui A74.A78 046C 14:07:18.800                 Dns_DoesDomainHostDns testing domain name SLD
dcpromoui A74.A78 046D 14:07:19.113                 SOA query returned 9003 so the domain does not host DNS
dcpromoui A74.A78 046E 14:07:19.113                 Dns_DoesDomainHostDns returning false
dcpromoui A74.A78 046F 14:07:19.113                 HRESULT = 0x00000000
dcpromoui A74.A78 0470 14:07:19.113                 The domain does not host DNS.

原因

  1. コードに問題があると、"contoso.com" や "corp.contoso.com" などの最適な完全修飾 DNS 名ではなく、"contoso" などのシングルラベルの DNS 名を持つ既存のドメインにレプリカ ドメイン コントローラーが昇格するときに DNS サーバーのチェック ボックスが有効になりません。Microsoft DNS がドメイン コントローラーにインストールされており、ターゲット ドメインの Active Directory 統合の前方参照ゾーンをホストしている場合であっても、この状態は発生します。

    単一ラベル ドメインの詳細に関しては、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    DNS 名前空間計画ソリューション センター

    または

  2. DCPromo では、ターゲットの Active Directory フォレストの DNS ゾーンが Active Directory でホストされているかどうかが確認されます。ターゲット ドメインの DNS ゾーンがターゲット フォレストの既存のドメイン コントローラーでホストされていない場合、DCPROMO ではレプリカの昇格時にユーザーが DNS をインストールできません。

    この動作の目的は、管理者がレプリケーション スコープの異なる DNS ゾーンの重複コピーを作成しないようにすることです (マイクロソフトまたはサードパーティ製 DNS サーバーのファイルベースのゾーンや新しく昇格したドメイン コントローラーのドメイン コントローラー上にある Active Directory 統合 DNS ゾーンなど)。

解決方法

最初の根本原因の場合、昇格を続行し、昇格後に DNS サーバー ロールをインストールします。

2 番目の根本原因の場合、昇格中のレプリカ ドメイン コントローラー上の DNS クライアントおよびサーバー構成は、ターゲット ドメインのヘルパー ドメイン コントローラーの検出には十分でしたが、DCPROMO はドメインの DNS ゾーンが Active Directory 統合ではなかったと判断しました。

今後 Active Directory ドメインのゾーンをホストする DNS サーバーと、それらのゾーンが使用するレプリケーション スコープを決定します。

DCPROMO 時に DNS サーバー ロールを自動インストールできないことにより、ドメイン内の Windows Server 2008 レプリカ ドメイン コントローラーの昇格がブロックされてはいけません。サーバー マネージャーを使用すると、メンバーまたはワークグループのコンピューターとして動作しているコンピューターと同様に、既存のドメイン コントローラーに Microsoft DNS サーバー ロールをインストールできます。DNS ゾーンおよびレコードは、DNS サーバー間で複製またはコピーできます。

特別な回避策には次のようなものがあります。

  1. DNS ゾーンがドメイン外の DNS サーバーにある場合、DNS サーバー ロールをホストしているドメイン内の既存のドメイン コントローラーにゾーンを移動することを検討してください。

  2. ゾーン データを移動する必要がある場合、Microsoft DNS サーバーがゾーンのセカンダリ コピーをホストする構成にして、そのゾーンをファイルベースのプライマリになるように変換し、必要に応じて Active Directory 統合になるように移行します。DNS ゾーン データを保存することに興味がない場合、この手順は無視できます。

  3. 昇格中の新しいレプリカ ドメイン コントローラーが、ゾーンの Active Directory 統合コピーをホストしている DNS サーバーを排他的にポイントするように構成します。

  4. 次のコマンドを使用して、Windows 2000、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、および Windows Server 2008 のコンピューターで Host A または AAAA レコードを動的に登録します。

    ipconfig /registerdns

  5. 次のコマンドを使用して、Windows 2000、Windows Server 2003、および Windows Server 2008 ドメイン コントローラーで SRV レコードを動的に登録します。

    net stop netlogon & net start netlogon 

  6. レプリカ ドメイン コントローラーで DCPROMO を再起動します。

プロパティ

文書番号: 2002584 - 最終更新日: 2010年9月21日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 Standard
キーワード:?
KB2002584
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com