Remote.exe を使用して、および Systems Management Server 2003 のシステム管理 Server 2. 0 では、リモート コントロール セッションを確立する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 201793 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Systems Management Server (SMS) クライアントとリモート コントロール セッションを開始、Remote.exe のコマンド ライン ツールを使えます。 ユーザー インターフェイスを使用して利用できるすべてのリモート ツール機能またも利用、コマンドラインからリモート ツール接続を確立する Remote.exe を行う場合。 これは SMS リモート ツールの機能が必要なプログラムを開発する場合に便利です。

詳細

既定では、Remote.exe をプライマリまたはセカンダリ サイトのインストール時の %SystemRoot%\SMS\Bin\I386 フォルダーにあります。 コンピューターに、SMS 管理コンソールだけがインストールされている Remote.exe は、%SystemRoot%\SMSADMIN\Bin\I386 フォルダーにあります。

Remote.exe は、次の構文で使用します。
リモート address_type address \ site_server_name \
address_type パラメーターには、次の値があります。
  • 0 は、SMS リソース ID
  • IPX の 1
  • TCP/IP の場合は、 2
  • NetBIOS の 3
address パラメーターに有効なインターネットワーク パケット交換 (IPX) ネットワーク番号を有効なインターネット プロトコル (IP) アドレス、またはの有効なクライアント (ホスト) 名または NetBIOS 名。 site_server_name パラメーターは、クライアントが属しているサイトのサイト サーバー名です。

メモ 構文情報を入力してもアクセスできます remote.exe/? コマンド プロンプトで。

正しいコマンドライン構文の 2 つの例を次に示します。
リモート 2 172.16.0.0 \\big_server\
リモートの 3 つの dubn_netbios \\big_server\
メモ SMS 2003、IPX、および、NetBIOS でアドレスの種類は SMS 2. 0 クライアントを接続する場合にのみを適用します。 SMS 2003 クライアントは、TCP/IP 接続のみを使用します。

Remote.exe を使用すると、常に、指定したリソースが SMS データベース内のリソース ID に解決されます。 SMS オブジェクト セキュリティは、ユーザーがリモートのリソースを制御するアクセス許可でかどうかを判断スキャンされます。 利用可能なリモート制御機能がしたコンピューターのアドレスを解決する SMS に依存納入の代わりにセキュリティ制御が適用されるしくみにします。

リモート ツール接続を確立、リモート ツールの使用権限と、クライアントが含まれているコレクションの読み取りアクセス許可しなければなりません。 ローカル管理者でない自分のドメイン アカウントする必要がありますもアクセス許可のあるユーザー リストに含まれます。 SMS 2003 および SMS 2. 0 のアクセス許可のあるユーザーの一覧に自分のアカウントを追加するには、次の手順を実行します。
  1. SMS Administrator Console、 Database\Site Hierarchy\ のサイト Your Site の \Site 設定 ノードを展開します。
  2. クライアント エージェント ] をクリックし、[ リモート ツール クライアント エージェント ] をダブルクリックします。
  3. [ セキュリティ ] タブをクリックして、追加] をクリックします。

    メモ 追加ボタンには、黄色のアスタリスクが表示されます。
  4. 自分のドメイン アカウントを入力し、 [OK] 2 つの時刻。
既定では、SMS 2. 0 Service Pack 5 (SP5) でリモート ツールは、SMS データベースを照会して名前解決要求の結果を使用して、クライアントのコンピュータ名を IP アドレスに解決しようとします。 このプロセスを構成できます。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
315755リモート ツールが、間違った Systems Management Server クライアントへの接続します。
SMS 2003 は、IP アドレス、SMS データベースから取得しません。 SMS 2003 代わりにはいずれかの IP アドレスを指定するか WINS 名前解決要求を使用して、コンピュータ名を IP アドレスに解決します。

使って、リソースの ID。 をクライアントに接続します。 これを行うには、site_server は、サイト サーバーの NetBIOS 名前、次のコマンド構文を使用します。
リモート 0 <Resource_ID> \site server \
次は、正しいコマンドライン構文の例です。
リモートの 0 2 \\big_server\
リソース ID を使用して Remote.exe を先クライアントのすべての利用可能なプロトコルを使って接続しようとします。 クライアントのリソース ID を調べる次の手順に従います。
  1. SMS Administrator Console でコレクションを開きます。
  2. クライアント コンピューターを右クリックして [ プロパティ ] をクリックします。
[全般 ] タブの 探索データ 領域に、リソース ID が表示されます。 (WMI) カスタム クエリを使用してクライアントのリソース ID を入手することもできます。 カスタム クエリを作成する方法の詳細については、SMS 2003 ソフトウェア開発キット (SDK) を参照してください。 SMS 2003 SDK をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=58833cd1-6dbb-45bb-bb77-163446068ef6&DisplayLang=en
Remote.exe せず、コマンド ライン オプションを使用する場合、 リモート ツールのアドレスの接続 ] ダイアログ ボックスが表示されます。 アドレスの種類を使用するをクリックして、アドレス入力します。

パラメーターを構成、したら [クライアントへの接続は、 [OK] をクリックします。 次の条件をすべてに当てはまる場合は、クライアントに接続の確立します。
  • リモート コントロール エージェント (Wuser32.exe) がクライアントで実行します。
  • SMS Administrator Console と、クライアントは一般的なネットワーク プロトコルを共有します。
  • SMS セキュリティ アクセス許可が正しく構成されています。
Remote.exe を使用して、クライアントにリモート ツール接続を確立した後、SMS 管理コンソールで利用できる同じ機能を実行することができます。

関連情報

リモート ツールのセキュリティの詳細については、いずれかの表示、次のような文書。
  • SMS 2003 Microsoft Systems Management Server 2003 の概念、計画、および展開ガイド: パート 2、第 5 章 SMS セキュリティの概要」
  • SMS 2. 0 SMS 管理者ガイド: 「第 4 章、SMS セキュリティ戦略を作成する」

プロパティ

文書番号: 201793 - 最終更新日: 2007年2月27日 - リビジョン: 5.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Systems Management Server 2.0
  • Microsoft Systems Management Server 2003 Enterprise Edition
キーワード:?
kbinfo kbremoteprog kbmt KB201793 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:201793
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com