Windows Server 2008 の VHD ファイルを管理するときのエラー メッセージ:「A 仮想ディスク プロバイダーを指定したファイルが見つかりませんでした」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2013544
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

 

、Hyper-V マネージャーで Windows Server 2008 R2 のバーチャル マシンを作成しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます:

ログ名: Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS-Admin
ソース: マイクロソフトの Windows のハイパー-V-VMMS
イベント ID: 14098
レベル: エラー
説明:
仮想マシン管理サービスに必要な 'ストレージの仮想化のサービス プロバイダー' ドライバーがインストールされていないか、または無効になっています。設定を確認するか、Hyper-V の役割をインストールし直してください。
 

ログ名: Microsoft-Windows-Hyper-V-Image-Management-Service-Admin
ソース: Microsoft-Windows-Hyper-V-Image-Management-Service
イベント ID: 15062
レベル: エラー
説明:
' システムは、'E:\VMachine\Virtual Machines\TEST\TEST.vhd' を作成できませんでした。エラー コード: 2424869

、Hyper-V マネージャーや記憶域マネージャーは、Diskpart などのツールを使用して、バーチャル ハード_ディスク (VHD) ファイルを操作しようとすると、次のエラー メッセージを受信:

タイトル: 仮想ディスクの管理

説明: 仮想ディスク プロバイダーを指定したファイルが見つかりませんでした

VHDMP ログが次のイベントも表示される場合があります。

イベント ID 3: VHD のサーフェスに失敗しました < ドライブ Letter\Path\virtual ハード drives\VMNAME_ ######## ・ ####-####-####-############ .vhd。エラーの状態: 0xC0000061

Hyper-V マネージャーを使用してバーチャル マシンを起動しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます:

Note:コンピューター名、パス、および GUID が異なるような一意の各環境。

Title: ハイパー V マネージャー

説明: エラー発生中に、選択したバーチャル マシンを起動


' < VM 名 > ' を開始できませんでした。


Microsoft エミュレートされた IDE コントローラー インスタンス ID {0} ########-####-####-####-############}: 電源にエラーで失敗しました: 'はシステムに接続されたデバイスが機能していない '


添付ファイルを開けませんでした 'ドライブ文字: \path\Virtual ハード drivers\VMNAME_ ######## ・ ####-####-####-############ .vhd'。エラー: 'はシステムに接続されたデバイスが機能していない'


添付ファイルを開けませんでした 'ドライブ文字: \path\Virtual ハード drivers\VMNAME_ ######## ・ ####-####-####-############ .vhd'。エラー: 'はシステムに接続されたデバイスが機能していない'


' VM 名 ' に失敗しました (仮想マシンの ID ########-####-####-####-############) を開始する


VM 名 'を ' Microsoft エミュレートされた IDE コントローラー インスタンス ID {0} ########-####-####-####-############}: 電源にエラーで失敗しました: 'はシステムに接続されたデバイスが機能していない'。(0x8007001F) (バーチャル マシンの ID: ########-####-####-####-############)


VM 名 'を ': 添付ファイルを開くことができませんでした ' ドライブ文字: \path\Virtual ハード drivers\VMNAME_ ######## ・ ####-####-####-############ .vhd'。エラー: 'はシステムに接続されたデバイスが機能していない' (0x8007001F) (バーチャル マシンの ID: ########-####-####-####-############)


VM 名 'を ': 添付ファイルを開くことができませんでした ' ドライブ文字: \path\Virtual ハード drivers\VMNAME_ ######## ・ ####-####-####-############ .vhd'。エラー: 'はシステムに接続されたデバイスが機能していない' (0x8007001F) (バーチャル マシンの ID: ########-####-####-####-############)

 

原因

 

が FSDepends.sys と VHDMP.sys は、タイミングの問題です。このタイミングの問題は、特定のバックアップ プログラムが Windows Server 2008 を実行しているコンピューターにインストールされているときに発生します。既定では、FSDepends.sys の開始値は、レジストリ設定です。手動。サード パーティ バックアップ ソフトウェアは、テープ デバイス ドライバーが読み込まれると、ソフトウェアが FSDepends.sys と VHDMP.sys が正しく初期化可能性があります。

解決方法

これらの問題を回避するには、FSDepends.sys を起動 (0x0) の開始値に設定する必要があります


これを変更する前にレジストリのバックアップを作成することを確認してください。
問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認します。
バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、以下「Base クリック:
322756 「ハウツー解説: バックアップを作成して、Windows レジストリを復元するには
 
これらの問題を回避するには、次の手順を実行します。
1) レジストリ エディターを起動します。
2) アクセスは、次のレジストリ キー:「HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\FsDepends」
「3」から「0」に「開始」REG_DWORD 値は、「FsDepends」キー 3) に変更します。
4)、コンピューターを再起動します。

詳細

 

、コンピューターを再起動するには、FSDepends.sys をすぐに開始およびタイミングの問題が発生しなくなったときすぐ

マイクロソフトは、問題を認識おりは現在調査中解像度。

は、1 つの次 2 つの回避策を試みることができます なしこれらの方法をお勧めします。ただし、そのレジストリを編集できず、また目的でない場合、問題を修正する機能します

- は接続されているテープ デバイスの電源をオフにし、サーバーを再起動します。サーバーを起動すると、テープ デバイスをオンにします。

-TPFilter.sys という名前のデバイス ドライバーを無効にします。

 

 

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

プロパティ

文書番号: 2013544 - 最終更新日: 2010年1月26日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbnomt kbrapidpub kbmt KB2013544 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:2013544
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com