文書番号: 2009942 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

オンライン モードで Microsoft Office Outlook 2003年を使用して、Microsoft Exchange Server 2010年メールボックスにアクセスする、ときに、次の問題が発生する可能性があります。

  • 送信電子メール メッセージのまま、[送信トレイ]の最大 1 分間フォルダーします
  • 新規の電子メール メッセージ内に到着しません。[受信トレイ]フォルダーすぐに遅延が発生して1 分の間。
  • フォルダーから削除されたアイテムはフォルダーに最大 1 分間に引き続き表示されます。
  • 1 つのフォルダーから別のフォルダーに移動される項目は、元のフォルダーに最大 1 分間引き続き表示されます。

適切なタイミングでは、フォルダーの更新は発生しません。

原因

これらの問題は、Exchange Server 2010 がユーザー データグラム プロトコル (UDP) による通知 をOutlook へ送信しないために発生します。

Outlook 2003 では、UDP 通知を使用して、Exchange サーバーから通知を受信するための主要な方法として。ただし、し Outlook 2003 が投票を Exchange Server 2010年サーバー上の変更、既定の Outlook のポーリングの間隔は約 60 秒。したがって、フォルダーの更新が遅れるを 1 分にします。

解決方法

この問題を解決するには Exchange Server 2010年のサービス パック 1 の更新プログラムのロールアップ 3 をインストールします。

Exchange Server 2010年のサービス パック 1 の更新プログラムのロールアップ 3 については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックします。

Exchange Server 2010 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 3 の2529939の説明

この更新プログラムをインストールした後、UDP 通知サポート機能を有効にするには、レジストリ サブキーを作成する必要します。

UDP 通知サポート機能を有効にするには、「it で解決する」セクションに進んでください。自分で、UDP 通知サポート機能を有効にする場合は、「自分で解決する」セクションに移動します。

Fix it で解決する

自動的にこの問題を解決するには、この問題を解決するリンクをクリックします。その後 [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。

Microsoft Fix it
この問題を解決する
マイクロソフト修正 50752


メモ このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。

メモ 場合は、問題のあるコンピューターでは、保存できます、自動的な修正をフラッシュ ドライブまたは CD に問題のあるコンピューターで実行することができますように。

自分で自分で解決します。

次のレジストリを作成します。サブUDP 通知サポート機能を有効にするキー:

Subk欄の場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeRPC\ParametersSystem

Subk欄の名前: EnablePushNotifications

種類: REG_DWORD

値: 1 

メモ このレジストリ キーが存在しない場合、またはその値設定されている場合0、UDP 通知サポート機能が有効になっていない

回避策

この問題を回避するを Outlook 2003 で exchange キャッシュ モードを使用するには、 。これには、以下の手順:

  1. 実行されている場合は、Outlook 2003 を終了します。
  2. コントロール パネルの [メール] をクリックします。
  3. 電子メール アカウントをクリックします。
  4. ビューまたは変更既存の電子メール アカウントを選択し、[次へ] をクリックします。
  5. Microsoft Exchange Server のアカウントを入力し、[変更] をクリックします。
  6. Exchange キャッシュ モードを使う] チェック ボックスを選択します。
  7. [次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。
  8. Outlook 2003 を起動します。

ステータス

</SPAN style="FONT-SIZE: 10pt; FONT-FAMILY: 'tahoma','sans-serif'; COLOR:>

詳細

場合を識別するためにプッシュ通知の作業、これらの手順に従います。

1.     プッシュ通知を有効にするのには、CAS サーバーに次のレジストリ サブキーを作成する:

サブキーの場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MSExchangeRPC\ParametersSystem

サブキー名: EnablePushNotifications

種類: DWORD

値: 1

                  Note場合は、ParametersSystemサブキーが存在しない、それを作成する

2.     固定 UDP ポートを使用する Outlook 2003 を構成するには、クライアント コンピューターで次のレジストリ サブキーを作成する:

サブキーの場所: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\RPC

サブキー名: FixedUDPPort

種類: DWORD

値: 間で 1024年 〜 65535 (10 進)

3.     、クライアント コンピューター上のこのポートで UDP トラフィックを許可する Windows ファイアウォールを構成します

4.     オープンの Outlook 2003 と Exchange プロファイルに手動の操作を設定します

                  Noteプッシュ通知は、Outlook 2003 のみでサポートされます。Outlook2007 またはそれ以降のバージョンがレジストリのプッシュ通知を失敗します

5.     Exchange ユーザーに新しい電子メール メッセージを送信します

6.     Outlook 2003 から 1 分以内に、新しい電子メール メッセージを表示します     

                  NoteOutlook 2003 の場合は、プッシュ通知を登録しません、ポーリングを使用して1 分ごとに発生したとします。Outlook 2003 は高速の通知を受け取る、プッシュ通知を使用します

中小企業のお客様の場合、追加のトラブルシューティングおよびラーニング リソースでを検索します</a title="" href="http:>

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2009942 - 最終更新日: 2013年11月16日 - リビジョン: 11.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise
    • Microsoft Exchange Server 2010 Standard
  • Microsoft Office Outlook 2003
キーワード:?
kbsmbportal kbmt KB2009942 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2009942
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com