新しいカスタム フォームを使用する Outlook フォルダー内の既存のアイテムを更新する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 201087
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、Outlook のアイテムを更新する方法について説明します。フォルダーよりも、別のフォームを使用してこれらのアイテムを開くにはアイテムに現在関連付けられています。

詳細

使用して、フォームを変更するたとえば、次の状況でフォルダー内のアイテムのすべての。
  • デフォルトの Outlook フォームを使用してに連絡先を 10 件入力します。連絡先フォルダー。カスタムの連絡先フォームを作成、10 を入力します。連絡先を追加します。新しいカスタム フォームを使用する最初の 10 個の連絡先をします。開いたとき。
  • カスタムの連絡先フォームを作成し、連絡先を 10 件入力してください。ユーザー設定フォームを使用します。[テキスト ファイルから 100 の連絡先をインポートします。100 件連絡先の使用、カスタム フォームの代わりに既定のフォームをインポートします。
  • 1,000 の投稿されたアイテムを含むパブリック フォルダーがあります。"投稿"フォームの既定値を基にします。次に表示するカスタム フォームを作成、項目で作業することが重要です。新しいフォームを適用します。1000 の既存アイテムにします。
  • 小規模ビジネス ユーザー マネージャーをインストールまたは、小規模なビジネス フォームのマネージャー (両方が既定の連絡先フォームを変更) と別のフォームに戻るを変更したいです。
「クラスのメッセージ」と呼ばれるアイテムのプロパティを指定する、フォーム項目を使用します。アイテムのメッセージ クラスを手動で変更することはできません。ただし、Microsoft Visual Basic Scripting Edition (VBScript) を作成することができますかVisual Basic オートメーションのコードのすべてのアイテムのメッセージ クラスを変更するのにはフォルダーにします。

作成し、ユーザー設定フォームを発行すると、フォームにあります。メッセージ クラスが割り当てられています。このメッセージ クラスのフォームが決定します。アイテムに関連付けられています。名前の形式です。「IPM。Form_Type.Form_Name",場所 Form_Type フォーム (連絡先、タスクの種類です。いうように) と Form_Name ユーザー設定の名前です。フォームです。新しい連絡先フォームを作成する場合は、たとえば、変更された、名前し、連絡先フォルダーに投稿、メッセージ クラスです。IPM。Contact.Revised。

メモ 各、次の操作では、それが不可欠です、された名前としてちょうど新しいメッセージ クラスの名前を入力する際に使用、フォームが公開されました。

次の表は、さまざまな名前は、メッセージ クラスを使用します。

   Item           Default folder  Default message class
   -------------  --------------  ---------------------
   Contact        Contacts        IPM.Contact
   Task           Tasks           IPM.Task
   Appointment    Calendar        IPM.Appointment
   Note           Notes           IPM.StickyNote
   Journal Entry  Journal         IPM.Activity
   Mail           Inbox           IPM.Note
				
メモ カスタマイズおよびメモ フォームを発行することができません。

参照してくださいするのにはメッセージ クラスは、既存のアイテムを追加、メッセージ クラス フィールドの 1 つとして現在のビュー内の列。メッセージ クラスでは、このビューは読み取り専用です。フォームを変更するのには、別のメッセージ クラスを入力することはできません。手動でします。

メッセージ クラスをビューに追加するのには、次の手順を実行します。
  1. テーブル ビューには、ビューを変更するなど、 [電話番号リスト [連絡先] フォルダーに表示します。
  2. ビューの列見出しを右クリックしをクリックしてください [フィールドの選択 ショートカット メニューの。
  3. で、 [フィールドの選択 リストを選択する] をクリックします。 すべての連絡先フィールド.
  4. ドラッグ、 メッセージ クラス フィールドの表示列としてフィールドを追加するのには見出しには、列です。
既存アイテムのメッセージ クラス フィールドを変更するにはOutlook フォームでは、Visual Basic の Scripting Edition (VBScript) コードを使用するかVisual Basic のコードを変更して Outlook を自動化する他のアプリケーションから、メッセージ クラス フィールド。

変更するのには、次の 2 つの方法を使用できます。メッセージ クラス フィールド。のみ、マイクロソフトがあるない場合は、2 番目の方法を使用します。Word 97 または Microsoft Word 2000 では、Omsgclas.exe を取得できない場合、またはファイルです。

Omsgclas.exe ユーティリティをダウンロードします。

メッセージ クラス フィールドを変更するには、Omsgclas.exe をダウンロード、Word 97 または Word 2000 文書 Outlook を変更するマクロにはが含まれています。メッセージ クラス。これは Microsoft の利用可能なユーティリティと同じです。Outlook 97、および Word 97/98年。また、Outlook 2000、および Word 2000 でも動作します。は、マクロは、文書を開いたときに自動的に実行されます。

開いたときOmsgclas Word 2000 では、可能性がありますを検索、word が起動しますが、マクロは実行されません。この問題を解決するには、マクロのセキュリティをリセットする必要があります。Word 2000 にします。Word のマクロには、[ツール] メニューをポイントし、セキュリティ。セキュリティを低] または [中] に変更します。これは、マクロを有効にします実行します。

Omsgclas.exe ファイルを入手する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
201089Outlook アイテムのメッセージ クラスを変更するのには、Word 文書

VBScript ルーチンを作成します。

マイクロソフトは、明示または黙示、いかなる保証も、市場性および特定目的への適合性の黙示的な保証に限らず、だけのプログラミング例を提供します。この資料は、例示されているプログラミング言語と作成し、プロシージャをデバッグするために使用するツールに精通するいると仮定します。Microsoft support 担当者は、特定のプロシージャの機能について説明することができますが、機能の追加またはお客様固有のニーズを満たすようにプロシージャを作成するのには、次の例は変更されません。
プログラミングが制限されている場合は、マイクロソフト認定パートナー、あるいはマイクロソフト アドバイザリー サービスにお問い合わせくださいする可能性があります。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

マイクロソフトの認定パートナー https://partner.microsoft.com/global/30000104

マイクロソフト アドバイザリー サービス 〜 http://support.microsoft.com/gp/advisoryservice

利用可能なサポート オプションおよびマイクロソフトへの問い合わせ方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=fh です。EN-US です。CNTACTMS 作成し、VBScript を実行するのには、次の手順を実行します。フォルダー内のすべてのアイテムは、指定されたフォームを変更するルーチンです。これ仮定 MyNewForm という名前新しいフォームが発行されたことを現在のフォルダー。フォームに別のタイトルを使用する場合は、フォームを変更します。「VBScript コードを入力します。"セクション内のコードの 3 行目のタイトルを使用

このソリューションの 3 つのタスクがあります。
  • VBScript コードを格納する新しいアイテムを作成します。
  • VBScript コードを入力し、フォームを保存します。
  • VBScript コードを実行します。

VBScript コードを格納する新しいアイテムを作成します。

  1. で、 ファイル メニューのポイント 新しい、し メール メッセージ.
  2. で、 ツール メニューのポイント フォーム、し このフォームをデザインします。 フォームのデザイン モードを入力します。

VBScript コードを入力し、フォームを保存します。

  1. で、 フォーム メニューをクリックして [コードの表示.
  2. スクリプト エディターで、次のコードを入力します。これを実行しません。次の行以降に、アポストロフィで始まる行を入力する必要があります。実行時に無視されるコメントを指定します。
    Sub Item_Open
    
       ' Change the following line to your new Message Class
       NewMC = "IPM.Contact.MyNewForm"
    
       Set CurFolder = Application.ActiveExplorer.CurrentFolder
       Set AllItems = CurFolder.Items
       NumItems = CurFolder.Items.Count
    
       ' Loop through all of the items in the folder
       For I = 1 to NumItems
    
          Set CurItem = AllItems.Item(I)
    
          ' Test to see if the Message Class needs to be changed
          If CurItem.MessageClass <> NewMC Then
    
             ' Change the Message Class
             CurItem.MessageClass = NewMC
    
             ' Save the changed item
             CurItem.Save
    
          End If
    
       Next
    
       MsgBox "Done."
    
    End Sub
    					
  3. で、 ファイル メニューをクリックして 閉じる.
  4. で、 ファイル メニューをクリックして として保存します。.ファイルの種類の既定の設定であることを確認します。 Outlook テンプレート (.oft)をクリックし、ファイルを保存する場所を選択します。ファイル名を入力します。クリックしフォーム [OK].
  5. クリックしてアイテムを閉じて、 X クリック、アイテム ウィンドウの右上隅にあります。 いいえ 変更を保存するよう指示するメッセージが表示されたら。

VBScript コードを実行します。

  1. たい項目を含むフォルダーを開きます。更新します。
  2. VBScript コードを実行するには、アイテムを使用して開けるWindows Explorer のファイルを探し、.oft ファイルをダブルクリックします。は、コードの実行自動的に締結しましたので、 Item_Open イベント プロシージャです。マクロについての警告が表示されたらをクリックします。 マクロを有効にします。.
  3. メッセージ クラスのすべてのコードを変更する間お待ちください。現在選択されているフォルダー内のアイテム。アイテムの数によっては、これは数分をかかる場合があります。変更が完了すると、受け取ります、通知メッセージ 完了.
メモ 後で名前を変更するのには、VBScript コードを編集したい場合アイテムを開く際のメッセージ クラスは、SHIFT キーを押しします。これVBScript コードを実行して、デザイン モードへを防ぐことができますように変更するには、VBScript のコードとフォームを保存します。

関連情報

利用可能なリソースと Microsoft Outlook 2000 のソリューションについてのよく寄せられる質問への回答の詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
146636ユーザー設定フォームおよび Outlook ソリューションに関する faq
241220 既存の項目コンバーターに関する一般的な情報

プロパティ

文書番号: 201087 - 最終更新日: 2011年7月21日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbprogramming kbautomation kbdisplay kbusage kbupdate kbopenfile kbmt KB201087 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:201087
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com