[SBS] ドメイン内のバックアップ ドメイン コントローラについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 200866 - 対象製品
この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP200866
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

この資料では、Microsoft BackOffice Small Business Server のドメイン モデルで、バックアップ ドメイン コントローラ (BDC) を使用する場合の注意点について説明します。

まず、BDC の定義について確認します。BDC は、Microsoft Windows NT 4.0 の『コンセプト アンド プランニングガイド』第1章 1.2.1. に、以下のように定義されています。
「バックアップ ドメイン コントローラ (BDC) にはディレクトリ データベースのコピーが格納されます。このコピーは、プライマリ ドメイン コントローラ (PDC) と定期的に自動で同期処理されます。BDC は、ユーザーのログオンを認証することができ、PDC の機能を代行することができます。ドメイン内には複数の BDC を設定することができます。」
次に、Small Business Server (SBS) のマニュアルで BDC の設定方法についてどのように記載されているかを確認します。
「Small Business Server は、ネットワーク内の 1 台のコンピュータにしかインストールすることができません。ただし、ネットワークにほかのサーバー コンピュータを接続することはできます。たとえば、Web サイトの運用や、プリンタ サービス、データベースには専用のコンピュータを使うことができます。これらのサーバーは、Windows NT Server セットアップで、バックアップ ドメイン コントローラとして設定するか、メンバ サーバーとも呼ばれるスタンドアロン サーバーとして設定してください。BackOffice Small Business Server に付属されているアプリケーションは、Small Business Server 以外のコンピュータにインストールすることはできません。各サーバーとサーバーにインストールされている各アプリケーションには、対応するライセンスを購入する必要があります。Small Business Server は、他の Windows NT Server と信頼関係を結ぶことができません。」

詳細

Small Business Server のドメインで BDC をインストールした場合に、上記の制限が実際にはどのような動作になるか、次に概要を示します。
  • SBS ドメイン内でコンピュータを BDC として設定することは可能ですが、BDC による利点は限られたものになります。 SBS サーバーは、必ず PDC として機能しなければならないため、BDC によって得られるのは認証での冗長性のみです。PDC がアプリケーション サーバーとして動作しない Windows NT のドメインとは異なり、フォールト トレランスを得ることはできません。
  • 負荷分散用に BDC を使う場合もあまりメリットはありません。50 台以下のドメインでは、ドメイン コントローラとして PDC が 1 台あればドメインの検証を十分に処理できます。
  • ログオン スクリプトは、BDC に複製処理する必要があります。BDC など、PDC 以外のサーバーからクライアントが認証を受ける環境では、すべてののログオン スクリプトを BDC に複製処理しなければ、クライアント セットアップでエラーが発生します。
  • PDC がダウンした際に BDC を使用する場合、BDC が PDC に移行することによってユーザーはログオンでの認証を得ることができます。ただし、ユーザーは BDC にインストールされているアプリケーション以外にはアクセスすることができません。これは、SBS サーバーでサポートされるアプリケーションを SBS 以外のサーバーにインストールすることができないためです。
  • BDC が PDC に移行し SBS サーバーを再インストールする必要がある場合、SBS を別の BDC にインストールして PDC に移行させることはできません。これは、SBS のインストールの際には、必ず PDC としてインストールしなければならないためです。バックアップの状態を完全に復旧しないまま PDC サーバーを再インストールする場合は、ユーザーやコンピュータのアカウントを再度作成しなければなりません。そして、BDC は、新しいドメインのメンバとして再インストールする必要があります。

関連情報

この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 200866 (最終更新日 1999-03-16) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号: 200866 - 最終更新日: 2004年3月30日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft BackOffice Small Business Server 4.0
  • Microsoft BackOffice Small Business Server 4.0a
  • Microsoft BackOffice Small Business Server 4.5
キーワード:?
kbinfo KB200866
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com