スケジュールされたバックアップに追加のディスクを追加しようとすると、エラー メッセージ:「のファイル名、ディレクトリ名、またはボリューム ラベルの構文が正しくありません」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2009365
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows Server バックアップ スケジュール ウィザードを使用して、スケジュールされたバックアップに追加のディスクを追加しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

「ファイル名、ディレクトリ名、またはボリューム ラベルの構文が正しくありません」

原因

この問題は、以前に追加されたコピー先のディスクが現在サーバーに接続されていない場合に発生する可能性があります。ウィザードが完了すると、現在表示されているコピー先ディスクが検査されます。これらのディスクのいずれかが表示されない場合は、「SYMPTOMS」section. に記載されているエラー メッセージを受け取る

解決方法

この問題を解決するのには、次のオプションのいずれかを使用します。

メモ構成または日単位のバックアップ スケジュールを変更するには、Administrators グループのメンバーである必要があります。さらに、wbadmin コマンドは管理者特権を持つコマンド プロンプトから実行する必要があります。管理者特権を持つコマンド プロンプトを開くには、[スタート] ボタンをクリックし コマンド プロンプト] をマウスの右ボタンでクリックし、管理者として実行] をクリックします。

オプション 1

  1. 不明ディスクまたはディスクを再接続します。
  2. バックアップ先のディスクとして定義されているすべてのディスクをサーバーに接続していることを確認します。
  3. Windows Server バックアップ スケジュール ウィザードを使用して、スケジュールされたバックアップに追加のディスクを追加するのにはもう一度やり直してください。

メモオフサイト ストレージを使用している場合、または別の状況先のすべてのディスクを同時に接続されている場合は、オプション 3 を参照してください。

 

オプション 2

不足しているディスクが使用できない場合は、受け側ディスクとして、バックアップ ウィザードから削除します。

メモ削除しようとすると、不足しているディスクがバックアップのスケジュールで定義されている唯一のコピー先のディスクの場合は、次のエラー メッセージが表示されます。この問題が発生した場合は、停止バックアップ] をクリックします。、し、新しいバックアップ スケジュールを作成します。

"エラー: 別の記憶域の宛先を追加またはスケジュールしたバックアップを停止しない限り、このバックアップ ストレージのコピー先を削除することはできません。スケジュールのバックアップには、少なくとも 1 つのバックアップ用記憶宛先が必要です。

スケジュールされたバックアップから受け側ディスクを削除するのには、次の手順を実行します。 

  1. Windows Server バックアップ] スナップインで、[バックアップのスケジュール] をクリックします
  2. 変更のバックアップ をクリックし、[次へ] をクリックします。
  3. バックアップの構成 は変更されず、設定のままにし、[次へ] をクリックします。
  4. 未変更の設定 のバックアップ時間 のままにし、[次へ] をクリックします。
  5. 送信先の種類 は変更されず、設定のままにして 、[次へ] をクリックします。
  6. 現在のバックアップ先を削除] をクリックし、[次へ] をクリックします。
  7. なくなった添付されているバックアップ先を選択し、[次へ] をクリックします。
    メモ通常、ディスク名"(Disk offline) あります"。
  8. 構成が正しいことを確認し、[完了] をクリックします。

オプション 3

実行することによって、バックアップのスケジュールに新しいディスクを追加、wbadmin は、管理者特権を持つコマンド プロンプトからコマンド。

  1. 新しいディスクのディスク ID を確認するには、管理者特権を持つのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。
    wbadmin get ディスク
  2. 出力に基づき、スケジュールされたバックアップを追加するディスクを検索します。ディスクの識別子をメモします。出力は次のようになります。
    ディスク名: xxxxxxxxxxx
    ディスク番号: x
    ディスク識別子: {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
    総容量: xxx.xx GB
    使用領域: xxx.xx GB
  3. スケジュールされたバックアップを新しいディスクを追加するのには、次のコマンドを実行します。使用できません。 He ディスク識別子前の手順からとして、"AddTarget"パラメーターです。
    WBADMIN を有効にするバックアップ - addtarget: {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
  4. 次のプロンプトが表示されたら、Y は、「Yes」と入力します。

「しないスケジュールされたバックアップに上記の設定を有効にしますか?」

詳細

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
何の新機能を Windows Server バックアップでは、Windows Server 2008 R2
Webadmin
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2009365 - 最終更新日: 2010年2月24日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbnomt kbrapidpub kbmt KB2009365 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2009365
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com