Windows 7 でエラー コード 0x80070005 付きの「Windows は正規品ではありません」メッセージが表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2008385 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

ログオンした後すぐに、次の Windows のライセンス認証] ウィンドウが表示されます。

Windows が正規品であります。
コンピューターが Windows の偽造コピーを実行していません。
0x80070005

また、次の現象もあります。

コンピューターのデスクトップの背景が黒になっており、画面の右下隅に次のエラー メッセージが表示されます。

「この Windows のコピーは正規品ではありません」

[システムのプロパティを表示するときに、次のエラー メッセージが表示される: (コントロール パネル/システムおよびセキュリティ/システム)

「する必要があります有効にする今日。今すぐ手続き]

Slmgr.vbs/dlvを使用して、ライセンスの状態を表示しようとする場合は、次のメッセージが表示されます。

エラー: 0x80070005 はアクセス拒否されました。要求された操作を行うには特権の昇格が必要です。

メモ: このエラー メッセージ可能性があり、場合も実行されているコマンド、昇格した特権でコマンド プロンプトを必要とするが、ここで説明した問題に関連します。

メッセージを Windows がありますいないエラー コードが正規の製品がある場合は、このヘルプ トピックを参照してください。

正規の Windows: よくある質問

原因

次のいずれかの可能性があります。

1. は、HKU\S-1-5-20 のレジストリ キーのアクセス許可がないです。ネットワーク サービス アカウントのフル コントロール権限をレジストリ キーに読み取りのアクセス許可します。

このような状況は、プラグ アンド プレイ グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を適用した結果可能性があります。

コンピューターの構成 / ポリシー / Windows の設定 / セキュリティの設定 / システム サービス / Plug and Play (スタートアップ モード: 自動)

ライセンス サービスは、プラグ アンド プレイ ハードウェア ID の情報を取得するには、コンピューターにライセンスをバインドするため、アクティブ化されたシステムの許容範囲を使用するこの設定があります。プラグ アンド プレイのポリシーの既定のアクセス許可ライセンス サービスは、プラグ アンド プレイのサービスにアクセスする適切な権限を付与しないでください。ライセンス サービスは、ネットワーク サービス アカウントで実行されます。

2. レジストリ キーがありません。これらのレジストリ キーの詳細のいずれかの場合があります。

HKLM\software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Profilelist

S-1-5-18
S-1-5-19
S-1-5-20

解決方法

アクセス許可の不足によって問題の原因は場合を解決するのには (メソッド A)、ポリシー設定を無効にするか、ライセンス サービスは、必要なアクセス許可 (メソッド B) を提供するアクセス許可を編集します。場合の問題原因のレジストリ キーが存在しない場合、C. のメソッドを参照してください

方法 a: プラグ アンド プレイのポリシーを無効にします。

1. ポリシーのソースを決定します。これを行うには、次の手順を実行します。

a. クライアントで、ポリシーの結果セットのを実行する、アクティブ化エラーが発生しています。ウィザードの開始、実行をクリックして、 rsop.mscをコマンドとして入力します。

b. 次の場所を参照してください。

コンピューターの構成/ポリシー//Security Windows の設定/システム サービス/

グループ ポリシーの設定を通じて、プラグ アンド プレイ サービスが構成されている場合を参照してくださいここ以外の設定で定義されていません。グループ ポリシーが適用されている表示さらに、この設定します。


2. グループ ポリシー設定を無効にして強制的にグループ ポリシーが再適用されます。

a. 手順 1 で指定されているグループ ポリシーを編集して」定義しない」設定を変更または、ネットワーク サービス アカウントに必要なアクセス許可を追加するのには、次のセクションに従います。
b. 再適用するには、グループ ポリシー設定を強制する:ファイルを (クライアントの再起動が必要場合があります)

方法 b: グループ ポリシーのアクセス許可を編集します。

1. メソッド A、上記の手順 1 で識別されるグループ ポリシーを開くし、対応するグループ ポリシー設定を開きます。
2.セキュリティの編集] ボタンをクリックしてし、の詳細設定] をクリックします。ボタン。
ウィンドウに、プラグ アンド プレイのセキュリティの詳細設定] をクリックします追加し、サービス アカウントを追加します。[OKを] をクリックします。
4. [許可] セクションで、次のアクセス許可を選択し、をクリックし、OK:

クエリ テンプレート
状態の照会
依存関係を列挙します。
問い合わせる
ユーザー定義コントロール
アクセス許可の読み取り

: 以前の権限が最低限必要なアクセス許可。

5. 以前のアクセス許可は、グループ ポリシー設定を適用した後、 gpupdate/forceを実行します。

6. 次のコマンドで、適切なアクセス許可が適用されているを確認します。

sc sdshow plugplay

SDDL では、プラグ アンド プレイのサービスに適用される権限を次に示します。

D:(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;SY)
(A;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;BA)
(A;CCLCSWLOCRRC;; IU)
(A;CCLCSWLOCRRC;;SU)
S: (AU; FA;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;[WD])

(A;;CC LC SW LO CR RC;;SUは、アクセス制御エントリ (ACE)"SU"(SDDL_SERVICE ? サービス ログオン ユーザー) に次の権限を許可します。

A: アクセス許可
[Cc]: 子を作成します。
LC: ボックスの一覧の子
セルフ書き込みソフトウェア。
安値: リスト オブジェクト
CR: へのアクセス制御
RC: コントロールを読み取り
SU: サービスのログオン ユーザー

: 場所に GPO がない場合、別のアクティビティのデフォルトのアクセス許可を変更可能性があります。この問題を回避するには、次の手順に従います。

  1. トレランス外にあるコンピューターで、レジストリ エディターを起動します。
  2. HKEY_USERS\S-1-5-20は、レジストリ キーを右クリックしを選択[アクセス許可]
  3. ネットワーク サービスが存在しない場合は、[追加を] をクリックしてください.
  4. ネットワーク サービスを入力、選択するオブジェクト名を入力してくださいと、名前の確認し、[OK] をクリックします。
  5. 許可フル コントロールおよび読み取りアクセス許可とネットワーク サービスを選択します。
  6. コンピューターを再起動します。
  7. 再起動後、システムのライセンス認証を必要があります。ライセンス認証を完了します。

方法 c: レジストリ キーを追加します。

1. コピー、Profilelist.reg には、テキスト ファイルを保存、メモ帳では、エントリの下
2. profilelist.reg を結合します。
3. サーバーを再起動今すぐライセンス認証を行う、正常に動作する必要があります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

[を NT\CurrentVersion\ProfileList\S-1-5-18]

「フラグ」= dword:0000000 c
「状態」= dword:00000000
「参照カウント」dword:00000001 =
"Sid"= 16 進数: 01、01、00、00、00、00、00、05、12、00、00、00
「ProfileImagePath」= 16 進数の (2): 25, 00 73 00 79 00 73 00 74 00 65、00, 6 d、00, 72, 00、6 f、。
6 f、00、00、74、00、25、00、5 c、00、73、00、79、00、73、00、74、00、65、00、6 d、00、33、00、32、00、\
5 c, 00、63, 00 6f 00、6e、00、66、00、69、00、67、00、5 c、00、73、00、79、00、73、00、74、00、65。
6 d、00、00、70、00, 72, 00、6 f, 00、66、00、69、00、6 c、00、65、00、00、00

[を NT\CurrentVersion\ProfileList\S-1-5-19]
「ProfileImagePath」= 16 進数の (2): 43 00、3 a 00、5 c、00、57、00, 69, 00 6e、00, 64, 00、6 f, 00、77。
00,73,00、5 c、00、53、00、65、00、72、00、76、00、69、00、63、00、65、00、50、00、72、00、6 f、00、\
66,00,69,00、6 c、00、65、00、73、00、5 c、00、4 c、00、6 f, 00、63、00、61、00、6 c、00、53、00、65。
00,72,00,76,00,69,00,63,00,65,00,00,00
「フラグ」= dword:0000000
「状態」= dword:00000000

[を NT\CurrentVersion\ProfileList\S-1-5-20]
「ProfileImagePath」= 16 進数の (2): 43 00、3 a 00、5 c、00、57、00, 69, 00 6e、00, 64, 00、6 f, 00、77。
00,73,00、5 c、00、53、00、65、00、72、00、76、00、69、00、63、00、65、00、50、00、72、00、6 f、00、\
66,00,69,00、6 c、00、65、00、73、00、5 c、00 4e、00、65、00、74、00、77、00、6 f, 00, 72, 00 6b。
00,53,00,65,00,72,00,76,00,69,00,63,00,65,00,00,00
「フラグ」= dword:00000000
「状態」= dword:

プロパティ

文書番号: 2008385 - 最終更新日: 2014年6月23日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows Server 2008 R2 Foundation
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems
キーワード:?
kbsmbportal kbmt KB2008385 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2008385
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com