8456 または 8457 エラーで失敗する Active Directory 操作のトラブルシューティング:"ソース |転送先サーバーは、現在レプリケーション要求を拒否している"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 2023007
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

中小企業のお客様は、中小企業向けサポートサイトで問題解決コンテンツや学習リソースもご利用ください。
  1. 既存のフォレストに新しいドメイン コント ローラーを DCPROMO のプロモーション、"ソース サーバー現在レプリケーション要求を拒否している"エラーが表示

    ダイアログのタイトル: 

    Active Directory のインストール ウィザード 

    ダイアログ メッセージ テキスト: 

    は、処理が失敗しました:Active Directory は、ドメイン コント ローラーに < リンク先 DC > < ディレクトリ パーティション DN パス > のディレクトリ パーティション内の残りのデータを転送できませんでした。"ソース サーバー現在レプリケーション要求を拒否している。"

  2. DCDIAG"ソースサーバ現在レプリケーション要求を拒否している"エラーの報告や、"転送先サーバー現在レプリケーション要求を拒否している"

    テスト サーバー: デフォルトの最初のサイト-Name\ < DC 名 >
    テストの開始: レプリケーション
    * レプリケーション チェック
    [レプリケーション チェック、< DC 名 >] 最近使用したレプリケーションの実行時に失敗しました。
    &Lt; DC 名 > IADOMINO から
    の名前付けコンテキスト: DC < パーティションの DN パス > =
    、レプリケーション エラー (8456) を生成します。
    ソース ・ サーバが現在レプリケーション要求を拒否しています。
    &Lt;Date> で <Time> のエラーが発生しました。
    &Lt;Date> に <time> の最後の成功が発生しました。
    957 エラーが最後の成功後に行われました。
    レプリケーションに明示的になって、サーバー オプションに

    テスト サーバー: デフォルトの最初のサイト-Name\ < DC 名 >
    テストの開始: レプリケーション
    * レプリケーション チェック
    [レプリケーション チェック、< DC 名 >] 最近使用したレプリケーションの実行時に失敗しました。
    &Lt; DC 名 > IADOMINO から
    の名前付けコンテキスト: DC < パーティションの DN パス > =
    、レプリケーション エラー (8457) を生成します。
    先のサーバーが現在複製要求を拒否しています。
    &Lt;Date> で <Time> のエラーが発生しました。
    &Lt;Date> に <time> の最後の成功が発生しました。
    957 エラーが最後の成功後に行われました。
    レプリケーションに明示的になって、サーバー オプションに

  3. REPADMIN を示す、着信および発信の Active Directory レプリケーションは、エラーで失敗可能性があります"ソース |拒否ターゲットサーバ現在複製をしています。"

    DC = Contoso, DC = COM =
    < サイト名 > \ < dc 名 > RPC を使用しました。
    DC のオブジェクト GUID: < ソース Dc の NTDS 設定オブジェクトの objectguid >
    失敗した最後の試行 <date> <time> @ 8457 (0x2109) の結果:
    転送先サーバー現在レプリケーション要求を拒否しています。

    DC = Contoso, DC = COM =
    < サイト名 > \ < dc 名 > RPC を使用しました。
    DC のオブジェクト GUID: < ソース Dc の NTDS 設定オブジェクトの objectguid >
    @ &Lt;date> <time> 失敗、結果8456 (0x2108):
BR > ソース ・ サーバが現在のレプリケーション要求を拒否しています。

メモREPADMIN コマンドには、16 進数と 10 進等価値は、「現在のレプリケーションを拒否」のエラーの両方を表示できます。

  • イベント ソースおよびイベント Id は、USN ロールバックが発生したことを示すが含まれますが、次に限定されません。


    イベント ソース

    イベント ID

    イベント文字列

    NTDS KCC 1308 知識整合性チェッカー (KCC) は、次のドメイン コント ローラーにレプリケートする試行が連続している一貫して失敗したことが検出されました。

    NTDS KCC

    1925

    次の書き込み可能なディレクトリ パーティションのレプリケーション リンクを確立するために失敗しました。

    NTDS KCC

    1926

    に読み取り専用ディレクトリ パーティションは、次のパラメーターで複製リンクを確立することができませんでした。

    NTDS 複製 1586

    、Windows NT 4.0 またはそれ以前のレプリケーション チェックポイントに pdc エミュレーターに失敗しました 

    完全同期のセキュリティ アカウント マネージャー (SAM) のデータベース Windows NT 4.0 を実行するドメイン コント ローラーに、ローカル ドメイン コント ローラーに、次の成功したチェックポイントの前に、PDC エミュレーター マスターの役割が転送される場合前に発生する可能性があります。

    4 時間後にチェックポイント処理が再試行されます。

    NTDS 複製 2023 ローカル ドメイン コント ローラー、次のリモート ドメイン コント ローラーの次のディレクトリ パーティションに変更をレプリケートされませんでした。

    マイクロソフトの Windows-ActiveDirectory_DomainService 2095

    Active Directory ドメイン サービスのレプリケーション要求の間、ローカル ドメイン コント ローラー (DC) レプリケーション データ ローカル DC からを使用して既に USN の追跡番号を確認受信したリモート DC を識別します。

    マイクロソフトの Windows-ActiveDirectory_DomainService 2103

    サポートされていない復元の手順を実行して、Active Directory ドメイン サービスのデータベースが復元されました。

    Active Directory ドメイン サービスはこの状態が続く中、ユーザーをログオンすることはできません。このため、Net Logon サービスが一時停止します。



    場所埋め込みステータス 8456 と 8457 マップに次のコードします。

    10 進数のエラー

    16 進のエラー

    エラー文字列

    8456

    2108

    レプリケーション元サーバーが現在拒否しています。

    8457

    2109

    転送先サーバーがレプリケーション現在拒否しています。

  • NTDS 一般的なイベント 2013年がディレクトリ サービス イベント ログに記録することがあります。これは、ロールバックのサポートされていないまたは、Active Directory データベースの復元のために、USN ロールバックが発生したことを示します。

    イベントの種類: エラー
    イベント ソース: NTDS 一般的な
    イベントの分類: サービス コントロール
    イベント ID: 2103年
    日付: <date>
    時刻: <time>
    ユーザー: < ユーザー名 >
    コンピューター: < コンピューター名 >
    説明: Active Directory データベースは、サポートされていない復元手順を使用して復元されました。Active Directory はこの状態が続く中、ユーザーをログオンすることはできません。このため、Net Logon サービスが一時停止します。ユーザ アクションを参照してください以前のイベント ログの詳細。詳細、vist は、ヘルプとサポート センターを参照してくださいについて。

  • NTDS 一般的なイベント 1393年がディレクトリ サービス イベント ログに記録することがあります。これは、Active Directory データベースまたはログ ファイルをホストしている物理または仮想ドライブに十分な空きディスク領域が足りないとを示しています。

    イベント種類: エラー
    イベントソース: NTDS 一般的な
    イベントカテゴリ: サービス コントロール
    イベントID: 1393
    日付: <date>
    時刻: <time>
    ユーザー: < ユーザー名 >
    コンピューター: < コンピューター名 >
    説明:
    ディレクトリ サービスのデータベースを更新しようエラー 112 が失敗しています。Windows はこの状態が続く中、ユーザーをログオンできないので、NetLogon サービスは一時停止されます。Make に十分な空きディスク領域が、ドライブのディレクトリ データベースとログ ファイルの場所で利用可能なこと

  • 原因

    着信または発信のレプリケーションがオフに自動的になりました、オペレーティング システムが複数の原因のため/

    入力方向または出力方向のレプリケーションを無効に次の 3 つのイベントは次のとおりです。

      1. USN ロールバック (NTDS 一般的なイベント 2103) が発生しました。
      2. ハード ディスクがいっぱいです (NTDS 一般的なイベント 1393)。
      3. 破損した UTD ベクトルがある (イベント 2881)。

    3 つの条件のいずれかが発生すると、オペレーティング システム構成の変更の 4 つを自動的にします。次の 4 つの構成の変更は次のとおりです。

    1. Active Directory の入力方向のレプリケーションが無効になっています。
    2. 出力方向の Active Directory の複製が無効になっています。
    3. "DSA は書き込み禁止になって"に 0 以外の値がレジストリに設定されます。
    4. 「一時停止します」「実行」NETLOGON サービスの状態が変更されます。

    このエラー状態の基準となる根本原因を MSKB 875495 で説明した、USN ロールバックが

    875495 検出し、Windows Server 2003、Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 では、USN ロールバックから回復する方法
    http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb です。JA; 875495


    0 以外の値は想定しないでください"DSA は書き込み禁止になって"の値はまたはを拒否する送信元または送信先のサーバー「現在複製要求 DCPROMO 中にしていること」/AD レプリケーションを意味選択肢、USN ロールバックが発生したことと、ドメイン コント ローラーに暗黙的に強制降格または強制 repromoted である必要があります。降格を可能性があります適切なオプションが必要。しかし、十分なディスク領域が、エラーは発生すると非常に大きいことがあります。

    解決方法

    1. "DSA を書き込み禁止になってします"値を確認します。

      8456 または 8457 エラー ログオンしている各ドメイン コント ローラーは、次の 3 つのトリガー イベントのいずれか自動的に Active Directory のレプリケーションを受信または送信の値を読み取ることが無効かどうかを確認"DSA を書き込み禁止になって"からは、ローカル レジストリします

      レプリケーションが自動的に無効になっている場合は、オペレーティング システムに 4 つの値のいずれかを書き込みます"DSA を書き込み禁止になって":

      パス

      HKLM\System\CurrentControlSet\Services\NTDS

      設定

      DSA は書き込み禁止になって

      種類

      (Reg_dword)

      #define DSA_WRITABLE_GEN 1
      #define DSA_WRITABLE_NO_SPACE 2
      #define DSA_WRITABLE_USNROLLBCK 4
      #define DSA_WRITABLE_CORRUPT_UTDV 8


      のみ、フォレストのバージョン、オペレーティング ・ システムに互換性のない場合 1を書き込むことができます (たとえば、windows 2000 DC W2K3 フォレストの機能レベル フォレストまたはなどに昇格される)。

      2 の値は、Active Directory データベースまたはログ ファイルがないのための十分なディスクの空き容量をホストしている物理または仮想ドライブを意味します。

      値の 4 は、Active Directory データベースが正しく時間がロールバックされたため、USN ロールバックが発生したことを意味します。USN ロールバックが発生することがわかっている操作は次のとおりです。

      ?         T彼は、以前の起動から HYPER-V または VMWARE ホスト上で役割を持つコンピューターのドメイン コント ローラーの仮想マシンのスナップショットを保存
      ?無効な2 つ以上のドメイン コント ローラーがフォレスト内の物理-バーチャル (P2V) 変換
      ?         RGhost などのイメージング製品を使用して DC の estoring の役割を持つコンピューター
      ?は、パーティションの内容は、ロールはホスティング、active directory データベース日、先進的なディスク サブシステムを使用して

      8 Up-する-dateness のベクトルは、ローカルのドメイン コント ローラーでが壊れていることを示します。

      技術的には、"DSA は書き込み禁止になって"の複数の値を含めることもできます。たとえば、10 のレジストリ値が不足しているディスク容量破損した UTD を示します。通常、1 つの値が"DSA を書き込み禁止になってします"書き込まれます

      メモサポート担当者を共通うえ、NETLOGON サービスを開始して [自動]、部分的複製検疫から NETLOGON サービスのスタートアップを変更することで、入力方向のレプリケーションを有効にすると、出力方向のレプリケーションを有効にすると無効にするのには、管理者が無効になっています。したがって、それをチェックするとき完全な検疫構成配置されているかもしれません。

    2. ディレクトリ サービスのイベント ログの検疫のイベントを確認してください。

      ディレクトリ サービスのイベント ログにラップされていると仮定すると、1 つまたは複数の関連イベントを 8456 または 8457 エラー ログオンしているドメイン コント ローラーのディレクトリ サービス イベント ログに記録あります。

      NTDS 一般的な 2103

      サポートされていない復元の手順を実行して、Active Directory データベースが復元されました。Active Directory はこの状態が続く中、ユーザーをログオンすることはできません。このため、Net Logon サービスが一時停止します。ユーザ アクションを参照してください以前のイベント ログの詳細については。

      NTDS 一般的なイベント 1393

      ディスクに十分な領域です。

      イベント 2881

      該当なし


    3. "DSA は書き込み禁止になって"の値または、システムに記録されるイベントに基づいてリカバリを実行します。
      • "DSA は書き込み禁止になって"4"と等しい NTDS 一般的なイベント 2103年がログオンしている場合は、USN ロールバックの復旧手順を実行します。詳細については、「サポート技術情報の資料875495」を参照してください。

      • "DSA は書き込み禁止になって"2"と等しい 1393年の NTDS 一般的なイベントがログに記録される場合は、Active Directory データベースおよびログ ファイルをホストしている物理/仮想パーティション上の十分な空き容量を確認します。必要な領域を解放します。

      • "DSA は書き込み禁止になって"8"と等しい場合は、降格して、フォレスト内の他のドメイン コント ローラーには、不適切な値を複製する前に、ドメイン コント ローラーを再します。

    プロパティ

    文書番号: 2023007 - 最終更新日: 2012年4月30日 - リビジョン: 3.0
    キーワード:?
    kbmt kbsmbportal KB2023007 KbMtja
    機械翻訳の免責
    重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
    英語版 KB:2023007
    Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

    フィードバック

     

    Contact us for more help

    Contact us for more help
    Connect with Answer Desk for expert help.
    Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com